「あと2センチずれたら下半身不随だった」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00000000-goal-socc 34b6cddac18fc47c0003a63de2b07492

ブラジル代表FWネイマールが10日、キャンプ地でチームメートと再会し、会見に臨んだ。ワールドカップ(W杯)準々決勝のコロンビア戦での負傷について、ネイマールはともすれば下半身不随になっていたかもしれないと明かしている。

多方面から批判を浴びているスニガは、ネイマールを負傷させる意図はなかったと強調し、「普通のプレーだった」と主張している。ネイマールによると、スニガ本人から連絡があり、謝罪を受けるとともに、ケガをさせるつもりはなかったと説明されたそうだ。

だがネイマールは、スニガを憎むことはしないとしつつ、「普通のプレー」ではなかったと話している。イギリス『BBC』など、複数のメディアがネイマールのコメントを伝えている。

「神様が祝福してくれたんだ。もしも(スニガのひざが入った位置が)あと2センチずれていたら、今僕は車いすに乗っていたかもしれない」

「スニガのことを憎んではいない。恨みはない。でも、何も感じないよ。彼がケガをさせようとしたとは言わない。でも、サッカーを知る人なら、あれが普通のチャージじゃなかったことは分かるはずだ」

 
201405290637238436931-p5

201405290637238436931-p5 (1)


回復は順調!スペインリーグ開幕セーフ!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140710-00000338-sph-socc

ブラジル連盟は9日、準々決勝のコロンビア戦で腰椎を骨折したFWネイマールが、オランダとの3位決定戦(12日・ブラジリア)を現地で観戦する予定であると明らかにした。また所属先のスペイン1部バルセロナは同日、全治4週間と診断され自宅療養中のネイマールを診察した結果、順調に回復しているとの見解を発表した。ブラジル連盟と治療方針を確認し、来月5日からはバルセロナに場所を移し、復帰へ向けた最終調整を行うことを決定した。同下旬のリーグ開幕戦(相手未定)出場を目指すという



ネイマールがチームメートを激励
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140711-00210806-soccerk-socc

負傷後初めてキャンプ地を訪問

ブラジル代表FWネイマールが10日、同代表のトレーニングキャンプ地を訪れ、チームメートを激励した。『FIFA.com』が伝えている。

 敗戦から2日後の10日、ネイマールはテレゾポリスを訪問。負傷後初めて、同代表のトレーニングキャンプに合流した。裸足でピッチ上を歩き、練習中だったチームメートに出迎えられた。


201405290637238436931-p5 (1)

ダウンロード

Getty%20Images