1: 2016/05/03(火) 12:59:07.16 ID:CAP_USER9
岡崎慎司とレスターの“相思相愛な関係”
快挙を支えた精力的なプレーと人間性

田嶋コウスケ
2016年5月3日(火) 11:35

1年前は残留争いをしていたチームが初の快挙

オールド・トラフォードでの決定はかなわなかったが、翌日、トッテナムが引き分けたことでレスターのリーグ制覇が決まった
no title


 レスター・シティが、ついに栄冠をつかんだ。

 1884年創設のレスターにとって、トップリーグでの優勝は初の快挙。思い返せば、ちょうど1年前の今ごろは残留争いを演じていたが、わずか12カ月後に猛者ぞろいのプレミアリーグで頂点に立った──。

 そして、イングランド挑戦1年目の岡崎慎司にとっても、まさかの国内制覇となった。日本人選手としては、2001?02シーズンにアーセナルで優勝した稲本潤一(リーグ戦の出場はなかった)、12?13シーズンにマンチェスター・ユナイテッドに在籍していた香川真司に次いで3人目の偉業達成だ。

 5月1日、「夢の劇場」オールド・トラフォードでの優勝決定はかなわなかったが、翌日に2位のトッテナムがチェルシーと引き分けたことから、レスターのリーグ制覇が自動的に決まった。

 レスター市内のバーと中継を結んだ国営放送『BBCニュース』はトップニュースでレスターの優勝決定を伝え、「個人競技ではあり得るが、団体競技のリーグ戦ではまれに見る世紀の大番狂わせ」と報じた。まさに、奇跡のリーグ優勝である。

「FWの4番手」から欠かせない存在に

 とにもかくにも、今季のレスターはサプライズの連続だった。「降格候補」のはずの彼らが昨年11月下旬に初めて首位に立つと、シーズンの折り返し地点を2位でターン。ここから順位を落としていく……と思いきや、むしろ守備の安定度を高めて、組織として成熟度をどんどん深めていった。

 同様のことは、岡崎にも当てはまる。入団当初の序列は「FWの4番手」。開幕当初にレギュラーの座をつかみかけたが、秋ごろになると控え要員となり、先発とベンチスタートを繰り返した。しかし、年が明けると定位置を確保し、1月13日のトッテナム戦からは、不動のレギュラーとして16試合連続の先発出場。今や、レスターにとって欠くことのできない存在になった。

 では、なぜ岡崎はここまでレスターにフィットできたのか――たたでさえ、外国人選手には適応が難しいとされるプレミアリーグが舞台である。さまざまな要因が考えられるが、2つのテーマからその理由を探ってみたい。

http://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201605030001-spnavi

 
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1462247947
2: 2016/05/03(火) 12:59:27.01 ID:CAP_USER9

岡崎によってレスターが手にした最適なバランス

ラニエリ監督(中央)は秋口まで試行錯誤を続けたが、やがてバーディーと岡崎を2トップに据えた4?4?2が不動の布陣となった
no title


 1つ目の理由として挙げられるのが、彼のプレースタイル、そして柔軟な発想力である。振り返ると、プレシーズン中のレスターは陣形も人選も定まらず、試行錯誤を繰り返した。“ティンカーマン”(下手な修理工)との評判通り、就任1年目のクラウディオ・ラニエリ監督は3?4?3や4?3?3、3?5?2と試合ごとに布陣を変えていた。それは岡崎の役割も一緒で、3トップのサイドや3?5?2のトップ下など、複数のポジションをこなした。

 しかしサンダーランドとの開幕戦で、ラニエリは現在の基本陣形である4?4?2を採用する。この策が見事にハマり、バーディーと岡崎が前線から敵を追いかけるプレッシングサッカーが威力を発揮した。しかし、イタリア人指揮官はこれだけに満足せず、シーズン序盤は4?1?4?1を併用。人選を含めたラニエリの試行錯誤は秋口まで続き、今季MVP級の活躍を見せたセントラルMFのエンゴロ・カンテでさえ、当初はサイドMFで起用され、岡崎はベンチを温める試合が増えていった。

 だが結論から言えば、バーディーと岡崎を2トップに据えた4?4?2以外は機能しなかった。岡崎が2トップの一角に入った4?4?2でスタートし、ハーフタイムにその日本代表FWを途中交代させた上、4?1?4?1に変更して2?5と大敗を喫した第7節のアーセナル戦がその最たる例である。

