image
--- Sponsored LINK ---
 
 ブンデスリーガは10日、第11節2日目を行い、MF乾貴士の所属する3位フランクフルトは敵地で首位バイエルンと対戦し、0-2で敗れた。乾は2列目の左サイドで開幕から11試合連続の先発出場。6試合ぶりのフル出場を果たしたが、チームは4試合ぶりの無得点に終わり、3試合連続白星なし(1分2敗)となった。

 開幕から9勝1敗で首位を独走するバイエルンは7日の欧州CLでもリールに6-1で大勝。中2日のこの日も前半9分、左サイドを突破したMFトニ・クロースの折り返しにFWロッベンがスライディングシュートで合わせる。しかし、これは惜しくもゴール右に外れ、その後は連戦の疲労からか、フランクフルトに攻め込まれる時間が続いた。

 乾は前半13分、PA内で仕掛けた場面でDFボアテングと交錯し、転倒。しかし、ここは乾のシミュレーションを取られ、イエローカードを示された。それでもチームとしてチャンスをつくるフランクフルトは前半18分、DFオチプカの左クロスにMFアイグナーがヘディングで合わせ、同22分にもDFユングの右クロスからMFローデがダイビングヘッド。しかし、いずれも枠を捉え切れず、同35分に左クロスからフリーで合わせたMFマイヤーのヘディングシュートもゴール右に外れた。

 チャンスに決め切れないフランクフルトに対し、バイエルンは前半32分にボアテングがDFファン・ブイテンと負傷交代するアクシデントに見舞われたが、地力の差を見せる。前半42分、クロースのFKにファン・ブイテンが頭で合わせ、ゴールネットを揺らしたシーンはオフサイドだったが、同44分だ。DFダビド・アラバのスルーパスに抜け出したMFハビ・マルティネスのラストパスにMFリベリが左足で合わせ、先制点。直後のリベリの決定機はGKの好セーブに阻まれたものの、前半を1-0で折り返した。

 フランクフルトは後半5分、MFシェベクラーのFKをゴール前のマイヤーがバックヘッドでそらし、DFアンデルソンがヘディングで押し込むが、惜しくもクロスバーを直撃した。リードしながらも、なかなかリズムに乗れないバイエルンは後半13分、FWクラウディオ・ピサロに代えてMFトーマス・ミュラーを投入。ミュラーとクロースが2トップに近い関係となり、追加点を狙った。

 いい形でボールに絡めずにいた乾だが、後半24分、左サイドでフリーでボールを受けると、前を向いて仕掛ける。MFシュバインシュタイガーの股間を抜く横パスを通し、ローデからリターンを受けるが、オフサイドの判定。するとバイエルンは後半31分にカウンターからPA内に切れ込んだシュバインシュタイガーがDFデミドフに倒されたとしてPKを獲得する。キッカーはアラバ。冷静にゴール右隅に決め、2-0とリードを広げた。

 攻勢を緩めないバイエルンは後半37分、右サイドを抜け出したミュラーの折り返しにフリーのロッベンが合わせるが、GKケビン・トラップがまたもビッグセーブ。守護神の奮闘で3点目は許さなかったフランクフルトだが、攻撃陣が不発に終わり、そのまま試合終了を迎えた。バイエルンは2試合連続の完封勝利で10勝1敗の勝ち点30に伸ばし、2位シャルケに勝ち点7差を付け、首位を独走している。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121111-01109689-gekisaka-socc
 








・・・・ この記事に寄せられたコメント ・・・・


 ◇ 残念だったけど、バイエルン相手に頑張ってたよ

 ◇ まあ、相手が相手なんでしゃーな
    乾自体は復調気味でなかなか良い動きしてたから代表に期待しよ

 ◇ バイエルンとんでもなく強過ぎる

 ◇ 試合進むにつれ乾の調子が上がってたのがよかった
    最後の突破もおもしろかったし今後に期待できそう

 ◇ バイエルンの選手は連戦で疲れたけども決めるところをキッチリ決めてるね。
    そこがフランクフルトとの違いだったな。

 ◇ トラップがいなければもっと差がついてたな
    勝てなくても引き分けにできたのでは?

 ◇ バイエルン強すぎ!!

 ◇ 乾の今節バイエルン戦での対人勝利率52.9%

 ◇ なんとか勝ち点ゲット(-_-;)
    トラップやべーな

 ◇ バイエルンは冗談抜きで2チーム作れるね。
    それにしてもボアテングさん大丈夫かしら?
    ミスは多かったけど勝てて何より。毎試合最高の動きは不可能だけど、
    悪く
ても勝ち切るとか負けないってのは大事だね

 ◇ 中位でフィニッシュしそう

 ◇ 着実に勝ち点を積み重ねて行こう
    にしてもボアテングが心配だな