image
--- Sponsored LINK ---
 
 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)の決勝トーナメント1回戦第2戦が5日に行われ、日本代表MF香川真司の所属するマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)はレアル・マドリー(スペイン)と対戦し、1-2で敗れた。2戦合計スコアも2-3となり、ユナイテッドの16強での敗退が決定した。

 後半13分のMFナニへの退場処分が試合の流れを一変させた一戦。レッドカードが提示された場面ではアレックス・ファーガソン監督もベンチを飛び出し、不満をあらわにした。

 試合後の公式会見には、ファーガソン監督ではなく、マイク・フェランアシスタントコーチが出席。クラブは監督自身が「今後後悔するような発言をしたくはない」と話したとして、フェランコーチを出席させたと説明している。

 公式サイトはフェランコーチが次のように試合を振り返ったと伝えている。

「結果に失望しているという表現は極めて控え目なもの。これだけのビッグマッチで、われわれの戦術は完璧に機能していた」

「後半に入り先制点を挙げたことで、堂々とプレー出来るようになった。直後に試合の流れを一変させる判定が下されてしまった。信じられないような判定だったが、それでもチームは戦わないといけない。世界中が注目する試合で、今回のような結果になってしまったことは非常に残念だ」

 またナニの退場シーンについては次のような見解を示している。

「我々はボールは空中にあったし、選手はボールを見ていたと判断している。確かに接触はあったが、フットボールでは許容範囲の出来事。あのプレーでレッドカードが提示されたことは信じがたい」


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130306-01114809-gekisaka-socc





1 :SAMURAI footballers がお送りします 

レアルファンとしても
ナニの判定はイエローが妥当だと感じました。
レアルにはマンUの分まで戦い、優勝してほしいです。




2 :SAMURAI footballers がお送りします 

賛否両論あるとは思うが個人的にはナニに対してレッドは厳しいジャッジだったと思う



3 :SAMURAI footballers がお送りします 

タラレバは駄目だが、あれがなければ、勝っていたかもね。



4 :SAMURAI footballers がお送りします 

ごもっとも。確かにナニの視界にはアルベロアは入ってなかったと思う。



5 :SAMURAI footballers がお送りします 

ファギーが名将だということはわかった



6 :SAMURAI footballers がお送りします 

ヘアドライヤー、ファギーですから一晩おいた方が冷静で良い会見ができるでしょ。



7 :SAMURAI footballers がお送りします 

モーリーニョやモドリッチも、あれはイエローが妥当と発言しましたね。



8 :SAMURAI footballers がお送りします 

文字通り審判によって負けた試合だろう。
おそらくこれで、プレミア勢は全滅か。




9 :SAMURAI footballers がお送りします 

レッドの基準は故意か故意じゃないかではなく危険なプレーかどうかですよね?

審判が危険と判断したのでレッドとなってしまったんじゃないですか?
足の裏が接触してるのは事実だし。

不運は不運ですけどね。
ワールドカップの時のデヨングの飛び蹴りはイエローだったけど、後にハワードウェブ主審は良く見えなかったけどレッドだったと謝罪していましたね

でもマンUも凄く強かった。




10 :SAMURAI footballers がお送りします 

審判が目立つ試合はダメ。特にビッグマッチのレッドカードには慎重さが求められる。



11 :SAMURAI footballers がお送りします 

マンUというチーム自体はあまり好きではないが、今回の判定にはさすがに同情する。
審判がいちばんゲームに入れてなかったな




12 :SAMURAI footballers がお送りします 

ナニの視界にアルベロアは入っていなかったが、アルベロアの視界にナニの動作は入っていた。
その上で、胸を出していった。




13 :SAMURAI footballers がお送りします 

レッドかどうかは微妙なとこだけど。。。

ナニの退場後、一気に試合の決着がついてしまったことを考えると、
最後まで11人対11人の試合が見たかったな

それぐらい、ナニの退場まではほんとに良いゲームだった。