images
--- Sponsored LINK ---
 

31日に行われたセリエA第10節、インテル対サンプドリアの一戦は、3-2でホームのインテルが勝利を収めた。DF長友佑都は63分から途中出場。左サイドバックを務めている。

週末にユヴェントスとの大一番を控え、フアンが出場停止のインテルは、4バックでスタート。中央にサムエルとラノッキア、右にサネッティ、左にペレイラが入る。長友のほかにカンビアッソもベンチスタートとしたが、前線はカッサーノ、ミリート、パラシオがトリオを組んだ。

インテルは11分、15分と、速攻から惜しいチャンスをつくるが、枠をとらえることができない。すると20分、セットプレーから失点を許してしまう。FKの場面でサムエルとラノッキアがかぶってしまい、ボールがラノッキアに当たってこぼれると、これをムナーリに押し込まれてしまった。

思わぬ形で先制されたインテルは、34分にカッサーノのタメからペレイラがクロス。これがGKロメロに当たってこぼれ、そこをグアリンが押し込もうとするが、シュートは枠を外れてしまう。43分にもグアリン、カッサーノとつないで良い形をつくったが、ミリートがクロスに届かなかった。

ビハインドを背負って前半を終えたインテルは、後半開始からムディンガイに代えてカンビアッソを投入。すると52分、パラシオのパスを受けたミリートが後ろからコスタに倒され、PKを獲得。さらに、やや厳しい判定ながらもコスタが一発退場となる。数的優位に立ったインテルは、ミリートが自らPKを決めて同点に追い付いた。

10人のサンプを相手に前に出るインテルは、さらに61分、ミリートがペナルティーエリア内でDFをかわしてシュートを放つが、ここはポストに阻まれる。63分にはペレイラとの交代で長友が登場。するとその5分後、インテルはついに逆転する。カウンターから、カッサーノのアシストをパラシオが確実に流し込んだ。

試合をひっくり返したインテルは、その後もカッサーノのFKがクロスバーをかすめるなど、チャンスを演出。81分には勝負を決める3点目を奪う。長友が左サイドを抜け出すと、その折り返しを受けたカッサーノのアシストから、最後はグアリンが右足でネットを揺らした。

長友の位置がオフサイド気味だったことで、サンプのフェラーラ監督は審判に抗議。その結果、退席を命じられてしまう。長友は88分にもペナルティーエリア内に侵入し、クロスを上げる前に倒されるが、ここはホイッスルが鳴らなかった。

インテルはアディショナルタイム、エデルに1点を返されてしまったが、そのまま3-2で勝利。リーグ6連勝と好調を維持して次節、王者ユヴェントスとの敵地での一戦に臨む。一方のサンプドリアは5連敗。7試合白星なしと苦しんでいる。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121101-00000042-goal-socc



スポンサードリンク








・・・・ この記事に寄せられたコメント ・・・・


 ◇ なんて言うんですか存在感。

 ◇ ナイス起点だった。

 ◇ 今季は調子いいね。長友も最近は動きいいし。

 ◇ 相手の退場に助けられた感もあったけど3点取れた後半は良かった。
    カッサーノが素晴らしい。パスが冴えわたってた。
    ナポリが負けて2位浮上。
    次節、いよいよユーヴェとの直接対決。楽しみっす。

 ◇ カッサーノいい仕事するやん^ ^
    以前、ストラマッチョーニ監督が長友とカンビアッソは外せないって
    言って
たのにベンチスタートとは100%ユーべ戦のためだね!!
    この勢いでユーべ倒せばセリエも盛り上がる!!
    頼むぞ長友!!!

 ◇ 最近の存在感違うね。
    すごいわ

 ◇ イタリアダービー楽しみ♪

 ◇ 強い時のインテルだわ。
    リードされても全然安定してみてられる。

 ◇ 実質長友

 ◇ インテル調子良いな
    去年とは大違いだ

 ◇ ユーベ戦に向けた温存のつもりが長友を出したようだ。
    ここまで信頼されてるとは胸熱。

 ◇ 左からの長友の完璧な抜け出しからカッサーノ、グアリンと繋いだ
    いいゴールだった