image

FIFAの広報誌『FIFA WORLD』が、6月15日からブラジルで開催されるコンフェデレーションカップを特集し、2ページにわたって日本代表を紹介した。キープレーヤーとしてMF香川真司とDF吉田麻也、MF遠藤保仁を挙げている。


同誌は「新たな時代を迎えている」日本代表が、アルベルト・ザッケローニ監督の就任以降、4度目となるアジアカップ優勝、2012年のロンドン・オリンピックでの4位躍進を遂げたと説明。「今年のコンフェデレーションズカップへの準備を進める『サムライ・ブルー』について、一部では『新・黄金世代』と呼ばれている」と紹介している。

キープレーヤーとして挙げた3選手については、それぞれ次のように紹介した。

香川真司
「間違いなく日本の最有望株。香川真司は非常に優れたテクニックを備えた攻撃的ミッドフィルダーだ。マンチェスター・ユナイテッド移籍で注目を集めても動じず、イングランドに適応して、3月にはハットトリックを達成。2010年の南アフリカ・ワールドカップ(W杯)は落選したが、香川は初のFIFA主要大会に向けて準備のときを迎えている」

吉田麻也
「まだ24歳の吉田麻也は、若くしてアジア最上級のセンターバックとしての評判を獲得。相手の攻撃を防ぐだけでなく、後方から試合を組み立てる能力がある。サウサンプトンの元監督ローリー・マクメネミーは、吉田を『ファーストクラスとして突然現れた数少ない選手の一人』と称している」

遠藤保仁
「黄金世代と有望株を結ぶのが、日本代表の歴代最多出場記録を誇る遠藤保仁だ。1999年、U-20世代でスペインに次ぐW杯2位に入ったメンバーで、日本で唯一、アジアカップ2度の優勝を経験している。すでに2度のW杯に出場しているベテランで、コンフェデレーションズカップでも印象を残すチャンスがあるだろう」


日本代表は6月15日の開幕戦で、ホスト国のブラジル代表と対戦。20日にイタリア代表と、23日にメキシコ代表と対戦する。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130523-00000006-goal-socc
 





1 :SAMURAI footballers がお送りします

コンフェデ楽しみ!



2 :SAMURAI footballers がお送りします 

吉田がファーストクラスてwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



3 :SAMURAI footballers がお送りします 

最近の遠藤みてると 衰えてきてると感じるので14年まで平気か
と不安になる




4 :SAMURAI footballers がお送りします 

本田、長友が入ってないことに驚いたがこれはこれでいいこと。



5 :SAMURAI footballers がお送りします 

コテンパンにやられるかもしれないけど真っ向勝負で立ち向かってくれ!
サムライブルー!




6 :SAMURAI footballers がお送りします 

こうゆうところでDFを紹介してくれるのは好感がもてるね。
二流紙は前の選手しか紹介しないからね。




7 :SAMURAI footballers がお送りします 

  • 強豪国に一発かましてやろうぜ!



8 :SAMURAI footballers がお送りします 

本田、長友は言わずすごいから言う必要なしって話なんだろ



9 :SAMURAI footballers がお送りします 

吉田が評価されているのがうれし
まだ若いし、これからもっと伸びるはず




10 :SAMURAI footballers がお送りします 

楽しみだけど、時間がね。特にイタリア戦は平日だもんね。半休貰おうかな?っか、臨時休業ならないかな?



11 :SAMURAI footballers がお送りします 

柿谷がみたい

W杯の秘密兵器になりうる




12 :SAMURAI footballers がお送りします 

遠藤の後継者が出てきてほしい



13 :SAMURAI footballers がお送りします 

日本から出てない遠藤がピックアップされるのはやっぱりすごいな