hamu

 

「パーフェクトなプレー内容」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150707-00781068-gekisaka-socc


「Jリーグプレシーズンマッチ ドルトムント アジアツアー2015」が7日、等々力陸上競技場で行われ、川崎フロンターレとドルトムントが対戦し、ドルトムントが6-0で快勝した。

 トップ下に入ったMF香川真司が躍動した。前半5分に右サイドのDFルーカス・ピシュチェクのクロスをヘディングで叩き込んで先制点をもたらすと、同37分には左サイドのFWマルコ・ロイスのグラウンダーのクロスを右足で合わせて自身2点目を記録した。

 この活躍に今季から指揮を執るトーマス・トゥヘル監督は、「真司が2ゴールを奪ったことは、パーフェクトなプレー内容でした」と絶賛。さらに、「日本のスタジアムで試合をできたことは光栄でしたし、黄色と黒のユニフォームを着た方がたくさんいたので感激しました」と素晴らしい雰囲気を作り出したサポーターに感激したようだ。