34b6cddac18fc47c0003a63de2b07492

--- Sponsored LINK ---
 

大久保と杉本を選んだ理由 

ダウンロード

 報道陣約50人、TVカメラ5台に加え、全ての代表スタッフが集められたホテルの一室で、代表指揮官は50分近く語り尽くした。「より選手を知るため。フットボールに関する私からのメッセージをダイレクトに伝えたい」と国内合宿の意図を説明。パワーポイントを使用して招集メンバー28人をポジション別に振り分けた映像を映し、選考理由について話した。

 昨夏のW杯ブラジル大会以来の復帰となったFW大久保(川崎)については「理由は簡単。2シーズン得点王を取ったし、今季も得点を取り続けている」。また、初選出のFW杉本(川崎)については「残念ながらJリーグでなかなかプレー機会がないが、私にとってクオリティーが高い。話をして、勇気を持ってもらいたい」と話した。

 2日間の国内合宿については、アルジェリア代表監督時代の経験を踏まえたものと明かし、「代表で競争意識を高め、国内の多くの選手を発見したい。良いプレーをすれば代表に入れるというメッセージを伝えたい」と熱く語った。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150511-00000049-dal-socc



武藤のチェルシー移籍について 

34b6cddac18fc47c0003a63de2b07492

 チェルシーからオファーを受けているFW武藤嘉紀(F東京)について質問された指揮官は「チェルシーが彼にどんなオファーをしたかは詳しく知らない」と前置きしたうえで、持論を展開した。

「チェルシーにはやり方があって、かなり多くの選手を買ったうえで(他クラブに)貸し出す。今も27人ぐらいがレンタルされているのではないか」。将来性のある若手選手を数多く抱えたうえで、積極的に他クラブにレンタル移籍させて経験を積ませるチェルシー。ハリルホジッチ監督は武藤の場合もまずは他クラブ、他リーグへレンタルとなる可能性が高いと考えているようだ。

「武藤の今のシチュエーションを考えると、もし向上したいのなら、ヨーロッパでプレーできるクラブを探すべきだと思う」。ポジションを勝ち取り、コンスタントにプレーできる環境を選ぶべきと語るハリルホジッチ監督は「彼と話をして、私のアイデアを伝えたい」と、今回の合宿中にも本人と話し合いの場を持つ方針。「ただ、最後は彼が決める。私ではない」と、最終的に結論を下すのは武藤自身であることも強調した。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150511-00531706-gekisaka-socc