ダウンロード

--- Sponsored LINK ---

 

トゥヘル監督、先発起用のヤヌザイを絶賛「サイドを起点によく働いた」
http://www.footballchannel.jp/2015/09/18/post108796/
 

ドルトムントを率いるトーマス・トゥヘル監督が、ヨーロッパリーグ(EL)のクラスノダール戦で先発出場したMFアドナン・ヤヌザイの活躍に満足しているようだ。18日にクラブのオフィシャルサイトでコメントを発表している。

 リーグ戦で4連勝しているドルトムントはこの日も先にチャンスを作るが決めることができない。すると12分、クラスノダールのママエフが先制点を決め、ドルトムントは先に失点してしまった。追いかける展開となったドルトムントは、前半終了間際にマティアス・ギンターのゴールで同点に追いつき、さらに後半終了間際にもパク・チュホのゴールで2点目が決まり、2-1の逆転勝利で幕を閉じた。

 接戦となった試合だが、トゥヘル監督にとっては収穫も大きかったようだ。右ウイングのポジションで起用され、果敢にゴールを狙ったヤヌザイに対して賞賛の言葉を贈っている。

「彼はサイドを起点によく働いてくれた。予想以上に早くチームにフィットしそうだし、ベストを尽くそうとしている。彼はボールを扱うのがとても上手い選手で、1対1を仕掛けるのが好きだね」

 リーグ戦に続き、ELでも好スタートをきったドルトムント。今夏に加入したパクが結果を出し、ヤヌザイも期待できるようなプレーを見せている。トゥヘル監督のもとで結果を出し続けているチームは、今後どこまで躍進を遂げるのだろうか。