ダウンロード

 

フォルランが大活躍…ハットトリックと2アシストで5発大勝に貢献
http://www.soccer-king.jp/news/world/world_other/20160222/404216.html


ウルグアイ・プリメーラ・ディビシオン(1部リーグ)の後期第3節が22日に行われ、ペニャロールとデフェンソールが対戦。ペニャロールの元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルランが、3ゴール2アシストの大活躍を見せた。試合はペニャロールが5-1と大勝している。

 ホームゲームに臨んだペニャロールは26分に先制点を許したものの、39分からゴールラッシュを披露。口火を切ったのはフォルランだった。ペナルティーエリア左側でパスを受け、右足でカーブをかけたコントロールショットをゴール右隅へ突き刺す。44分にはこぼれ球を押し込み、逆転ゴールを記録。フォルランの2得点で、ペニャロールが2-1で前半を終えた。

 後半に入っても攻撃の手を緩めないペニャロールは、65分にセットプレーから追加点。ペナルティーエリア右手前からのFKでキッカーを務めたフォルランがゴール前へクロスボールを供給すると、ミゲル・ムリージョのボレーシュートがゴールネットを揺らした。

 リードを広げたペニャロールは81分、カウンターから左サイドのスペースに飛び出したフォルランがパスを受け、ダイレクトで中央へ折り返す。ファーサイドで待っていたムリージョが右足で合わせてチーム4点目を記録した。

 ゴールラッシュを締めくくったのはフォルランだった。85分、左サイドからの低いクロスに反応し、ニアサイドでヘディングシュート。強く首をひねって放たれた一撃は、緩やかな軌道を描いて相手GKの頭上を越え、ファーサイドへと吸い込まれた。フォルランが3ゴール2アシストを記録し、5-1での大勝に貢献した。

 前期リーグ15試合で勝ち点31を積み上げ、優勝を果たしたペニャロール。後期でも好調を維持し、開幕3連勝で首位を走っている。フォルランは前期リーグ全15試合に出場して4得点を記録。後期リーグでも開幕3試合全てに先発出場している。


▼1点目(右足でファーに巻いたゴール) 45秒くらい~

▼2点目(左足で押し込みゴール)  1分24 秒くらい~

▼3点目(難易度の高いヘディングで!)  2分19秒くらい~