1: 2016/08/12(金) 13:49:50.20 ID:CAP_USER9
決勝トーナメント進出をかけ、運命の第3戦を迎えたリオデジャネイロ・オリンピック日本代表。1?0と勝利を収めたが、惜しくもグループ3位に終わり大会を去ることになったチームの様子を、現地で取材を続けているスポーツライターの飯尾篤史氏に聞いた。

??第3戦のスウェーデン戦に1?0と勝利を収めました。前半に耐えて後半勝負という展開になったと思います。狙いどおりだったのでしょうか。

いえ、狙いとは違うのではないかと思います。2試合続けて先制点を奪われているので、先に失点したくないという想いがあったのは確かだと思いますが、それ以上に、先制点を取りに行くことを重視していたと思います。

というのも、アジア最終予選の時からスーパーサブとして起用され、ナイジェリアとの初戦でも後半から出てきた浅野拓磨がスタメンに名を連ね、コロンビアとの第2戦でジョーカーとしての役目を果たした大島僚太と南野拓実の二人もスタメンに復帰しました。

つまり、手倉森誠監督はジョーカーを懐に備えず、ベストメンバーとも言える顔ぶれを前半からピッチに送り出しました。だから、先制を与えないように慎重に入りながらも、前半のうちに勝負を決めたい、ゴールを取りに行くというプランだったと思います。

でも前半、日本はボールを保持して主導権を握りながらも、スウェーデンのディフェンスをこじ開けられませんでした。ブロックを敷かれたところを崩せずに0?0で折り返したのは悪くはなかったけれど、プランとはちょっと違ったと思います。

??日本の狙いとしては、早い時間に勝負を決めたかった。

そうですね。早めに先制点がほしかったでしょうし、前半に勝負をつけたかったんだと思います。

??その前半ですが、身体が重いのかなと感じました。

確かに動きも重かったですね。浅野や南野、大島、中島翔哉を使っているのに(攻撃の)エンジンがなかなか掛かりませんでした。日本がボールを保持して主導権を握っているようで、スウェーデンの思惑どおりに進んでいるような感じがありました。

ただ、日本としては前がかりになりすぎてカウンターを浴びるのを警戒した面もあったかもしれません。

??前半は思うような形にならなかった日本ですが、チームは1分け1敗でスウェーデン戦を迎えていました。決勝トーナメント進出への条件などが、選手たちにプレッシャーを与えていたようなことはあったのでしょうか。スウェーデン戦に臨むチームの雰囲気はどういったものでしたか?

手倉森監督は「このチームは逆境を迎えることが普通なんだ」と話していました。この世代はU-19アジア選手権を突破できなかった世代で、リオ五輪の最終予選も突破できないんじゃないかという不安の声が高まっていました。大会の最中もイランやイラクに苦しみながらも勝利して勝ち進み、韓国との決勝でも0?2からの逆転に成功しました。

逆境に置かれた中でたくましさを少しずつ増してきたチームなので、今回の逆境も「ここを乗り越えてこそのチームだ」というアプローチを手倉森監督はしてきたようです。

決勝トーナメント進出のためには、ナイジェリア対コロンビアの結果が重要になってきましたが、その状況を気にするのではなく、まず日本が勝たないといけない。とにかくスウェーデンに勝つことが第一でした。

ナイジェリア戦での5失点から始まった今大会ですが、コロンビア戦では90分を通していい内容の試合をして0?2から2?2に追いつきました。短期間で成長してきたので、スウェーデン戦はもっと良いゲームを、今度こそ勝ってやるというポジティブな雰囲気に包まれていました。ですから、スウェーデン戦は平常心で臨めていたと思います。
 
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1470977390
2: 2016/08/12(金) 13:50:09.64 ID:CAP_USER9
0-0で迎えた後半。手倉森監督は矢島慎也、鈴木武蔵を投入しました。

大島が遠藤航と話し、少し高い位置に入ったことで、バイタルエリアやペナルティエリアに近いところで崩しの仕事に絡む場面が増えました。得点シーンも、その大島の突破から矢島が決める形になりましたね。苦しい状況でスウェーデンからゴールを奪って1?0で勝利をしたことは、このチームのたくましさや成長だとも感じました。

??第3戦に勝利しましたが、残念ながら日本は決勝トーナメント進出を逃す結果となりました。改めてリオ五輪での戦いを振り返ると、結果の分かれ目となったポイントはどこにあったのでしょうか?

