image

--- Sponsored LINK ---
 

格下相手に辛くも勝利
【日本 2-0 カンボジア 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

西川周作 6 
ほとんどボールが来ない状況でのプレーだったが、急に来たピンチを好判断で防ぐ。

吉田麻也 5 
相手のレベルが低いとはいえ、1対1の対応が軽い。スピードがなくカウンター対応には難があるにもかかわらず、槙野との関係性に工夫はなかった。

槙野智章 5 
パスコースに身体を向けてからパスを出すため、相手は対応がしやすい。逆にそうでないパスを出したときには、相手に引っかかってカウンターを食らった。

長友佑都 6 
相手と正対したときの1対1の強さはさすが。逆サイドからクロスが上がる際のポジショニングは悪い

藤春廣輝 5.5
集中を欠いたポジショニングであわや失点の場面を作る。攻撃時になかなか良いパスが出てこないのは不憫だったが、最後にらしさを発揮しアシスト。

遠藤航 5 
攻撃が長所の選手ではない。カンボジア相手ではボランチで良さを出せる場面は少ない。

山口蛍 6 
一つひとつのボールタッチが丁寧。ボールを置く位置が良いので、長短織り交ぜたパスをスムーズに出せる。守備の出足も速い。

香川真司 6 
状況を見てポジションを下げ攻撃の流れを作る。バイタルエリア付近でのプレー機会が少ないのは、香川の問題というより周囲の問題。

原口元気 5.5 
ゴールに結びつけるための目的を持ったプレーが多いが、工夫なしにゴール前に入りすぎ。

宇佐美貴史 5.5 

ボールを持ったときに良さが出せる選手である割に、ボールを引き出すことができていない。

岡崎慎司 6 
動きだしの良さとポジショニングの良さで得点の気配を感じさせる。PK失敗も得点は彼の飛び込みがあったからこそ生まれた。


柏木陽介 6.5 

正確なキックで数多くのチャンスを演出し、ゴールも生み出す。それほど守備機会がない相手であれば、守備時のポジション取りが悪くてもそれほど問題にならない。

本田圭佑 6 
シンガポール戦よりも動きが多く、チャンスに多く絡み得点も奪う。先発より途中出場のほうが良いかもしれない。

南野拓実 - 出場時間短く採点不可

ハリルホジッチ監督 5 
カンボジア相手にした遠藤のボランチ起用は完全に失敗。テストをするにしても、相手との関係性に即したものだったとは言い難い。柏木投入による修正は評価すべきものでもない。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20151117-00010034-footballc-socc