image

--- Sponsored LINK ---
 
サッカーのドイツ・ブンデスリーガ第10節が2日に行われ、乾貴士が所属するフランクフルトは、ホームでグロイター・フルトと1-1で引き分けた。精彩を欠き、あまり見せ場を作れなかった乾は後半12分にベンチに退いた。

 以下は、乾(フランクフルト)のコメント。

「開始早々に点が入りましたが、(その後は)いいリズムではできなかった。自分自身もチャンスは1回ありましたし、決めてれば2-0で勝ち切れたかなと。ああいうところ決めないと、と思います。迷いはなかったです。狙い通りだったんですけど、シュートが弱かったです。

(自身の調子について)どうですかね。迷いがあるかなと。まあ交代は早すぎたかなと思いますし。でもこれが自分の実力。しっかり受け止めて来週も試合があるんで頑張りたいです。(迷いとは?)プレーに迷いがあるということです。(きっかけがあれば変わるか?)どうですかね、分からないです。

 下位チーム相手に、しっかり勝たないといけなかった。でもこういう相手の方が難しいかなと思います」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121103-00000000-spnavi-socc









・・・・ この記事に寄せられたコメント ・・・・


 ◇ いい試練だ!お前は壁を越える度に強くなるから…

 ◇ 頑張って! 
    こっからまたはい上がればいい

 ◇ 壁にぶち当たってしまったね…でもこれを乗り越えろ!

 ◇ 乾だけの問題じゃないしね。
    アイクナーも3点で止まってるし、チームの勢いが落ちてきてるね。

 ◇ 何事も順風に行くほうがおそろしい。
    時にはつまづくものです。

 ◇ あきらめたら、そこで試合終了ですよ

 ◇ 毎回うまくはいかないよ(^^ゞ次は、魅せてくれよ

 ◇ 不調は誰にも訪れる。それを乗り越えてこそさらに強く成長できる
    頑張れ!


 ◇ これからじっくり信頼を勝ち取れ
    焦るなよ
    フランクフルトは開幕からの勢いが少し落ちて来たな