image

 

活躍の場を求めて、とにかく試合出場のチャンスを求めて、宇佐美貴史は今季、ホッフェンハイムへと移籍した。開幕から2戦は途中出場、そこから9戦連続で先発出場、そして最後の6戦は途中出場があったり、なかったり。ベンチからも外れることが出てきた。

 チームの成績はふるわず、前半戦最後の2戦を残したところで、成績不振からバベル監督は解任された。マイヤー氏が暫定的に指揮を執ったが、その後も2連敗。暫定監督がそのまま監督に昇格するパターンもあるが、ホッフェンハイムの場合はどうなるのか。普通に考えればウィンターブレイク中にまた新しい監督を呼ぶ可能性が高そうだが、先行きが見えない状態である。

 もちろん宇佐美自身の起用法についてもそうだ。「どの監督の下でも使われる選手に」と宇佐美自身は語っている。ガンバ時代はチームメイトや先輩に生かされてきた側面もある。だがドイツでは自分で切り開いていくしかない。冷静な現状認識と強い覚悟。前半戦最後の試合となったドルトムント戦後のミックスゾーンでのやりとりから、それは如実に伝わってきた。

――監督が変わって、状況も変わったのでは?

「その通りだと思いますし、まあ、前の監督と求めてることとか、選手の配置をみても全く違うので、そういう選手になるように自分が順応していかないと、と思います。

 はっきりしてますよね。技術とかよりも、ハートと運動量というのを求めているのは見ればわかると思うし。“それができるのがドイツ人でしょう?”という感じ。自分はそういうことを直接言ってもらっていますし、自分がそういう選手に変わっていくチャンスだと思います」

―― これだけ守備的な戦術だと、「宇佐美選手はどのポジションをやるのかな?」と思います。

「いや、難しいと思います。こういうスタイルでやることに、なかなか経験がないというか。オリンピックの時もそうですけど、自分の感じてるところはそういうところかなと」

―― 感じているというのは苦しさ、のようなこと?

「いや、苦しさというほどではないですけど、(チームが求めているのが)自分にないところで、それをトライしていくしかないということですね」

―― ドイツ誌で「言葉の問題を理由にベンチから外した」と(マイヤー)監督が発言したと書かれたことがありましたが、それは先ほどの「ドイツ人的なところを求められる」ということの一部ですか?

「あまり全ては言いたくないですけど、まあ、彼と自分はしっかりコミュニケーションを取ってます。難しいですね、言葉で言うのは。メディア上に出てるところが全てじゃないというか」

―― こちらはあの記事で近況を知り、かなり難しい状況になっているのか、と思いましたが?

「と、思わせてしまったかもしれないですね……って(記事を見て)思いましたもん」

―― 監督交代はカンフル剤というか、刺激になることが多いと思うのですが……。

「だからこそ、みんなにがっかり感というか、難しいところがある。(監督が交代して)『今だ、よし、ここだ』と、それまで出られなかった選手は思うし、出てる選手も出続けたいと思うわけだし。自分自身はネガティブな状況ですけど、その状況に流されずに、やることをしっかりやって、求められることをやっていれば絶対にチャンスは来るし、結果は出せると思うので」

―― 2012年を振り返ると?

「最後はちょっと失速しちゃったかなという印象ありますね。自分で言うのもなんですけど、試合に出られて多少、充実していたというか。でも、出られないようになれば充実しないのがサッカー選手なので、最後は充実を感じなかった。今後を良い方向にもっていくために、今は積み上げれば良いのだと思うし、折れずにやれば絶対大丈夫だと思います」

―― 監督再交代の可能性もある中でモチベーションを保つ難しさがあるのでは?

「チームのスタイルも自分にぴったりはまってはないと思いますし、その中でチームの色に自分を変えながらも、自分の色も残していかないといけないというのもあります。監督が交代するかどうかに関しては、逆にチャンスかな、と。そこは逆に乗り越えられるようになれば。ヤットさん(遠藤保仁)じゃないですけど、監督が変わってもあれだけ代表で出ている選手もいるし、そういう選手に自分も変わっていかなきゃいけない時期。監督のスタイルに甘えずに、どういう監督でも、どういうスタイルでも出られる、出される選手は絶対いるから、そういう進化をしないといけない時期かなと思います」

 このままでは終わらない。そんな決意が見て取れた。 



http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121219-00000303-sportiva-socc