1: 2016/12/20(火) 22:09:59.43 ID:CAP_USER9
1861f5e4e866984c246dd419d3b6a992

試合の興味をどこまでつなぎ止めてくれるか。鹿島アントラーズの健闘を期待したこちらにとって、カリム・ベンゼマが挙げた前半9分のゴールは、現実を知るには早すぎる痛い失点だった。観衆の反応も同様。瞬間、スタジアムに湧いた大きな溜息に、試合は決したも同然の空気を感じ取ることができた。

 しかし試合は、レアル・マドリードのひとり舞台にはならなかった。小笠原満男がその1分後に放った、ゴールマウスをかすめるようなミドルシュート。この一撃が、スタジアム内に緊張感を呼び戻すことになった。

 試合を早く終わらせ、タイトルを手にして帰りたい。そんな声が聞こえてきそうな、雑で淡泊な攻撃を繰り返すR・マドリード。対する鹿島は、何とかやっていけそうな手応えをつかんだかのように見えた。選手に自信が、時間の経過とともに漲(みなぎ)っていくようだった。

 それが前半44分、柴崎岳の同点ゴールとして結実した。端的に表れたのがアシスト役を演じた土井聖真の、その一連のウイングプレーだ。左サイドでボールを受けると、彼は切り返して右足でセンタリングを送ろうとした。ひと言でいえば、冒険心に欠ける無難なプレーである。

 こちらの期待が萎みかけたその瞬間だった、土居が勇敢なプレーに転じたのは。再度、大きく切り返すと縦突破を敢行。深い位置から左足でマイナスのセンタリングを送り込んだ。それが柴崎の同点ゴールにつながったわけだが、もし右足で送球していたら、ゴールは生まれていなかったと確信する。

 シューターの柴崎にとって、合わせやすいのはマイナスの折り返しだ。ディフェンダーとボール、そしてゴールを、同時に視界に捉えることができるからだ。一方、中央で待ち構えるセンターバック(この場合はラファエル・ヴァラン)にとって嫌なプレーもマイナスの折り返しだ。ボールの出どころとマーカーとを同じ視野に入れることが難しいからだ。

 だが、縦抜け&マイナスの折り返しの決断には勇気が必要とされる。しかもその時、土居はR・マドリードのディフェンダー2人に囲まれていた。

 脚光は、ゴールを決めた柴崎に当たりがちだが、試合を接戦に持ち込む重要なゴールをお膳立てした、土居の果敢でダイナミックなプレーも、それと同じくらい価値がある。もっと称賛されていいプレーだ。

 この柴崎の同点弾は、今大会で鹿島が挙げた通算8ゴール目だ。そのうち、流れの中で決めた7ゴールには、すべて共通するポイントがある。

サイド攻撃だ。その折り返しをゴールに結びつけている。例の小笠原の惜しいミドルシュートも、柴崎の右ゴールライン際からの深々とした折り返しからだった。

 Jリーグチャンピオンシップしかり。準決勝(川崎戦)、決勝(浦和戦)の計3試合で挙げた3ゴール中、浦和戦のPKを除く2ゴールがサイド攻撃による産物だ。

 つまり、サイド攻撃は、鹿島がポストシーズンに入って流れの中で奪った9ゴールすべての原因になっている。それもかなり直接的な、だ。シーズンの最後に急上昇した鹿島を語る時、これは外せない要素だ。勝因としてよく語られるのは、伝統、堅守、粘り等々だが、サイド攻撃はそれらより何倍も明快。説得力がある。

 試合に目を凝らせば一目瞭然。彼らは真ん中を避け、徹頭徹尾、サイドにボールを意図的に運ぼうとする。サイドは真ん中より、相手のプレッシャーを浴びにくい場所だ。またボールを奪われても、そこは真ん中より自軍ゴールまで遠い距離にあるので、その分だけリスクが少ない。真ん中とサイドと、同じ高さで奪われたとすれば、サイドの方がはるかに安全なのだ。

