ダウンロード

 
引用元:http://ikura.2ch.sc/test/read.cgi/football/1444305552

198: 2015/10/09(金) 07:00:24.84 ID:jyVke/Tr0.net
なぜ彼らがあんなにプレッシャーを受けることなく、ロングボールを送れたのか分からない。これは致命的なミスだった。
https://www.youtube.com/watch?v=Ew06VFHDmdo


213: 2015/10/09(金) 08:33:25.44 ID:W9nCwcde0.net
>>198
アイルランドにも穴と思われてんじゃねえの

220: 2015/10/09(金) 09:51:10.99 ID:UwFx1RW70.net
>>198
こんなんワロてしまうわw

230: 2015/10/09(金) 10:37:32.78 ID:Qt1WpPT/0.net
>>198
アカン、アカンで

231: 2015/10/09(金) 10:40:53.18 ID:fDsUjcv50.net
>>198
コレはひどいw

238: 2015/10/09(金) 11:06:28.26 ID:MtI3PTn20.net
>>198
まーた同じことやられてんのかフンさんwwww

262: 2015/10/09(金) 11:45:17.06 ID:n8wm0jY20.net
>>198
ファーwwwwwwww
罰当たりwwwwww

199: 2015/10/09(金) 07:01:02.44 ID:kEQOtnl00.net
ドイツ負けたのかよw

200: 2015/10/09(金) 07:01:47.08 ID:CPUwnuWA0.net
え、ドイツ負けって、ウィーク明け大丈夫かいな…

201: 2015/10/09(金) 07:06:18.64 ID:G8zTh9wL0.net
ドル勢無残
アイルランド 1-0 ドイツ
スコットランド 2-2 ポーランド
北アイルランド 3-1 ギリシャ
フランス 4-0 アルメニア

202: 2015/10/09(金) 07:07:58.99 ID:gvJJ/mAQ0.net
レヴァはゴールしたん?

204: 2015/10/09(金) 07:12:25.93 ID:BUZPShKd0.net
>>202
もちろん
レヴァがチームを救った

205: 2015/10/09(金) 07:17:39.58 ID:NS+w59k70.net
>>204
さすがですわ
バロンドール取ってくれ

207: 2015/10/09(金) 07:21:49.97 ID:NS+w59k70.net
フンメルスメンタルやられたな
また過食しないといいが

208: 2015/10/09(金) 07:43:30.18 ID:QMNm7++90.net
バイエルン戦も調子悪かったんかな

214: 2015/10/09(金) 08:40:09.89 ID:s4OYZfUK0.net
ドイツ代表のフォメだが


    ゲッツェ   ミュラー

ロイス              エジル

    クロース    ギュンドアン

ヘクター              ギンター

    フンメルス    ボアテング

         ノイアー



ゲッツェの場所がレヴァだったら強そうだな
あと、香川ならドイツ代表スタメンにも入れそう
ゲッツェ外してトップ下に香川

217: 2015/10/09(金) 09:21:18.41 ID:eNexB6H90.net
フンメルスは前線に文句言ってたが、結局お前のせいじゃねえかw

233: 2015/10/09(金) 10:45:52.79 ID:U7797L210.net
クロップのとこ行きたいんじゃね?フンメルス

237: 2015/10/09(金) 11:05:38.26 ID:HIXjtH8D0.net
勝ったのは日本だけか。

239: 2015/10/09(金) 11:09:42.20 ID:uRmoOA+h0.net
ヨアヒム・レーフ監督(ドイツ):不要な負けだった。1つのミスが試合を決めてしまった。
(失点シーンは)先週のバイエルン対ドルトムントでも同じシーンがあったので、トレーニングでも確認していたが。
まずは、多くのチャンスをつくりながらゴールが奪えない状況を、打開することが先決だ。

マッツ・フメルス(ドイツ/ドルトムント):こういう戦い方をしてくる相手に対して、起きるべきことが起きてしまった。
立ち上がりはわれわれが多くのチャンスをつくることができたが、相手に一度のチャンスで得点を与えてしまった。
失点の場面で、ロングボールに対して自分があと2歩下がっているべきだった。自分だけのミスではないが、
自分のミスとして受け入れたい。