image
 
イタリア『Calciomercato.com』は、イングランド・プレミアリーグのタレントを紹介するシリーズ記事の中で、13日にサウサンプトンの日本代表DF吉田麻也を取り上げた。

過去にイタリアの複数のクラブで技術顧問を務め、現在はスイス1部リーグのクラブで仕事をしているというマウロ・ミルコ・マゾーニ氏は、吉田について次のようにコメントしている。

「一目見ただけで魅了されるような選手は滅多にいないが、この日本人センターバックにはどんな形容詞も当てはまらない。彼は全てを兼ね備えているからだ」

「日本が輩出する選手は軽視できるものではない。長友(佑都)と香川(真司)は名門クラブでレギュラーとしてプレーしているし、ブンデスリーガには興味深い日本人選手が何人もいるからだ」

所属クラブでも日本代表でも、ほぼ一貫してセンターバックのポジションで起用されている吉田だが、ユース時代まではボランチとしてプレーしていた。今でもその適正は残っているようだと、マゾーニ氏は指摘している。

「動きが機敏で、戦術的なインテリジェンスがあり、ポジショニングのセンスの良さを生かしてボールの行き先を読むことができる。中盤の選手のような技術があり、そのポジション(中盤)で起用されることがあっても私は驚かないだろう」

「非常にスピードがあり、フィジカルが強く、空中戦も得意としている。(アルベルト・)ザッケローニは彼を高く評価しており、常にレギュラーとして起用してきた。プレミアリーグでも連続出場を続けており、サウサンプトンとは2015年までの契約を結んでいる」

サウサンプトンでは初スタメン以来22試合連続のフル出場を続け、残留を目指して奮闘するチームの一員として一定の評価を得ている吉田。今後イタリアの移籍市場でも注目が高まってくる可能性もあるかもしれない。







1 :SAMURAI footballers がお送りします 

イタリアで守備を極めるのもありだな



2 :SAMURAI footballers がお送りします 

この調子で頑張ってくれよなー頼むよー



3 :SAMURAI footballers がお送りします 

ただ、今プレミアのクラブでレギュラーを張っているからには、イタリアに行くとすればそれなりのクラブでないとね。



4 :SAMURAI footballers がお送りします 

順調に成長してる。このままいけばビッククラブも行けるかもしれない。



5 :SAMURAI footballers がお送りします 

ここ数試合のマヤなら納得でしょ



6 :SAMURAI footballers がお送りします 

これからも、うちの吉田を宜しくお願いしま



7 :SAMURAI footballers がお送りします 

いいねー!
こんなふうに取り上げてもらえるなんてやっぱ、レベルアップしてるんだ。




8 :SAMURAI footballers がお送りします 

ザックを信じて良かった。アジアカップの時はなんで吉田を使うの
全くわからなかった。こんなに成長するとは。




9 :SAMURAI footballers がお送りします 

アグエロおさえたのマグレじゃないことを証明してほしい。



10 :SAMURAI footballers がお送りします 

ザックジャパン当初に見たときは「こんな若造じゃ代表のCBは務まらんだろ・・」と正直思っていた。 
だけど今は謝らせてください。

今じゃ吉
田以外考えられない。 

本当に素
晴らしい成長だし、ザックもよく使い続けてくれたと思っている。
まだ若いし日本史上最高のCBは間違いないと思う。




11 :SAMURAI footballers がお送りします 

凄い誉められようだな(笑)




引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130214-00000030-goal-socc