1: 2016/11/25(金) 17:21:18.00 ID:CAP_USER9
1861f5e4e866984c246dd419d3b6a992

「率直な感想を言うなら、岡田、ザッケローニ時代と比べ、大まかな印象は変わらない」

 
 ロシア・ワールドカップアジア最終予選、サウジアラビア戦を検証したヘスス・スアレスは感想を語っている。
 
「攻撃の選手は俊敏でテクニカルでハイテンポだが、攻め急ぎすぎる。慌ただしく、緩急の変化が乏しい。やはり、最大の課題は守備だろう。なにひとつ解消されていない。人に対して弱い、という表現では足りない。球際だけの問題ではないだろう。ボールとスペースだけ見てしまい、人を見れないために読みが浅く、こぼれ球の反応が悪く、オフサイドにかけて攻撃を一網打尽にするような試みもない」
 
 スペイン人記者、スアレスの論説には一切の容赦がない。『ワールドサッカーダイジェスト』で20年近く連載。「名将への挑戦状」「戦術への挑戦状」(東邦出版)などたくさんの著作も出版している。


 シニカルで鋭い視点は人気を博し、ヨハン・クライフ、ジョゼップ・グアルディオラ、ホルヘ・バルダーノ、キケ・セティエン、マウロ・シルバ、フラン、ファン・カルロス・バレロンなど名士たちとの交流も深い。
 
 日本代表についても、定点観測してきた。
「速い攻撃を志向? それは精度の悪い攻撃ということか?」
 スアレス節で、ハリルジャパンの現在を解析する。
 
「日本はサウジを相手に攻撃を仕掛けていた。その点は間違いない。しかし、攻撃をしていたが、それは"支配していた"と同義語ではない。日本は攻めはしたが単発で、支配はできなかった。攻めている時の選手の距離感が悪く、セカンドボールを拾えるポジションを取れず、そのため波状攻撃にもなりにくい。カウンターの意識だけが強く、PAUSA(プレーを停止し、緩急を生み出す)に欠け、攻め急ぎ、効果的ではなかった」
 
 スアレスは「支配できていない」攻守に関して、辛辣を究めた。
「攻撃に関しては、清武弘嗣がスキルの高さを見せている。キックの質が高い。とりわけ、セットプレーは有力な武器になるだろう。しかしチームとしては凡庸だった。PAUSAを用い、幅を使えたら、(相手のレベルを考えたら)もっと簡単に得点を取れただろう。速い攻撃を目指しているらしいが、私に言わせれば、精度、質を落としていたに過ぎない。実際、シュートの瞬間、精度を欠いていた」


つづく

SOCCER DIGEST Web 11/25(金) 6:00
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161125-00020836-sdigestw-socc&p=3
 
ウイニングイレブン2017

ウイニングイレブン2017

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1480062078

2: 2016/11/25(金) 17:21:32.01 ID:CAP_USER9
◆「大迫が絶賛されているが、岡崎のプレーの質には及ばない」

 そして、CFの大迫については、
「大迫勇也というストライカーが絶賛されているようだが、私にとっては、岡崎慎司のプレーの質に及ばない。岡崎の動き出しやゴールセンスは、スペイン人である私が語るまでもないだろう。レスターで定位置を失い、代表でも不調ということだが、攻撃において速さばかりが求められることに、むしろ疑問を覚える。クラウディオ・ラニエリも含め、岡崎を使い切れていないだけ。ザッケローニ時代のほうが、そこは可能性を感じさせた」
 
 ボールありき、を理念にするスアレスは、ウナイ・エメリ、ディエゴ・シメオネ、ジョゼ・モウリーニョにも苦言を呈する。受け身の戦術の正当性を認めない。プレーヤーの創造性を殺すだけだからだ。
 
「(ヴァイッド)ハリルホジッチ監督は守備の改善に力を入れている、と聞いた。選手は個人で守る意識は強くなった。しかし、それぞれが相手選手に食いついてしまっている。結果、守備ブロックは形だけ。欧州や南米の強豪が相手なら、簡単に突き崩されるだろう。そもそもハリルホジッチはブラジル・ワールドカップのアルジェリアで、組織的な守備を作れていない。選手にインテンシティを要求し、走り続けて立ち向かったが、最後は力尽きている」
 
