image

 
アストンビラ戦の試合終了のホイッスルが鳴り、マンチェスター・ユナイテッドの2年ぶり20回目の優勝が決まった。ピッチ上でその記念すべき瞬間を迎えた香川真司は、胸元で小さく拍手をし、その場を歩きながら呼吸を整えた。ガッツポーズも雄叫びもなし。静かにささやかに、何かを感じていた。

 その後、取材に応じた時はまた様子が違った。優勝の感想を問われると「まあ、そうですね……」と、間を空け、言葉を選びながら語り出した。すでに冷静になっていた。

「素晴らしい雰囲気の中で試合をやれましたし、優勝を勝ち取れたことは素晴らしい。この喜びはいつ浴びても素晴らしいなと思います。(この1年は)もっともっと結果を求めていたし、ケガもしましたし、そう簡単にうまくいかないのかなと感じたり、いろんな葛藤だったり、悔しさだったり、悩みだったりがたくさんありました。そういう意味では深い1年になりました」

 喜んではいるが、歯切れがいいとは言えない。それほど、自身の出来映えにはついては消化不良どころか悔しさと不満が残るシーズンだった。

 ドルトムント時代の2度の優勝は、心からの喜びが伝わってくるものだった。ドルトムントでの1年目は、大活躍の前半戦から一転、後半戦は故障で丸ごと棒に振った。それでもホームでの最終節には途中出場、貢献の証としてクロップ監督が見せ場を作った。試合後にはほろ酔いになり「オレ、最高!」と笑顔を見せた。

 昨季は香川のゴールで優勝が決定した。得点後、駆け寄ったクロップに抱きかかえられた香川の姿は非常に印象深いものだった。すでにチームを離れることが決まっていたこともあるのだろう。「もう最高。試合中に泣きそうになったくらい!」と話したミックスゾーンはあちこちからビールが飛んでくるような状態で、もちろん香川自身も上機嫌だった。

 過去2度と比べてしまうと、今回の感情が歓喜とはほど遠いのは歴然としている。

 理由は明らかだ。名門マンチェスター・ユナイテッドに移籍し、チームにスムーズにフィットすることができなかったこと。苦しむ中で、追い打ちをかけられるように故障による長期離脱を経験したこと。

「歴史あるクラブに来たというのは本当に想像以上のプレッシャーだった。こういう中で生き抜くためには精神的にタフでないといけないし、強い信念だったり、強い何かを持ち続けないと成功しないと思っている。そういう意味ではまだ1年ですし、もっともっと自分というものの良さを出せると思っているし、徐々に良くなっているというのを確かに感じる。このチームで自分のプレイをし、名前を残せるように、もっともっと努力していきたいと思います」

「今の時期は楽しくサッカーできているし、ようやく自分とチームがうまくかみ合ってきて、自分の良さも出せている。でも、結果という意味では今日もチャンスがあった(が決められなかった)。ここで3点決めるファン・ペルシーというのはやっぱりすごい選手だなと感じたし、そういう選手になるために、もっともっとこういう厳しい環境の中でやり抜いていきたいと思います」

 香川は続けた・・・

了戒美子●文 text by Ryokai Yoshiko

記事全文
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130424-00000303-sportiva-socc
--- Sponsored LINK ---
 




1 :SAMURAI footballers がお送りします

香川選手おめでとう!あなたは日本の誇りです。




2 :SAMURAI footballers がお送りします 

香川の自分に厳しいところすごい、見習います。




3 :SAMURAI footballers がお送りします 

よく頑張った! これからも、輝け!シンジ!




4 :SAMURAI footballers がお送りします 

香川~よく頑張ったよね~(>_<)おめでとう(ToT)




5 :SAMURAI footballers がお送りします 

香川後半の決定機決めてればなー



6 :SAMURAI footballers がお送りします 

香川はかなり活躍してたな
トップ下が一番合ってるよ
本当に香川はチームの中心だな
香川は日本の歴代最高アスリートだな




7 :SAMURAI footballers がお送りします 

ブンデスリーガ、プレミアリーグ。
いずれも一年で優勝させた男、香川真司。
そんな男が足掛け3年。一度も優勝できなかったリーグが存在する。 Jリーグ ディヴィジョン2 世界が驚愕する恐ろしいリーグだ。




8 :SAMURAI footballers がお送りします 

来年はもっとやれるな もう完全に中心選手なのがすごい



9 :SAMURAI footballers がお送りします 

ドルも二年目で完全ブレイク もし次のステップはバルサかレアルしかない