初戦がすべてでしたね。1994年生まれ世代はU-17ワールドカップに出場していますが、この世代はU-20ワールドカップの出場権も逃しているため、世界大会の出場経験者が多くないチームでした。そのため、初戦の入り方も手探りの状況だった。

気負いやプレッシャーとの付き合い方も難しい中で(ナイジェリアに)先制され、その失点を引きずって改善できないまま5失点してしまった。初戦での勝ち点の落とし方がポイントだったと思います。

オーバーエイジ(OA)の選択も世界大会を経験している選手ではなく、A代表に定着しておらず、ロシアに向けて若い選手とともに経験を積ませるという意図で選出しています。興梠慎三はベテランだけあって力を発揮していましたが、藤春廣輝、塩谷司は気負いやプレッシャーもあったでしょう。DFライン4人中2人がOAということで連携面などの構築も難しかったと思います。

8d1afbae7651aa1557843d6f0cec7b48

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160812-00000008-goal-socc

6: 2016/08/12(金) 13:53:33.30 ID:ki8ZR6Hm0
よし課題は見つかったな
溜まっていくばっかりだけど

8: 2016/08/12(金) 14:06:00.84 ID:shcFKlUx0
サッカーばかりがスポーツではないと気付いちゃったよね。
昔の野球みたいなもんだよね。たくさんスポーツはあるんだよ。
色々やろうぜ。

10: 2016/08/12(金) 14:07:11.79 ID:8cY+1O1q0
強豪国は大会中に修正できるかもしれないが
日本クラスだと最初から力を発揮しないと国際大会で勝ちあがるのが大変だと改めて認識できた
今回は最初の2試合でOAが試合を壊しちゃったからな

11: 2016/08/12(金) 14:07:40.26 ID:wXSlSHeuO
初戦は櫛引じゃなくて
中村で行くべきだったと
言及したメディアや評論家っていたっけ?
自分は見たことがないわ
あまりにも不自然なんだけど櫛引のことはタブーなのか

15: 2016/08/12(金) 14:11:51.97 ID:9hgQF3h00
藤春はずしたら無失点

19: 2016/08/12(金) 14:23:24.25 ID:3TXwNLqY0
いやいやいや(ヾノ・∀・`)
今回は突っ込みどころが多すぎて批判どころの話ではないなあ

20: 2016/08/12(金) 14:23:47.46 ID:JKDXYGaG0
つか新聞記者全然サッカー見てないのな
あとスレ立てする奴はユニコード扱えるエディタ使え

21: 2016/08/12(金) 14:23:48.08 ID:qvfBQpIn0
他競技の白熱もあり、サッカーがいかに退屈なスポーツかを認識させられたな。
やってたことをすっかり忘れてたわ。
そして気がついたら予選敗退してるし

22: 2016/08/12(金) 14:24:32.29 ID:3TXwNLqY0
ナイジェリアが主力休ませた段階で日本の敗退が決まった
グループリーグは初戦がすべて
あの第一試合で負けてなければなあ、第三試合では既に挽回は無理

24: 2016/08/12(金) 14:26:30.53 ID:YycqlXuk0
サッカーはいつも負けても内容では勝てた、勝てる相手だった、いい試合をしただね
選手たちもそんな気持ちだから勝てないんだろうな

25: 2016/08/12(金) 14:28:11.93 ID:9g77FEHv0
俺の中じゃ藤春しか記憶に残らなかったわ

36: 2016/08/12(金) 15:09:11.93 ID:3TXwNLqY0
とにかく初戦では勝って欲しかった
今の組織にはなんで初戦で負けたのかだけ分析をやり直してくれ
正直第三試合はもうどーでもいい
今回のグループリーグは第二試合で終わったんだから

42: 2016/08/12(金) 15:23:55.91 ID:dMMbQmEv0
>>41
そんな日本中みんな知ってるあのプレーを今さら丁寧に説明してもな