image

日本代表のザッケローニ監督が、左足首の検査などのため帰国中のMF本田圭佑(CSKAモスクワ)のW杯アジア最終予選オーストラリア戦(6月4日、埼玉)での復帰に太鼓判を押した。

 9日に欧州クラブに所属する日本選手視察のため、ドイツへ出発。渡欧前の成田空港で「(本田と)直接話をしたが、代表に復帰して活躍したいという気持ちが伝わってきた。総体的なコンディションやトレーニングも順調だという話をした」と明かした。

 また、左膝痛を抱えていたDF長友佑都(インテル・ミラノ)とも連絡を取ったことを明かし「長友は(7日のアタランタ戦で)ベンチにも入った。順調に回復していると聞いている」と説明。「両選手(本田と長友)とも良い方向に進んでいる。6月には間に合うだろう。高いモチベーションを持っていることを確認できて有意義だった」と続けた。日本は本田と長友を欠いた3月26日のW杯アジア最終予選ヨルダン戦に1―2で敗戦。攻守の柱を欠き苦しんだが、オーストラリア戦にはベスト布陣で臨めることになりそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130410-00000038-spnannex-socc
 
 





1 :SAMURAI footballers がお送りします

長友は大丈夫だとしても、本田の復帰は直前まで信じない
万全な体制での復帰を祈ってます




2 :SAMURAI footballers がお送りします 

前回のオーストリア戦は審判がおかしかった。今回はホームということもありそういうことはなさそうなので楽しみ



3 :SAMURAI footballers がお送りします 

よっしゃ!

W杯行きのキップは貰ったぜ!

移籍の為にも、ここで大活躍するんだp(^-^)q

燃え上がれ!蒼き魂のサムライブルーよ!

ファイヤ~~\(゜ロ\)(/ロ゜)/(絶叫)



4 :SAMURAI footballers がお送りします 

これで役者は揃ったな!

あとは俺がチームに加われば鬼に金棒




5 :SAMURAI footballers がお送りします 

次のオーストラリア戦は死闘ですよ。本田、長友には出てもらわないと困ります。



6 :SAMURAI footballers がお送りします 

ベストメンバーでのスタメンは、去年ホームでのヨルダン、オマーン戦以来だな。



7 :SAMURAI footballers がお送りします 

無理だけはさせないでね。



8 :SAMURAI footballers がお送りします 

オーストラリアも、オマーンも、ヨルダンも、アウェーで日本と試合をやるときは日本のパスサッカーをやらせないようにボコボコのピッチを選ぶし、オマーン戦のときは反射鏡、ヨルダン戦のときはレーザービームで、中東諸国は対戦国に露骨ないやがらせをやる。そんな完全アウェーでも、本田と長友が不在でも、ヨルダン戦は勝たなければならない試合だったし、少なくとも引き分けでワールドカップ出場を決めなければならなかった。それだけの力が今のザックJAPANにはあるはず。
しかし、ヨルダンに敗れた結果、6月に埼玉スタジアムで初のホームでのワールドカップ決定の瞬間を楽しめるチャンスが出てきたから、それはそれでいいんだけどね。




9 :SAMURAI footballers がお送りします 

主審は前回みたいな喧嘩両成敗みたいなノリでジャッジしないでもらいたい




11 :SAMURAI footballers がお送りします 

ベスト布陣は このまま順調ならの話では?
直前に離脱する人もいるだろう
正直ベストメンバー組めないと このチーム不安は大きい




12 :SAMURAI footballers がお送りします 

初めてホームで出場を決める瞬間が近づいて来ると思う
今からでもワクワクしてきました。
オーストラリア相手に油断は出来ませんが
引き分けではなく勝って決めたら最高だと思います。




13 :SAMURAI footballers がお送りします 

本田には絶対に万全の状態で豪州戦とコンフェデを迎えて欲しい。



14 :SAMURAI footballers がお送りします 

ベストメンバーで戦えるのはいいけど、ヨルダン戦で露呈された控え組の底上げも今後の課題