article-0-1DEF065F00000578-128_634x435


ボスニア・ヘルツェゴビナ 2 - 1 コートジボワール

【得点者】
1-0 17分 ジェコ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
2-0 53分 ジェコ(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
2-1 91分 ドログバ(コートジボワール)

 ブラジル・ワールドカップに出場する国同士の対戦となった同試合。ボスニアはグループFに所属し、アルゼンチン、イラン、ナイジェリアと同組。一方のコートジボワールはコロンビア、ギリシャ、日本と同組のグループCに所属している。

http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20140531/194983.html?view=more

--- Sponsored LINK ---
  34b6cddac18fc47c0003a63de2b07492
34b6cddac18fc47c0003a63de2b07492

http://sportsnavi.yahoo.co.jp/special/wcup2014/friendly_match/bosnia_cotedivoire 



  ドログバのW杯出場は問題なし K・トゥーレはマラリアに感染
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140531-00000014-ism-socc

コートジボワールは現在アメリカで合宿を行なっており、30日にボスニア・ヘルツェゴビナとテストマッチの前の会見に臨んだドログバは「コンディションを取り戻し、いいレベルで合宿に臨めるよう懸命に取り組んできた」とコメント。状態はよく、W杯への準備はできていると述べた。

 一方、FIF(コートジボワールサッカー連盟)は、K・トゥーレがマラリアに倒れたと発表。チームドクターによると、同選手はプレミアリーグのシーズンが終了したのち、帰国の際にマラリアに感染した様子で、現在治療を受けているという。ドクターは「彼は安静にする必要があり、ボスニア戦には出られない。しかし来週には回復し、練習に復帰できるだろう」と述べている。

 なお、コートジボワール代表ではK・トゥーレの兄弟であるMFヤヤ・トゥーレ(マンチェスターC/イングランド)も先ごろ筋肉系の負傷により手術を受けており、チームへの合流が遅れている。

 article-0-1DEF065F00000578-128_634x435