ダウンロード

 

11歳のニッキーが受け取った、細貝からの小包
http://www.kicker-japan.com/2015/06/geburtstag-von-hertha-bsc-star-hajime-hosogai-ein-geschenk-mit-deinem-namen.html


「これからも幸運を、特に怪我のないように願っています」

それが、今シーズン怪我や病気に苦しんだ”ハッチ”に対する、ニッキーからの願いだ。

「ハッチに、自分のことを信じて欲しいんだ」それはニッキーがハッチを信じているように。それできっとうまくいく。またピッチで活躍する姿を多く見られるようになるし、そしてヘルタはもっと勝てるようになる。

11歳のニッキーは、細貝の活躍を伝える写真を切り抜いてアルバムを作成。本来あまりそういうことはしないのだが、しかしハッチのためになると信じて作った。

ニッキーは、細貝からのプレゼントに感謝していた。

全ての始まりは2014年7月30日。場所はノイルッピン。

小さな細貝ファンは、母ハイケさんと共に作成したプラカードを持参していた。そこに書かれていたのは「細貝選手、ユニフォームをください」というメッセージ。勇気を振り絞って細貝にお願いし、そしてユニフォームをもらったニッキーは涙を流し喜んだ。なおその様子は、ユーチューブなどにより日本へも伝わっている。

ヘルタの練習場では、足繁く通うニッキーの姿がある。そこで細貝を間近で見て、サインをもらったり、少しだけ言葉を交わしたりするのだ。

そして今年の3月おわり、ニッキーの誕生日から三日後にニッキー宛の小包が届いた。それにはヘルタ・ベルリンのテープが巻かれており、ニッキーは両親がヘルタ・ベルリンのグッズを注文してくれたと思ったという。

だが箱の中に入っていたのは、何と細貝萌のスパイクだった。しかもソールには、まだ芝もついている。ニッキー、そして彼の両親も、その細貝の温かさに大きな感動を覚えた。

その日から他のプレゼントは全て脇へと追いやられ、到着した夜はスパイクはニッキーのベッドのそばに。そして今は、ニッキーの『細貝専用ウォール』にある。

ノイルッピンでのあの日から1年。その間でニッキーは、一回り大きく成長した。戦う気持ちを持つこと、決して諦めないということを学んだ。

そして、夢は叶うということも。


ダウンロード