image
--- Sponsored LINK ---
 
ブンデスリーガ第10節のニュルンベルク対ヴォルフスブルクは1-0でホームのニュルンベルクが勝利。

ニュルンベルクのMF清武弘嗣は先発フル出場。ヴォルフスブルクのMF長谷部誠も先発し、84分にベンチに下がるまでプレーしている。

前半5分、ニュルンベルクは右サイドから清武がドリブルでボールを持ち込み、FWペクハルトへ絶妙なスルーパス。ペクハルトのシュートはGKベナーリオに防がれたものの、清武は試合早々にチャンスを演出。

一方のヴォルフスブルクの長谷部も25分、右サイドのタッチライン際でボールを受けると、日本代表の試合ではあまり見せる機会のないシザースやダブルタッチで仕掛けてMFジエゴとのワンツーから突破を図ったが、ここは味方のトラップミスでビッグチャンスにはつながらず。

39分には右サイドでボールを受けた清武がペクハルトをねらった鋭いクロスを蹴ったものの、手前でDFナウドがクリア。

0-0で後半に突入すると、ニュルンベルクはセットプレーから攻勢に出る。56分、右サイドで得たFKから清武が蹴ったボールをMFバリチュがニアサイドからヘディングでねらうが、枠を捉えきれず。バリチュには長谷部がマークに付き、自由なヘディングを許さなかった。

73分には自陣右サイドで奪ったボールからニュルンベルクがロングカウンター。中央でボールを受けた清武がスピードを落とさずにドリブルで運び、右アウトサイドで惜しいスルーパスを送るものの味方には合わず、GKがキャッチ。

攻勢を強めるニュルンベルクは、76分についに先制ゴールを挙げる。

FWエスヴァインから右サイドを駆け上がるDFシャンドラーへ展開。ドリブル突破からシャンドラーが蹴ったクロスはニアサイドへ走り込んだ清武の頭を越えてファーサイドへ。これを相手の前へ素早く入り込んだMFゲプハルトがダイビングヘッドで押し込んでゴール。

ニュルンベルクはこの1点を守り切り、第3節のボルシア・メンヒェングラッドバッハ戦以来、7試合ぶりとなる勝利。ヴォルフスブルクはマガト退任後に勢いに乗って連勝を挙げたいところだったが、痛い敗戦を喫した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121104-00000030-goal-socc








 
・・・・ この記事に寄せられたコメント ・・・・


 ◇ 長谷部ほぼフル出場だな。
         もともと若いときはドリブラーだったし。なんか嬉しい。

 ◇ 清武もチームで活躍できてて嬉しいな。
    長谷部も調子が上がってきてるし、オマーン戦が楽しみだ!

 ◇ 長谷部がチームに入ってから攻守共に
    落ち着
いたゲーム運びが出来るようになったと思う
    監督が変わってホントに良かった。
    清武はボールを持った時は良いプレーをするが、
    ボー
ルが収まらないのはパスを貰えないだけでは無い感じがする。
    もう少しボールに絡むプレーを心掛ける必要があると思う。

 ◇ どっちもお疲れ様です

 ◇ 清武が得点に絡んで欲しかった。

 ◇ 清武。今日は、目立っていたぞ。これからも
    チームの
ためにお願いね。代表選もね

 ◇ 相変わらず、いいパス出してるな

 ◇ 清武10試合連続スタメンとは信頼度が高いね

 ◇ 清武ちょっと頼もしく思えてきた
    清武がい
なくてもそこそこ勝つようなチームより、今の環境の方がいいのかも?