 中盤まで下がって守備をこなしながら、前線まで突っ走ってゴールを狙う──。こうした岡崎の精力的なプレースタイルが、レスターのプレッシングサッカー、堅守速攻のスタイルの肝になっていたのはあらためて言うまでもないだろう。守備一辺倒にならず、かつ前傾姿勢にもなりすぎない。岡崎がピッチを何度も上下動することで、レスターは最適な陣形バランスを手にしたのだ。人よりも1.5倍近く走っている岡崎の脚力により、レスターは絶妙な攻守のバランスを生み出すことに成功した。

4: 2016/05/03(火) 13:00:36.86 ID:CAP_USER9

バーディー「シンジとの相性は良い」

今季ゴールを量産したバーディー(下)も岡崎の恩恵を受けた
no title


 しかも日本代表FWは、守備でガツガツいきながらゴールを目指すプレースタイルを、「チームでそういうタイプがいないから」と自ら率先して実践した。ラニエリ監督は攻撃面での指示がさほど多くないだけに、岡崎の高いサッカーIQと発想力、思考力を駆使し、レスターのサッカーにハメていった感は強い。

 そして同時に、最前線でプレーするバーディーも恩恵を受けた。岡崎が中盤から前線まで広く駆け回ることで役割分担が明確になり、ゴールに集中できるようになった。今季は第36節時点で22ゴールを量産。イングランド代表FWはこう証言する。

「互いに補完性があるから、シンジとの相性は良い。シンジは、中盤まで降りて守備やパスワークに参加する。おかげで、俺は敵の背後へ抜ける動きに集中できる。チームの狙いは前線から圧力をかけ、できるだけ高い位置でボールを奪うこと。その意味でも、シンジのプレースタイルはレスターに合っている」

 英紙『デーリー・テレグラフ』も「最前線にいるバーディーがDFラインの背後を突く。岡崎が遅れてゴール前に入ることで、アタックに厚みが生まれている。こうなると、相手としても守備の的を絞りにくい」と指摘する。2人の連係は攻撃面で相乗効果を生んだ。

 シーズン後半戦になると、ラニエリは岡崎を含めてメンバーを固定して戦った。先発のイレブンは、ほぼ不動。”ティンカーマン”でさえ、イジる必要がなかったということだ。

5: 2016/05/03(火) 13:01:36.89 ID:CAP_USER9

 仲間から愛される前向きな人間性

ここ16試合、岡崎(20)が試合終了のホイッスルをピッチで聞いたことは1度もない。前線でひたすら走り回っている証拠だ
no title


 2つ目の理由は、岡崎の前向きな人間性にある。高級紙『ガーディアン』のダニエル・テイラー記者が「プロ意識が高いと評判」と語れば、地元紙『レスター・マーキュリー』のロブ・ターナー記者も「礼儀正しくて常にスマイル」とコメント。クラブ広報のリチャード・メローさんも「親しみやすくてナイスガイ」と皆、口をそろえる。レスターの関係者で、岡崎のことを悪く言う人間に会ったことがない。

 それは選手たちも一緒だ。取材エリアで岡崎から話を聞いていると、チームメートたちが笑顔でちょっかいを出してくる。主将のDFウェズ・モーガンが岡崎の胸を触って笑わせれば、控えMFのアンディ・キングもウインク。「みんなのシンジ」という雰囲気が、筆者にも伝わってくる。

 同時に、愛すべきイジられキャラでもある。チームメートと興じるためにニンテンドーDSをなぜか6台も買わされ、「そうなんすよ……」と苦笑いを浮かべたことがあった。そんな岡崎だから、仲間の冗談もエスカレートする。

「いつも60分で交代させられるから、みんなに茶化されるんですよ(笑)」

 16試合連続で先発を続けている間、岡崎が試合終了のホイッスルをピッチで聞いたことは1度もない。理由はシンプル。前線でひたすら走り回って活力を注入し、少しでも疲れが見えたところで途中交代になっているからだ。この件について、「シンジをいつも茶化しているようだけど……」と質問を受けたマーク・オルブライトンは、間髪入れずに切り返した。

「たしかに、そうだね。でも僕は、そのことでシンジをからかったことがないんだ」

 ボソッと、さり気なく語った言葉だった。しかし、そこには彼の強い意志も感じられた。アストンビラを放出され、レスターにたどり着いた苦労人でもあるオルブライトンは言葉をつなぐ。

