images
--- Sponsored LINK ---
 
[10.16 国際親善試合 日本0-4ブラジル ブロツワフ]

 完敗を悔やむFW香川真司(マンチェスター・U)だが、“ゼロトップ”には手応えもあった。「0-4という結果はすごい悔しい。決定力の高さは感じた」。そう唇をかむ背番号10に笑顔はない。「最後のところで強さを感じたし、こっちは最後のところで詰まっていた。精度が求められるし、こういう戦いをもっとしていきたい」。それでも、本職のFWを置かないシステムには可能性も感じた。

 前半は香川が左サイド、FW清武弘嗣が右サイドに入り、MF本田圭佑とMF中村憲剛が中央で2トップのような関係になった。事実上のゼロトップ。「FWがいない分、違うメリットを感じた。中盤で一人ひとりが連動して、入れ替わり激しくボールを回せばチャンスになる。ゴール前の迫力を意識してやったし、前半も数回、形をつくれた。これをトライしていく価値はある」。

 後半開始から中村に代わってFW乾貴士が左サイドに入ると、前線では香川と本田がコンビを組んだ。「どっちかが前に行ったり、流動的にやった」。そう話す香川は「後半の形はやりやすさを感じたし、もっとやっていきたい」と力を込めた。

 簡単に失点を重ねていったことが悔やまれた。前半12分に速攻からのミドルシュートで先制を許し、同29分にPKで2失点目。0-2で前半を折り返すと、後半立ち上がりの3分にセットプレーから3点目を許し、勝敗は決した。

「もっとブラジルを本気にさせたかった。もっと粘り強くやれば、面白い試合になった。崩されていないところで点を取られて、彼らはそこで勝利を手にした。余裕を感じたし、こういう相手には最低でも1失点に抑えないと厳しい」

 そう振り返る香川は、これがW杯のような本番ではなく、親善試合だったことも差し引く必要があると強調する。「これが本気のブラジルかと言われれば……。もっと雰囲気のある中で、ガチの中で、緊張感のある中でやりたかった。3-0になってからはブラジルも余裕があって、遊びを入れて、あまり参考にならない」。ブラジルとの差は想像以上だったのか。「差があるようでないというか、ないようであるというか。もっと粘り強くやりたかった」と悔やんだ。

「W杯はあっという間に来る。個人個人がもっと欧州で意識してやらないと。僕はただでさえマンチェスターという厳しい状況でやらないといけない。自問自答しながら戦っているし、明日からまたやっていくうえで、何か一つ刺激を受けるものはあった」。チームとして、個人として。この日の敗戦を糧にし、2年後のブラジルW杯までに、その差を一歩ずつ詰めていくしかない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121017-01108418-gekisaka-socc




スポンサードリンク








・・・・ この記事に寄せられたコメント ・・・・


 ◇ 試合は見ていて楽しかった。
    今の日本にとって学ぶことは多かったと思う。
    でも、カメラワークにはいらいらしてしまった。

 ◇ 得点はなかったけど随所にいいプレーはあった。
    清武は
サイドで持つとバックパスばかりでいかんな

 ◇ 中盤の連携よかったよね。
    ただ、ブラジルのゴール前のディフェンスは世界1、2位を争う堅さ。
    ゴール前ではほとんど何もやらせてもらえなかった。

 ◇ ためになる試合だったね。
    通用する部分は大いにあったし、今日は要所での決め手の差
    やはり個々の力はさすがだったブラジル。

 ◇ 前半は良かったけど後半は香川と本田のコンビネーションだけど、
    清武と乾が全然絡めなかった。
    憲剛が抜けて本田と遠藤の負担が増えてしまい、
    乾も
それを補うだけの働きができなかった印象。

 ◇ 組織力でカバーしきれないほど、個々の一対一でレベル差があった
    ここから
先へ行くには、本田や香川の言うように、
    メ
ンバー一人ひとりがよりレベルの高いリーグで毎試合切磋琢磨して
    レベルア
ップして行くしかないと思う。

 ◇ いい洗礼だ
    負けた事が大きな財産となった

 ◇ ブラジルは今日はフッキが明らかに調子悪かったし
    マル
セロ、アウベスと攻撃力世界トップクラスの両SBが
    怪我
しているから本気のブラジルはもっと攻撃力高いだろうな。

 ◇ 香川が左(と言うかサイド)で機能しない以上、
    何らか
の変化は試していく必要があると思う。
    サイ
ドに限れば香川よりもマシな選手はいるけど
    今の日本
代表には香川をベンチにおいておく余裕なんてないし、
    サイドでは香川よりもマシだと思っていた清武と乾も
    こ
のクラス相手では期待はずれだった。

 ◇ 6点は決められてたな

 ◇ 香川だけを見れば後半のほうがやり易かったと思う。
    だが全体を見ると憲剛が出ていたときの方が全体が押し上げられていたし
    本田も前を向けていた。

    後半は、本田の役割が多すぎて、シュートのための集中力を
    残し
ておけない感があった
    香川も躍動していたというほどではない。
    良い位置に入って行けたところもあったが
    タイプの似通った選手が多すぎたこともあって、
    攻撃
には厚みがなかったように思う。

 ◇ 確かに可能性はかなり感じた




banner (1)にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ


厳選記事




スポンサードリンク





楽天でお買い物