images
--- Sponsored LINK ---

 

日本代表は16日、ポーランドのヴロツワフでブラジル代表と対戦し、0-4の完敗を喫した。

 以下、本田圭佑のコメント。

「悔しいです。大差で負けることは予想していなかった部分がある。普段ロシアでプレーしているけど、久しぶりに楽しかったです」

「ワントップというよりゼロトップに近いイメージでプレーしました。点を決められたという部分を除いては、いい形でゴールにつながる部分もあったかなと思っています。差を言えばゴール前の精度だと感じています」

「最初から主導権を握るつもりで戦っていました。中盤ではどちらが、ポゼッションをするんだというやりがいのある試合でした。1、2点目をポンポンと決められて、徐々に向こうが主導権を握ったことは、少し悔いが残っています」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121016-00000345-soccerk-socc




スポンサードリンク







・・・・ この記事に寄せられたコメント ・・・・


 ◇ 本田 香川くらいかな
    得点を匂わせてくれたのは。
    乾、清武はまだまだだったな。

 ◇ 本田は通用してた。
    彼がいなければ、試合になってなかったと思う。

 ◇ ドリブルのスピードとかキープ力は比べものにならないくらい
    差を見せ付けられた。

 ◇ 本田にボールが渡ると安心する。それがブラジル相手でも。

 ◇ 本田はブラジル相手でも輝きを見せてたと思

 ◇ 課題たくさん。それでいいじゃん。強くなろうよ。

 ◇ やっぱり本田がいると攻撃に厚みが出る。
    本田には3大リーグでプレーしてもらいたい!

 ◇ 見てるほうも負けたけど楽しかっ

 ◇ 本田のシュート精度が課題の一つでまちがいないな。

 ◇ カカのゴール後のいつも両手あげるやつ見れて嬉しかった(^^)v

 ◇ ブラジルは正面から受け止めてくれた。
    そし
て遥か先を行った。W杯本番でなくて良かったよ。
    あと
2年ある。
    ここからまた、這い上がろう。

 ◇ 長友佑都がフッキの攻撃を抑えたが、
    フッキ
とアドリアーノは、長友佑都と香川真司の左サイドの攻撃を抑えた




banner (1)にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ


厳選記事




スポンサードリンク





楽天でお買い物