ダウンロード

 

本田と長友が1月にミラノから同時移籍へ イタリア人記者が断言
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151023-00010013-soccermzw-socc


地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のアレッサンドラ・ゴッツィーニ記者はこう分析する。

「私は移籍すると思う。マンチーニは長友を(リーグ戦で)起用していない。少ししかプレーさせておらず、他のサイドバックの選手を好んで起用している。どこへ移籍するかは、まだわからないけど、長友は国外移籍を好む可能性があるね。プレミア、もしくはスペインのセビージャ。イタリアからすでに数人の選手が移籍してプレーしているのは、長友にとって一つの解決法かもしれない。あとはガラタサライも候補。やはり移籍先候補は国外のクラブで、イタリアではないと思う。彼は年俸も高いし、イタリアのチームでは払えないから」

本田に関しては、「本田も、もうチームでほとんど構想外になっている。初めのうちはミハイロビッチも、彼にチャンスを与えた。今はあまり起用していないし、将来的にも起用するのは難しい。戦術を変えたこともあるしね。ベルルスコーニ杯でチャンスを与えられたけど、相手はインテルの若い選手たち。だから、本当のテストではない。(ナポリ戦後の)本田のあのクラブ批判も影響しているし、彼もミランを出ていく。国外移籍だろうね。プレミアかもしれない。高額の年俸を保証できるクラブでなければならない」