ドルトムント対リヴァプールは今季最高の一戦か クロップ「昨日は対戦したくないと言ったが……」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160320-00010013-theworld-socc

hamu


古巣との対戦を喜ぶクロップ

ヨーロッパリーグ準々決勝で実現したドルトムントとリヴァプールの一戦は、間違いなく今大会最も面白いカードだ。リヴァプール指揮官ユルゲン・クロップにとってドルトムントは自身の評価を高めた特別なクラブであり、それを引き継いだトーマス・トゥヘルもチームを新たなレベルへと押し上げている。

どちらもクロップが作ったチームらしくハイテンションなスタイルを好んでおり、今回の一戦もかなり激しい戦いとなるはずだ。英『Daily Mail』によると、クロップも今回の抽選結果を喜んでおり、準々決勝で彼らを倒して優勝すると意気込んでいる。

昨日はヨーロッパリーグの優勝候補とは対戦したくないと言ったが、優勝したいのなら準々決勝で彼らを倒さなくてはいけないんだ。私はドルトムントに今自分が率いているチームを紹介できるのが嬉しいよ。この街とスタジアムを見てもらえることもね。これはフットボールだけが描けるシナリオだ。全てが嬉しいよ

縦へのスピード、他を圧倒する運動量、そして両指揮官の情熱。これほど熱い試合はチャンピオンズリーグでもなかなか見られないものだ。勝敗関係なく、非常に面白いゲームが展開されることだろう。

http://www.theworldmagazine.jp/