image
--- Sponsored LINK ---
 
12月29日、マンチェスター・ユナイテッドの香川真司が、WBA(ウェスト・ブロムイッチ・アルビオン)戦で、10月23日のチャンピオンズリーグ・ブラガ戦以来となる公式戦復帰を果たした。それもいきなりの先発起用という形で、だ。前半9分には相手オウンゴールによる先制点を演出。その後も右から好クロスをあげ、後半には決まりこそしなかったがシュートも放った(結果は2-0)。

 それでも試合後の本人の表情は意外なほど厳しかった。




「新加入選手にとってケガが一番イヤだって感じてます。だからこの2ヵ月、すごく辛かったですし、そういう意味では復帰できたのはよかったと感じました。プレイ内容がどうこうというよりも、まず復帰できてこのピッチにたてたことが良かったのかなと思います」

 自身のプレイ内容については認める気配は全くなかった。
 
 この試合、ファーガソン監督はシステムをここ3戦続けて採用していた4-4-2から、開幕当初の4-2-3-1に戻した。これはルーニーがケガで離脱したことや、ファン・ペルシーの疲労を考慮しベンチスタートとしたことも理由だろう。だが、エース2人が外れたからといって決して4-4-2が組めないわけではない。 むしろ4-4-2のほうが慣れている選手のほうがこの日の先発にも多いはずだ。あえて行なったシステムチェンジは何よりも香川を生かすためといっていい。もちろんそのトップ下は香川自身も「一番やりやすい」と言うポジションだ。そうやって指揮官は香川の復帰戦をお膳立てしたのだ。

 ファーガソン監督が「ハードワークしてくれた」と称えるように、香川は序盤からピッチを駆け回った。これまでであれば、ボランチからの配球が少なく、引いてボールにさわり、ゴール前へ入るタイミングが遅れるという苦しいシーンが多かった。だが、この日に限っては高い運動量が広いエリアで発揮され、高い位置からラストパスを出すシーンが目立った。

 先制点につながったシーンもそうだ。これまでに比べ周囲とのバランスが良くなった印象が強い。得点こそなかったものの、ゴール前のパスで”らしさ”を見せることもあった。だが、本人は何がなんでも得点へのこだわりを口にする。

「1試合1試合、コンディションを上げていって、その中で結果を出して行かないと。(自分が離脱していた)この2ヵ月で前線の選手が結果を残しているという意味では、そういう(勝負の厳しい)ところに来たんだなと感じますし、自分も負けてられない。だから本当に欲を言えばゴールが欲しかったです。シュートを打てなかった、最後のところで自分の形にもっていけなかったのはすごく残念です。次に切り替えて頑張りたいと思います」

 セレッソでもドルトムントでも日本代表でも、そしてここマンチェスター・ユナイテッドでも香川は変わらない。得点が取れない時には、気分が上がって来ない。ただ、ファン・ペルシーと共にプレイすることになったら、あるいはルーニーが復帰してきたら、もう少し香川自身が得点に絡めるようになるかもしれない。

 この試合では、自分がゴールを奪えそうなタイミングでのパスは確かに少なかった。例えば後半3分、右のバレンシアに預け、自身はゴール前でフリーになるも、クロスはファーサイドへと流れて行く。香川は悔しそうに、切り替えるしかなかった。

「前線にはっきりとした個性が揃っているので、自分もそこに乗っかって自分のプレイスタイルを浸透させていく必要があると思うんで、それ(自分のプレイ)を充実させるためにも結果を残していかないと始まらないと思う」

 それでも、ファーガソン監督はこの日の香川のプレイに満足感を示し、テレビ局スカイスポーツはマン・オブ・ザ・マッチに選出した。評価は、確実についてきている。

「この2ヵ月、ケガをしているときにいろいろ考えたんですけど、ここで生き残っていくためにも、やっぱりやるしかない。そういう意味では来シーズン、来年にむけてしっかりやれるように、(1月)1日から試合があるので、良いスタートを切れるようにしたいです」

 厳しい自己評価は、自信と強い決意の表れだろうか。だとしたら2013年の香川にも大きな期待ができそうだ。

了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko
photo by Getty Images
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121230-00000314-sportiva-socc