images

 韓国メディアの傍若無人ぶりはとどまるところを知らない。昨年11月にサッカー日本代表の新ユニホームに、日本の軍国主義の象徴と批判する「旭日旗」が描かれていると難癖をつけたばかりだが、今度は6月に開幕するワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場する32カ国のユニホームを公式ホームページで発売している国際サッカー連盟(FIFA)に対し、日本のユニホームを「公然と販売している」ことにかみ付き、「即刻抗議してやめさせるべきだ」と主張する。「反日無罪」を“国是”とする韓国だけに、保守系の国会議員も尻馬に乗り、「FIFAの政治利用だ」と日本への制裁を求める始末だ。

(中略)

韓国のネットユーザーは「FIFAのブラッター会長は日本人からまた裏金をもらったんだね」「W杯をボイコットしなきゃ」などと見当違いの批判をする。これに対し、日本のネットユーザーは「最近になって思いついた反日設定を何の疑問もなく主張できちゃうのが凄いよね」「本当は分かっているけど、退くに退けなくなったんじゃないのか」など呆れるしかない。


(全文)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140419-00000553-san-socc

 

twitterの反応