 スアレスはインテンシティよりもインテリジェンスを重んじる。彼はサウジ戦に勝利した事実よりも、「追いつかれなかったのは僥倖」と主張した。
 
「日本は2点リードした後、ゲームを"ゴミ箱に入れる"という戦い方をしている。"勝ち逃げ"と言い換えられるが、つまりはボールプレーを捨てることだろう。最後の10分間、日本はろくにボールを持てていない。これで気持ちまで守りに入り、アドレナリンが消え、尻尾を丸めた格好になった。こうなると相手のなすがままとなって、思考回路が停止してしまうのだ。
 
 象徴的なのが、失点シーンだろう。MF山口蛍は侵入してきた選手に不用意に食いついて背後を取られ、難なくラインを突破され、シュートに持ち込まれている。さらに、GKがブロックした後のこぼれ球、MF長谷部誠はポジションを取れておらず、足が止まっていた。1点差に迫られた後、日本の選手は『時間よ、過ぎてくれ』と祈るだけだった。フットボールに対する背信は必ず報いを受ける、それが私の哲学である」

◆「フットボールを最も感じたのは、本田、長友のコンビネーションだった」

 そしてスアレスは、国内では叩かれている"意外な選手"に評価を与えている。
「本田圭佑が左サイドに流れ、パス交換をしながら、幅を使い、PAUSAを使えていたシーンは特筆に値する。長友佑都へのパスのタイミングは抜群で、時間的、空間的優位を生み出していた。また、長友が前に持ち出す精度、わずかに後ろに流すようなラストパスも素晴らしかった。相手の逆を突いており、これによって原口元気はシュートでアドバンテージを得ていた。
 
 このゲームのMAN OF THE MATCHが原口であることに異論はない。彼はゴールに向かうプレーに俊敏さとダイナミズムを感じさせ、サウジにダメージを与えていた。日本人を象徴するような選手かも知れない。しかし、フットボールを最も感じたのは、本田、長友のコンビネーションだった」
 
 スアレスは著書の中で、ブラジル・ワールドカップの日本の負け方を予言的に指摘している。それは主に守備の破綻だった。ハリルホジッチはまさにそこにてこ入れを加えているわけだが……。まだ、道半ばということか、あるいは誤った道を辿っているのか。
 
「厳しいことを言ってしまったかもしれない。しかしそれは、日本のポテンシャルを知っているからこそ。心から健闘を祈りたい」

文:小宮良之(スポーツライター)

3: 2016/11/25(金) 17:22:41.71 ID:D99edAHS0
本田の断末魔

4: 2016/11/25(金) 17:26:43.12 ID:HHz9zZIm0
早い縦パスを後ろ向いて受けてからターンする所で
足元がおぼつかなかったり詰められたりしてボールロスト
もうずっとこれ

11: 2016/11/25(金) 17:32:37.56 ID:+wigB4jj0
>>4
素人だが、相変わらずトラップが下手クソのままか。
野球はキャッチボール、バレーはボールを殺す、
バスケットはパスキャッチが重要なんだよな。

6: 2016/11/25(金) 17:28:20.11 ID:eVs//6+A0
昔から

7: 2016/11/25(金) 17:29:11.60 ID:W+xsUj/O0
>PAUSA(プレーを停止し、緩急を生み出す)

これ出来るのが本田と遠藤だけだから本田外すなら遠藤を居れた方がいい。

10: 2016/11/25(金) 17:31:03.35 ID:akjGwogt0
いつものド素人英国人に解析してもらおうぜ

12: 2016/11/25(金) 17:33:41.10 ID:EBeuQ4G60
こいつ監督で良くね

13: 2016/11/25(金) 17:34:26.04 ID:aJMiKX5z0
スペイン人記者とかイギリス人記者とかそういうの気持ち悪い。

14: 2016/11/25(金) 17:34:40.26 ID:AlFTWLI+O
つうか最大の誉め言葉じゃんw
だって落ち目スペインみたいなポゼッションサッカー捨てたからなw
スペイン人にディスられるのはよい傾向
まあ決してカウンターとして完成はされてないがな

15: 2016/11/25(金) 17:34:56.50 ID:JpameqQq0
力尽きたとか言っても相手はドイツだろ

16: 2016/11/25(金) 17:35:18.93 ID:k+O3k88x0
快勝しちゃって商売あがったりですね~

18: 2016/11/25(金) 17:35:43.65 ID:/en3Q4Cu0
蛍が食い付きすぎってとこは同意、人に強いって訳じゃなく細貝と同じ選手だよ
スペイン人だけあって小細工が好きそうだけど殆どの意見が馬鹿っぽい


日本代表激闘録 2014FIFAワールドカップブラジルアジア地区最終予選 [DVD]

日本代表激闘録 2014FIFAワールドカップブラジルアジア地区最終予選 [DVD]