manuclbrag670reut


 英ミラー紙(電子版)は3日、欧州チャンピオンズリーグ8強による「パワーランキング」を発表。

(1)Bミュンヘン(ドイツ)
(2)Rマドリード(スペイン)
(3)バルセロナ(スペイン)
(4)Aマドリード(スペイン)
(5)パリサンジェルマン(フランス)
(6)チェルシー(イングランド)
(7)マンチェスターU(イングランド)
(8)ドルトムント(ドイツ)


と並んだ。

 準々決勝が行われる前、ベスト8の中で最弱といわれていたマンUは7位に“ランクアップ”。Bミュンヘンと引き分けた準々決勝第1戦の結果をふまえ「紛れもなくチームを乗せるパフォーマンスだった。この順位より上にしなかったのは、第2戦でBミュンヘンのような最高のチームに勝つことが、まだ想像できないから」としている。


Yahoo! : http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140404-00000084-nksports-socc

 

パス754本でマンUを圧倒したバイエルン 

チャンピオンズリーグ決勝トーナメント準々決勝ファーストレグが1日に行われ、マンチェスター・Uとバイエルンが対戦し、1-1の引き分けに終わった。試合はバイエルンがアウェーながらもボールポゼッションで70パーセントをキープ。パス成功本数を比べてもバイエルンが754本、マンチェスター・Uが231本と圧倒した。

 ジョゼップ・グアルディオラが新監督に就任したとき、「変えるのは少しだけだ」と言った。昨季3冠のバイエルン・ミュンヘンは何も変える必要のないチームだったからだ。

 しかし、いざシーズンが始まってみると変えたのは「少し」どころではなかった。グアルディオラ監督は、バルセロナの哲学と戦術をドイツ王者に持ち込んだ。バイエルンは、バルセロナではない。最近、フランツ・ベッケンバウアーが「これではバイエルンのサッカーではない」と、話したとおりである。


全文 → http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140402-00179301-soccerk-socc


twitterの反応

@RayKGM

まさかマンUが先制するとは思わなんだ



@sandracoon0808

マンUを上げるなら相対的に勝ちきれなかったバイエルンは下げるべきなんじゃw PSG頑張ったのにひどいなw



‏@Saki___teru

マンUがビュットナー→ヤングに対してバイエルンはクロース→ゲッツェだからねww選手層やべえわ。にしてもマンU頑張ったなー。ワンちゃんあるで




セカンドレグが楽しみです