201405290637238436931-p5

【グループC】<日本対ギリシャ>

過去には1度だけ対戦している両国。2005年のコンフェデレーションズカップで日本はギリシャに1-0で勝利した。

日本は初戦のコートジボワール戦で、クロスからのヘディングで2失点している。高さのあるギリシャは嫌な相手だが、目指すのは勝利のみ。


http://brazil2014.headlines.yahoo.co.jp/wc2014/hl?a=20140617-00000032-goal-socc

--- Sponsored LINK ---

 

『bet365』2.25倍、3.5倍、3.4倍
『Paddy Power』2.29倍、3.2倍、3.4倍
『William Hill』2.25倍、3.2倍、3.3倍。


いずれも左から日本勝利、ドロー、ギリシャ勝利のオッズ。
ブックメーカー各3社の予想では、共通して日本有利の見方。
『bet365』ではギリシャ勝利よりもドローのほうがオッズは高い。

ギリシャはCBのパパスタソプロス、そしてサルピンギディス。日本は森重、吉田のCB2人がイエローカードを1枚受けている。

日本代表は不安定な守備陣に、これ以上出場停止などの事態は絶対に避けたいところ。




ギリシャ戦へ厳戒態勢も家族の訪問でモチベーション上げる
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140617-00010009-footballc-socc 
201405290637238436931-p5

グループリーグ初戦のコートジボワール戦では、勝ち点3を逃しているだけに、第2戦ギリシャでは何としても勝利を手にしたいザックジャパン。

 とはいえ、ギリシャもコロンビアとの初戦を0-3で落としているだけに、日本戦には必勝を期して臨んでくるはず。3日後に迫った一戦に向けて厳戒態勢の中、チーム全体でもう一度集中力を高めていた。

 また、前日夜には選手の家族が施設を訪問。家族との触れ合いで選手もリラックスした様子。緊張の連続では試合前から気疲れしてしまうが、適度な切り替えで選手もモチベーションを高く保つことが出来るはずだ。