image


ブンデスリーガ第31節が27日に行われ、日本代表MF宇佐美貴史の所属するホッフェンハイムと日本代表MF清武弘嗣、MF金崎夢生の所属するニュルンベルクが対戦。清武は先発出場、金崎はベンチスタート、宇佐美はベンチ外だった。

 アウェー戦に臨んだニュルンベルクは、序盤にチャンスをつかむが決めきれずにいると、11分に失点を喫してしまう。左サイドを突破されて中央にグラウンダーのクロスを入れられると、ゴール前のトビアス・ヴァイスに難なくシュートを流し込まれ、先制点を奪われた。敵地でビハインドを負うと、20分にもカウンターを受けて左サイドからクロスを挙げられると、セヤド・サリホヴィッチにヘディングで合わされてしまい2点目を挙げられた。

 序盤で2点を奪われたニュルンベルクは、後半に入っても決定機を作られるが、追加点を許さずにいると、58分に清武のFKからPKを獲得。大きなチャンスをティミー・シモンスが蹴り込み、1点差に詰め寄った。

 同点を狙うニュルンベルクは66分には、金崎を投入。しかし、決定機がありながらも、最後まで同点ゴールは奪えずに、1-2で敗れて3連敗となった。なお、清武と金崎は試合終了までプレーした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130428-00106826-soccerk-socc
--- Sponsored LINK ---

 





1 :SAMURAI footballers がお送りします 

試合ほぼフルで見てましたが、相手の方が格上じゃないか?
と誤解するレベルの内容。清武もPKにつながるFKはよかったんですが
それ以外のプレーで覇気が感じられず・・・
金崎も試合勘の無さがありありとわかる内容で、正直見てて疲れました・・・
残留がほぼ確定して気が抜けてるのかもしれませんが、清武も金崎下位相手に
点を量産してやる、ぐらい意気込みが見たかったです・・・




2 :SAMURAI footballers がお送りします 

ムウが空回りしてたな。

久々の出場で結果を出したかったんだろうけど。



3 :SAMURAI footballers がお送りします 

取り敢えず早く残留を決めたいよね



4 :SAMURAI footballers がお送りします 

ムウーーー!!

…次はもっと長い時間使って欲しい。




5 :SAMURAI footballers がお送りします 

金崎テンパり過ぎだろ



6 :SAMURAI footballers がお送りします 

夢生くんよ……
せっかく海外でプレーしたいという望み叶えたが、活躍出来てないのは寂しいぞ
もっとガンバレ
そして俺たちに「グッドニュース」を届けてくれよ




7 :SAMURAI footballers がお送りします 

ホッフェンハイム、今日の様にハナから若手中心にしてた方が良かったのかもね。



8 :SAMURAI footballers がお送りします 

金崎パスミス多かったな。



9 :SAMURAI footballers がお送りします 

ブンデスに所属する日本人が多い反面、活躍するしないがはっきり出ちゃってるよな…。



10 :SAMURAI footballers がお送りします 

清武が試合中にホッフェンの選手と和やかに談笑してたのは何だったんだろう