ダウンロード 
 
--- Sponsored LINK ---

 

チェルシーがイブラ獲得に週給4000万円でオファーか
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151208-01450074-gekisaka-socc


チェルシーがパリSGのFWズラタン・イブラヒモビッチに対し、週給21万5000ポンド(約4000万円)でオファーする準備を進めているようだ。英紙『メトロ』などが報じている。

 来夏にパリSGとの契約が満了するイブラヒモビッチは退団が濃厚と見られており、移籍先候補としてアーセナルの名前も挙がっていた。

 しかし、スペイン誌『ドン・バロン』はチェルシーもイブラヒモビッチ獲得に乗り出していると報道。週給21万5000ポンドという高額の給与を支払う準備をしているという。


image


イブラがチェルシー移籍を検討?古巣ミランより好条件
http://web.gekisaka.jp/news/detail/?177740-177740-fl


 パリSGのFWズラタン・イブラヒモビッチはがチェルシーへの移籍を考えているようだ。英紙『ESPN』が報じている。

 現在34歳のイブラヒモビッチはパリSGとの契約が今季までとなっており、古巣ミランやアーセナル、アメリカ挑戦も取り沙汰されていたが、ミノ・ライオラ代理人によれば、イブラヒモビッチを狙うクラブは30以上にものぼるという。

 同紙によると、ミランがイブラヒモビッチの復帰を狙っているようだが、チェルシーが給与面で良い条件を提示し、有利な立場に立っているという。チェルシーは現在、インテル時代に共にスクデットを獲得したジョゼ・モウリーニョ監督が指揮しており、前線の得点力不足に頭を抱えるチェルシーにとっては打ってつけの存在かもしれない。

 一方でフランスやイタリア、スペイン、オランダで多くのタイトルを獲得してきたイブラヒモビッチは先日、プレミアリーグへの挑戦は「もう遅すぎる」と一蹴していたが――。イブラヒモビッチの今後の去就に注目が集まる。