image
--- Sponsored LINK ---
 

DFBポカール(ドイツ国内杯)の2回戦が31日、行われ、MF長谷部誠の所属するボルフスブルクはホームでFSVフランクフルト(2部)に2-0で快勝し、16強入りを決めた。中盤の右サイドに入り、公式戦2試合連続の先発フル出場を果たした長谷部は「相手も引いて守っていて、前半は難しかったけど、我慢強くやることが大事だった」と、後半の2得点で勝利した試合を振り返った。

 これでチームはマガト前監督解任後、公式戦2連勝。27日のデュッセルドルフ戦(4-1)で今季公式戦初先発を果たした長谷部も中3日ながら先発でピッチに立った。「1週間に3試合だからといってメンバーを落とすわけではなく、普通に勝つということでやっている。このメンバーで成熟させていくというか、ゲームをやりながら良くしていくというのがあると思う」と、ギュンター・コストナー暫定監督の考えを代弁する。

 右サイドでのプレーについては「とにかく走って。左サイドのオリッチが攻撃的なので、右でバランスを取って、3ボランチ気味でもいいと言われているぐらい」と説明。「今はどこで出たいとかよりも、チームが上がることが大事」と力を込めた。

 コストナー暫定監督とは10年1月から6月までの半年間、やはり指揮官と選手としてプレーしている。「一緒にやっていなかったら(試合に)出してもらっていないと思う。それなりの信頼関係は前に築いている」。今季はマガト前監督の構想外となり、プレシーズンはトップチームでの練習も許可されない時期があったが、「アマチュアに練習に行っていたときも(コストナー暫定監督が)しっかり見ていたと。『しっかりやっているのを見ている』と言ってくれた」と明かした。

 そんな新指揮官について「選手に自信を持たせるのがうまい。思い切った失敗に対しては何も言わない」と指摘。「今季、僕は外から見ていたけど、選手がびくびくプレーしているというか、ボールをもらいたがらないというか、1回ミスをしたらベンチを見るというか、そういう雰囲気だった。そういうのがまったくなくなったので、モチベーションや自信を持たせて送り出してくれる」と絶大な信頼を寄せる。

 それでも「雰囲気は変わったけど、やっているゲームとしては正直まだまだかなと。ブンデスの上位のチームと対戦したときに勝てる感じはしない。この2試合は相手が良くないから勝てているだけ」と冷静に分析。「勝ち点だけを見れば、(欧州CLやELへの出場権獲得となる)ヨーロッパカップとそこまで離れているわけじゃないので、狙わなくちゃいけないと思う。バイエルンは離れすぎているけど、そうですね。そこはもうあと1、2勝して言いたいところですね」と、前だけを見据えていた。

◇ 長谷部最新試合 ◇
【動画】長谷部先制点演出!!2試合連続フル出場!!チームも2連勝!


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121101-01109207-gekisaka-socc











・・・・ この記事に寄せられたコメント ・・・・



 ◇ ヴォルフスブルクは監督選びが決して上手いクラブじゃないから
         コ
ストナーを正規の監督に昇格させた方がいいんじゃない

 ◇ 前向きな姿勢が感じられる。
    これから、さらに奮起してほしい。

 ◇ 長谷部君いい顔していたね。
    辛抱強く努力すれば誰か見ていてくれている、必ずいい時が待っているよ。

 ◇ どうやらマガトから解放されたのは長谷部達だけじゃなかったんだな。

 ◇ 長谷部の復活は日本サッカー界にとっても重要なこと。
    今年は長谷部にとって大躍進の年となることを願います。

 ◇ 選手がびくびくってマガトが怖すぎたのかね
    ヴォルフス内でも長谷部が
    キャプテンシー発揮してくれると良いんだけど。

 ◇ それにしても、マガトがシャルケの監督を退任した時も
    シャルケ
の選手から似たようなコメントが出ていたような気がするのだが。

 ◇ 右サイドからのアーリークロスが良くなったのは
    サイド
バックやってたおかげもあるのかな。

 ◇ マガトが異常だったということだろう。

 ◇ 活躍の前兆が出てきて嬉しいの一言。

 ◇ マガトは鬼軍曹だから、そりゃビクビクするわな

 ◇ 海外組で代表でもキャプテン務めるような人間なのに地味だよなwww

 ◇ 長谷部最新試合 ◇
  【動画】長谷部先制点演出!!2試合連続フル出場!!チームも2連勝!