article-0-1DEF065F00000578-128_634x435

エルサルバドル 1-2 コートジボワール

【得点者】
0-1 9分 ジェルビーニョ(コートジボワール)
0-2 43分 ドログバ(コートジボワール)
1-2 75分 アルバレス(PK)(エルサルバドル)

国際親善試合が4日に行われ、エルサルバドル代表とコートジボワール代表が対戦した。

 ブラジル・ワールドカップ北中米カリブ海2次予選で敗退したエルサルバドルと合宿先のアメリカで対戦となったコートジボワールは、同試合が本大会前最後の国際親善試合となる。


http://www.soccer-king.jp/news/japan/national/20140605/196700.html?view=more

--- Sponsored LINK ---
 

日本とW杯ブラジル大会1次リーグ初戦(15日)で対戦するコートジボワールは4日、大会直前最後の親善試合を行い、エルサルバドルに2―1で勝利した。前半ジェルビーニョとドログバの決めた2得点で、後半PKによる1失点に抑えて逃げ切った。

 ドログバがジェルビーニョの先制弾をアシストし、自ら追加点を決めるなど攻撃陣は躍動。後半は格下相手に押される場面が多く、守備面では不安の残す内容となった。

 左太腿の負傷からチームに合流したばかりの主力MFヤヤ・トゥーレは、ベンチ入りしたが出場しなかった。




ヤヤ・トゥーレ 日本戦ぶっつけ本番
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140605-00000077-spnannex-socc

コートジボワール代表のサブリ・ラムーシ監督(42)は3日(日本時間4日)、本紙の独占取材に応じ、左太腿の負傷からチームに合流したばかりのMFヤヤ・トゥーレ(31=マンチェスターC)が、14日(同15日)の日本代表とのW杯1次リーグ初戦を“ぶっつけ本番”で迎える可能性を示唆した。

スタジアムのピッチ脇で取材に応じたラムーシ監督は、リラックスした表情で質問に答えていた。だが、話題がヤヤ・トゥーレに及ぶと表情が一変。4日のエルサルバドル戦について「我々はヤヤの状態についてかなり心配している。良い内容の試合をして日本戦に向け弾みをつけたいが、ヤヤをプレーさせるのはかなりのリスクだ」と欠場を示唆した。

 エルサルバドル戦はW杯前最後のテストマッチ。指揮官は「日本戦に出場するメンバーが中心」とベスト布陣で総仕上げする狙いだったが、ヤヤ・トゥーレの欠場によって早くもプランは崩れることになった。

 チームは日本代表と同じ7日にブラジル入りする予定ながら、指揮官は「暑いところ(ダラス)でかなり練習を積んだから、ブラジルで練習試合を組む予定は一切ない」と明言。ヤヤ・トゥーレは実戦感覚や、ケガの回復状況を正確に把握できないまま、ぶっつけで日本戦を迎えることが確実な状況だ。 コートジボワールの司令塔はこの日、故障について聞かれたくないのか報道陣の前を無言で通り過ぎた。ザックジャパンにとっては1次リーグ3戦目で対戦するコロンビア代表のエースFWファルカオのW杯欠場が決まったばかり。ヤヤ・トゥーレも試合勘が戻らない中での対戦となるならまたも追い風となりそうだ。


34b6cddac18fc47c0003a63de2b07492