image

--- Sponsored LINK ---
 
 いま内田篤人は、チームと離れて過ごしている。

 シャルケに来て初めてのサッカー選手らしくない日々だ。

 今シーズン、内田は昨年11月のCLアーセナル戦、12月のフライブルク戦、そして、今年の2月の日本代表と2度ならず3度まで、右足の太ももの裏を負傷した。2月の負傷のあと、内田の消息を伝える報道はパタリと途絶えた。

 彼はいま、どんな日々を過ごしているのだろうか。

■これまでは気合と根性で早期復帰を果たしてきたが……。

 これまでの内田には、怪我をしたときには決まって考えていたことがある。

「はじめて肉離れしたときなんかがそうだったんだけど、どれだけ早く治すかに俺は重点を置いていたんだよ。全治3週間と言われたら、2週間で治そうとしていたもん。でも、違ったね。筋肉系の怪我は」

 怪我の回復は選手のメンタルの影響も大きい。

 シャルケでの最初のシーズンを送っていた2010年の9月。日本代表のパラグアイ戦で左足の小指を骨折したのにもかかわらず、2週間もたたないうちにチームの練習に合流した。

 少しくらいの怪我なら試合に出るのが当然。それがこれまでの内田だった。

■「筋肉系の怪我は打撲のときとは治し方が違うんだよ」

 これまでは、治療とリハビリで少しでも状態が良くなったら練習に復帰して、試合に出るということを繰り返してきた。怪我は完治したわけではなく、だましだましやっていたため、再発するリスクとも隣合わせだった。その結果、今シーズンは2度も怪我を再発させてしまったのだ。

「筋肉系の怪我は、打撲のときとは治し方が違うんだよ。痛みが消えればいいんじゃなくて、ちゃんと筋力が戻ってOKってこと。よく、『怪我はしっかり治してから』とかいうじゃん? やっと意味がわかったね。休まなきゃダメなんだよ」

■焦る気持ちを抑えて、リハビリ施設で治療に専念。

 昨年11月、12月の負傷では、クラブハウス内で治療を受け、リハビリに励む日々を送った。しかし、いまは、クラブの提携するリハビリ施設へ通いリハビリを行なっている。

「今までみたいにクラブハウスで治療していると、どうしても早く戻りたいと思ってくるわけ。みんなと毎日会うし。だから、みんなと会わないようにね、自分をちゃんと隔離したわ。リハビリセンターに入らないと、また早く復帰しちゃうだろうなーと思った。俺はいまリハビリ組にいるという壁をチームメイトとの間に作らないと。また怪我をしちゃうからね」

■復帰の目処は立たないが……前向きな心は失わない。

「この前、トレーナーが左右の足を持ちあげて筋肉の量を調べたんだけど、それですぐにわかるくらいの左右の足の筋肉量に差がついていたんだよね。普通は機械を使って調べることなんだけど、手で測って、一発でわかるのは相当のことらしい。やっぱり、落ちている筋肉も強化しないといけないし、筋肉系の怪我ってホント、面倒くさいね」

 内田は淡々とそう語ってみせる。復帰する時期は未定。それを決めれば、また焦ってしまうからだ。痛みもなくなり、筋量も戻ったときにはじめてリハビリセンターを離れようと思っている。

 これまでとは全く違う取り組みで怪我に向きあう内田だが、変わらないこともある。それは怪我をしても落ち込んだり、ふさぎこまないということだ。

「この前、(細貝)萌さんのところでご馳走になったんだけど、奥さんの料理がすげぇ美味くて食い過ぎちゃったんだよ(笑)。あんなに美味い飯、ドイツじゃ食えないでしょ」

 だから、今度は米を買って持っていくつもりなんだ、と内田はリラックスした笑顔を見せた。

(一部抜粋)

(「ブンデスリーガ蹴球白書」ミムラユウスケ = 文)
記事全文 ⇒ http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130228-00000001-number-socc





1 :SAMURAI footballers がお送りします 

長友も怪我してるのをみるとわかるけど意外と日本人は怪我多いよなー。こういうのがじみに響かなければいいけど。




2 :SAMURAI footballers がお送りします 

早くなおってほしいけど、いまはゆっくり休んでほしいね



3 :SAMURAI footballers がお送りします 

重傷じゃん!



4 :SAMURAI footballers がお送りします 

篤人のご飯なら私が作る!!!!!←おい!てか、それ以前に篤人のホームヘルパーって、日本人の女性だったような?




5 :SAMURAI footballers がお送りします 

あつと…(´・ω・`)最終予選間に合わないよね…ゆっくり休んでまた活躍してほしい!




6 :SAMURAI footballers がお送りします 

イケメンだし、ストイックなところが妙に惹かれる・・・って思っていたけれど、ほんとに真面目な青年なんだね。 とにかく、今はじっくりと治すことに専念してもらいたいな!




7 :SAMURAI footballers がお送りします 

まあ、色々と言いようはあるだろうけど、特にスポーツ選手の場合は、早く結婚して、食生活を見直す事が一番大事だと思うけどな~。筋肉って食べ物で全然違ってくるしね。 




8 :SAMURAI footballers がお送りします 

うっちーの意外な熱さはやっぱり部活上がりだからなんだな。この怪我乗り越えて1ランク上の選手にきっとなってくれる! 




9 :SAMURAI footballers がお送りします 

これくらいの焦らないメンタル 動じない考え方を身につけたい