images
--- Sponsored LINK ---
 
 チャンピオンズリーグ、グループリーグB組は、1試合を残してシャルケとアーセナルが決勝トーナメント進出を決めた。  

 ホームにオリンピアコスを迎えたシャルケは、シュート数で27対6と圧倒した。27本のうち16本が枠内シュート。1本がバーを叩いている。それでもドラクスラー、ホルトビー、ボランチのジョーンズらが遠近問わず次々と放つシュートはどれも実らない。結局、左SBのフクスが77分に左足で放ったミドルシュートが、この試合唯一の得点となった。ステフェンス監督は結果に対して満足げだった。

「先週末にレバークーゼンに敗れた後だったが、チームは真の姿を見せた。パフォーマンスはベストとは言えないが、最終的に突破を決めたことが全てだ」
 
  シャルケの強さと弱さが集約されたようなゲームでもあった。決して全体的なパフォーマンスが良いわけではないが、それでも勝ち切る強さはある。昨季リーグ得点王のフンテラールやファルファンら質の高い攻撃陣をそろえながらも、流れの中で彼らが得点源となれるわけでは必ずしもない。

 だがそんな時に、例えばこの日のフクスの左足のような、流れと無関係に試合を決める武器がチームにはある。71分から途中出場したプッキのように、スピードとドリブルでかき回す選手も、相手にとっては嫌な存在だろう。そんないわば飛び道具があることが、今のシャルケには強みになっている。

 物足りない部分があることについては、ケガのためこの日ベンチ入りしなかった内田篤人も認めている。

「チャンピオンズリーグの戦いだけに関していえば、一昨年ベスト4までいったときのほうが安定していた。ラウルとかもいたし、勢いに乗ったら強かった」

 チャンピオンズリーグに関して、とわざわざ限定するのは、対戦相手のレベルが高く、一発勝負の集中力が必要になるからだ。当時を思い返しても、大舞台になればなるほど、相手が強くなればなるほど発揮されるラウルの圧倒的な経験値と集中力は、若く経験の浅い選手たちをぐいぐいと引っ張っていった。確かに当時のチームには勢いがあった。

 現在のチームには当時ほどのビッグネームはいない。ラウルは今季からカタールのアル・サッドでプレイ。シャルケの顔でもあったGKノイヤーは昨季からバイエルンでプレイしている。それでも欧州16強まではたどり着いた。

「今年のチームは我慢ができる。地力、負けない感がある」(内田)

 勢いに任せて勝つことはできないが、少しずつ我慢するうちに、どうにか得点が入る。この日の試合もその典型のようだった。また、今年のチームには一昨年はなかった経験値がある。

「ベスト4を経験している選手がほとんどだから。グループリーグからその次のステップへ、という流れを分かっている。経験は大きいと思う。決勝トーナメントに入ったらどことあたっても一緒。どこも強いから」(内田)

 16強レベルの強さを肌で知っていることは大きな強みだろう。内田はここから先の戦いこそ、楽しみにしていたと言う。

「もう一度あそこ(準決勝)まで行きたいし、できればもうひとつ上に行きたい」と語る表情は楽しげだ。決して華やかとはいえない今季のシャルケだが、一昨年と同じベスト4を目指す戦いが、年明けから始まる。


http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121125-00000303-sportiva-socc