image
--- Sponsored LINK ---
 
ブンデスリーガ第25節が8日に行われ、アウクスブルクと日本代表MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクが対戦。清武は先発出場、金崎はベンチスタートだった。

 4試合連続ドロー中のニュルンベルクは、アウェー戦に臨むと劣勢に立たされるが、21分に清武が先制ゴールを奪う。自陣からのロングボールに対し、トマシュ・ペクハルトがヘディングで左サイドに落とすと、アレクサンダー・エスヴァインが抜け出して、ゴール前にクロスを供給。グラウンダーのボールをペナルティエリア中央に走り込んだ清武が、左足のダイレクトシュートで合わせ、ゴールネットを揺らした。

 清武の11試合ぶりとなる今シーズン4点目で先制したニュルンベルクだったが、36分にミスから失点を喫してしまう。左サイドからクロスを許し、ゴール前でアウクスブルクのトビアス・ヴェルナーにヘディングで合わされると、GKラファエル・シェファーが痛恨のキャッチミス。正面に飛んできたシュートを掴み損ねると、ボールはシェファーの股の間を通り、ゴールに吸い込まれた。

 ニュルンベルクはミスからの失点で追いつかれると、同点後も劣勢に立たされたが、前半を1-1で折り返す。後半に入ると、53分に清武がゴール前でファウルを受け、FKを獲得。エスヴァインが強烈なグラウンダーのシュートを突き刺し、再び1点のリードを得た。

 勝ち越したニュルンベルクは、3点目を奪うチャンスを作りながらも追加点には至らなかったが、2-1のまま逃げ切り、5試合ぶりの勝利。6試合負けなしの勝ち点31で、暫定11位に浮上した。敗れたアウクスブルクは、勝ち点21のままで16位となっている。なお、清武は84分までプレーし、金崎に出場機会はなかった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130309-00097906-soccerk-socc 

 





1 :SAMURAI footballers がお送りします 

左足ダイレクトで上手く合わせたね
兎に角チームが勝てて良かったな
これからも厳しい残留争いが続くだろうけど頑張れ!




2 :SAMURAI footballers がお送りします 

ヨルダン戦でも期待している



3 :SAMURAI footballers がお送りします 

とりあえず遠くに蹴ることしか考えられないセンターバックと
競り勝てない(そもそも競らない)・収められない・周り見えないの3拍子揃った1トップに挟まれてよーやるわ
とくに1トップは今日出てたぺクハルトももう一人のポルターも他のチーム行ったら2部ですらレギュラーとれるか怪しいレベル




4 :SAMURAI footballers がお送りします 

清武ならもっと格上のクラブでやれる。



5 :SAMURAI footballers がお送りします 

よっしゃ!!!!!!!!!でかしたキヨ



6 :SAMURAI footballers がお送りします 

地道に頑張ってるね! 着実に成長していると思うから、この調子で頑張って欲しいよ



7 :SAMURAI footballers がお送りします 

おめでとう
清武ナイスシュート




8 :SAMURAI footballers がお送りします 

最近ドイツ組が元気なかったから、嬉しいわ



9 :SAMURAI footballers がお送りします 

見事にコントロールされた芸術的なゴールでした



10 :SAMURAI footballers がお送りします 

2点目にも絡んでたしセットプレーでアシスト未遂もあった。ク・ジャチョルより清武の方がよかった。



11 :SAMURAI footballers がお送りします 

次は、香川みたく、ハットトリックでもしてくるか…



12 :SAMURAI footballers がお送りします 

乾も宇佐美も負けるな