34b6cddac18fc47c0003a63de2b07492

 7月に「アギーレジャパン」発足へ!アギーレ氏も承諾済み!?

今季まで2年間指揮を執ったエスパニョールの幹部は、「アギーレは5月中旬に日本協会の人と会ってサインをした。ほぼ間違いない」と、同氏が日本協会と接触したことを明かした。W杯前でザッケローニ監督とも契約中ということもあり、正式契約ではないものの、就任の承諾を取り付けたとみられる。 


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140628-00000307-sph-socc

 

 アギーレ氏はエスパニョール退団後に代表チームを指揮する希望を示していたという。スペインの地元メディアも日本以外に、ギリシャ、カタール、サウジアラビアからオファーが届いていると報道。その中で5月下旬、ギリシャ代表の次期監督候補に別の指導者の名前が浮上した。この段階で同氏の選択肢は欧州以外となり、W杯に5大会連続出場中の日本行きを決断したものとみられる。

 



7月1日の臨時技術委員会で発表か!?
http://www.hochi.co.jp/soccer/japan/20140628-OHT1T50003.html

7月1日に日本代表のW杯での戦いを精査する臨時技術委員会

原専務理事も27日、帰国した。「検証して大仁会長に(話を)上げます」と7月1日に日本代表のW杯での戦いを精査する臨時技術委員会の招集を明言した。

 同時にザッケローニ監督の後任選定作業が、この報告書提出で開始。自らが次期代表監督の人選をするか否かは「協会に判断してもらうこと」とあくまでも技術委員会の判断に委ねる考えを示した。新生日本代表は9月5、9日に国際親善試合を予定。現時点でアギーレ氏が有力候補に挙がっているが「実績や日本の文化、特性といった今まである基準に照らし合わせたい」と強調した。




日本代表の再集合は9月!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140629-00000031-sanspo-socc 
34b6cddac18fc47c0003a63de2b07492\

中断中のJ1は7月19日に再開され、国内組は所属クラブで調整に入る。ただ1人のJ2所属であるDF伊野波(磐田)はリーグ戦が継続しており、7月5日の次節にも出場。12人いる欧州組のほとんどは8月中旬以降にリーグ戦が開幕。7月26日~8月4日に米国の10都市で行われる親善大会「インターナショナル・チャンピオンズ杯」にDF長友のインテル・ミラノ、FW香川のマンチェスター・ユナイテッド、FW本田のACミランなど欧州8クラブが参加するため、そこで“日本人対決”が実現する可能性も。日本代表は9月上旬に新監督のもと、再集合する予定。