「シンジは、ハードワークを信条とするファンタスティックな選手。走り回って敵のDFに休む暇を与えない。チームにもすっかり溶け込んでいるし、僕らにとって素晴らしい補強だった」

 オルブライトンの言葉から伝わってきたのは、岡崎への惜しみないリスペクトだ。日本代表FWの献身的な走りがチームにとって大きな価値があること。そして、ハードワークのゆえに途中交代を強いられていることを、きちんと理解しているのである。

6: 2016/05/03(火) 13:02:36.86 ID:CAP_USER9

岡崎がゼロから築き上げた信頼関係

「毎試合、シンジは身を粉にして戦っている」とドリンクウォーター(右)も日本代表FWを絶賛【写真:ロイター/アフロ】
no title


 もちろん、他の仲間たちも一緒だ。日本代表FWがオーバーヘッドで豪快にゴールをたたき込んだ3月14日の第30節ニューカッスル戦。MFのダニー・ドリンクウォーターは「毎試合、シンジは身を粉にして戦っている。今日のゴールにふさわしい貢献をしている。特別な瞬間、そしてゴールだった」と目を細めていた。岡崎はほんとに良いクラブに移籍したなと、彼らの言葉からそう強く感じたのだった。

 当然、岡崎の努力もある。イングランドでは通常、外国人選手に通訳をつけることはまれで、練習やミーティングを独りでこなしている。多少文法が間違っていようが、積極的に英語でコミュニケーションをとろうとする岡崎の姿勢は、英人記者にも好印象を与えている。さらに、ポジションをかけて争うレオナルド・ウジョアがゴールを決めれば、歩み寄って一緒に祝福。試合後は出待ちのサポーターへのファンサービスを欠かさない。

 こうした岡崎のひたむきな姿勢、誰からも慕われる人柄を、選手やスタッフも気がついている。シーズン開幕当初、岡崎は「チームで『誰だこいつ──』ってところから始まっている。ブンデスリーガで二桁ゴール奪ったことなんて知られていない」と漏らしたこともあった。あれから、約10カ月──。「回ってこない」と嘆いていたパスは、自然と彼の足元に入るようになった。

 新天地で岡崎がゼロから信頼関係を築き上げたことも、間違いなく本人、そしてレスターの成功の一因である。

3: 2016/05/03(火) 13:00:23.88 ID:9JJwgD3u0
レスター優勝の立役者岡崎
素晴らしすぎる

13: 2016/05/03(火) 13:08:47.34 ID:jmkObQm90
走らせる選手はきちんと交代させて
コンディションを維持させてあげる
選手はそれがわかれば全力で応えられる

ラニエリの有能さだよ
一流の監督は選手の疲労に対してケアできる

15: 2016/05/03(火) 13:10:09.93 ID:kl55mqmG0
>>13
カンテと岡崎はラニエリが育てた

16: 2016/05/03(火) 13:10:42.73 ID:9D9QxIAv0
岡崎は走り回って前線でDFしてるだけ
失点減らしたってFWなんだから点取らないとダメだろ

19: 2016/05/03(火) 13:11:52.59 ID:YZbEsI1W0
すき焼きで言えば、メインの具である肉はもちろん、
ねぎやしらたきですらない。
それ所か醤油でも、卵でも、砂糖ですらない。

岡崎は日本酒。
なくてもすき焼きとして成立するが、隠し味に入れると
調和がとれてグッとおいしくなる。

23: 2016/05/03(火) 13:12:32.12 ID:D33BxOp90
岡崎引き抜かれちゃうの?
これ以上抜かないであげて

25: 2016/05/03(火) 13:14:43.09 ID:ebins0Nu0
もはや


世界のザキオカ

26: 2016/05/03(火) 13:15:24.02 ID:cI3/V6KG0
この二人は岡崎にパスだしてくれる

27: 2016/05/03(火) 13:15:34.32 ID:50hOsrc70
さすが我らがシンジやで

34: 2016/05/03(火) 13:19:11.45 ID:mg1EbctW0
一般的なFWはもっとゴールに近い位置でプレーするし、その結果決める決めないは別として多くのシュートチャンスがある

FWなのにボランチやったりSBやったり上下左右走り回って疲れて途中交代ばっかでチャンスも少ない中での5ゴールってそこそこ凄いと思うんだけど

35: 2016/05/03(火) 13:22:28.50 ID:ToRGZpB00
奴が俺にスペースを与えてくれて点が取れているんだ
来期も同じように頼むぜ!