article-0-1DEF065F00000578-128_634x435

英紙デイリー・ミラーによると、オーウェン氏は執筆したコラムの中で、W杯ブラジル大会について予想している。同氏は優勝候補にアルゼンチンを挙げ、「彼らはどのポジションにも優れた選手を擁している。メッシやアグエ口は氷山の一角に過ぎない。さらに、開催地が自国から近いため、地の利もある」とした。

http://news.livedoor.com/article/detail/8901676/

--- Sponsored LINK ---
 

また、好きなチームにアジアチャンピオンである日本を挙げた。同氏は「日本は実力の拮抗したグループに入った。ワールドクラスの選手が数人いて、五輪でのプレーも素晴らしかった。コンビネーションが素晴らしい」とし、「日本がベスト4に進むとは言えないが、ベスト8に進出する可能性はある」と語った。



twitterの反応