クロップ、古巣ドルトムントへの愛は変わらず バイエルンの黒星に「ハッハッハッハ!」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160303-00000008-goal-socc


戦いの舞台をプレミアリーグに移しても、ユルゲン・クロップ監督のボルシア・ドルトムントへの愛に変わりはない。だからこそ、指揮官はかつてのライバルの黒星を喜んだ。

リヴァプールは2日、プレミアリーグ第28節でマンチェスター・シティにホームで3-0と勝利した。週末のキャピタル・ワン・カップ決勝ではシティに敗れ、タイトルを逃したリヴァプールだが、3得点を奪って見事に雪辱した。

同日の試合で2位トッテナム、3位アーセナルも敗れたことを受け、試合後のインタビューで上位陣との勝ち点差が縮まったと振られると、クロップ監督は「まだほかのチームの試合は知らないんだ」と返しつつ、こう続けた。

バイエルンが負けたのは聞いたけどね。ハッハッハッハ! 我々(リヴァプール)にとって大事なことじゃないけど(笑)」

バイエルンは同日のブンデスリーガ第24節で、マインツにホームで1-2と敗れた。今季初のホームでの黒星だ。同日の試合で勝利した2位ドルトムントとの差は、勝ち点5に縮まった。次節の直接対決次第では、その差が2まで縮まる可能性もある。

3日前に辛酸を舐めさせられた相手に快勝でリベンジし、古巣のライバルはまさかの躓き…クロップ監督が上機嫌なのも当然か。


--- Sponsored LINK ---
 
hamu

ダウンロード