 安全ルートを進みながら、チャンスを作ろうとする。奪われる場所にこだわりながら、用心しながら攻める。鹿島は攻めながら守ろうとしているのだ。

 サッカーには古くから「中盤を制すものは試合を制す」という格言がある。しかし、中盤でのプレッシャーが強まる現代サッカーにおいては「サイドを制すものは試合を制す」が、新しい格言として浸透。プレッシャーの少ないサイドを有効に活用することが、支配率を高める重要な要素になっている。 

 R・マドリードの59に対して鹿島の41。これは決勝戦のボール支配率だが、鹿島はこの関係で思いのほか健闘した。過去、最も差が著しかった試合は2011年決勝のバルセロナ対サントス(4-0)の71対29だが、鹿島とR・マドリードが対戦する今回は、それ以上に開いてしまうのではないか、つまり試合にならないのではないかと当初、危惧されていた。
--- Sponsored LINK ---
 
FIFA 17 - [PlayStation 4] - Imported

FIFA 17 - [PlayStation 4] - Imported

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1482239399

2: 2016/12/20(火) 22:10:23.20 ID:CAP_USER9
心配が杞憂に終わり、大善戦した理由は、サイド攻撃に徹した戦いぶりと密接な関係にある。実際、鹿島は危険な真ん中付近でボールを奪われる機会が少なかった。もちろん、それを連続させ、パニックに陥ることもなかった。R・マドリードのプレーに唸ることは幾度かあったが、鹿島のプレーに落胆する機会は少なかった。奪われる場所は、サイドという安全ゾーンがほとんど。鹿島は、非常に頭のよい計算された戦い方をした。

 石井正忠監督の力量のほどが偲ばれる。讃えるべきはまず監督。選手より先に挙がるべき名前だと思うが、この少々地味に映る監督の采配について、メディアはあまり言及していない。テレビ解説者しかり。

心配が杞憂に終わり、大善戦した理由は、サイド攻撃に徹した戦いぶりと密接な関係にある。実際、鹿島は危険な真ん中付近でボールを奪われる機会が少なかった。もちろん、それを連続させ、パニックに陥ることもなかった。R・マドリードのプレーに唸ることは幾度かあったが、鹿島のプレーに落胆する機会は少なかった。奪われる場所は、サイドという安全ゾーンがほとんど。鹿島は、非常に頭のよい計算された戦い方をした。

 石井正忠監督の力量のほどが偲ばれる。讃えるべきはまず監督。選手より先に挙がるべき名前だと思うが、この少々地味に映る監督の采配について、メディアはあまり言及していない。テレビ解説者しかり。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161220-00010004-sportiva-socc&p=3

18: 2016/12/20(火) 22:19:26.78 ID:c544uF4J0
>>1
ジダンが「特別なテイストを持ったチームだ」と驚いていたな

3: 2016/12/20(火) 22:11:14.14 ID:jtyBp3f90
石井の海外移籍あるで!

5: 2016/12/20(火) 22:12:06.99 ID:O8HUpw630
面白いのは別にCWCで初めて指揮を執った訳でもないのに
急に大騒ぎしてる連中だな

6: 2016/12/20(火) 22:12:13.66 ID:OI++e/gM0
再放送してくれ(真剣

7: 2016/12/20(火) 22:12:33.13 ID:euTOLM780
鹿島をそのまま代表に

昔のジュビロがよく言われてたな
皆代表クラスだったけど

8: 2016/12/20(火) 22:13:29.31 ID:aT5GjRZi0
お杉きたー

9: 2016/12/20(火) 22:14:37.06 ID:+hz3SFkZ0
杉山かなと思ったら杉山だった
そこ省くなよ無能記者が

17: 2016/12/20(火) 22:18:48.17 ID:VNRCOZqf0
ゴーストかと思った

19: 2016/12/20(火) 22:21:41.12 ID:pZ/XhT3N0
たしかに鹿島はチーム全員がサイドからの攻撃を共有して動いてるから面白いわ。

20: 2016/12/20(火) 22:25:42.29 ID:Jo4JWjm00
メイショウサムスンからメイショウイシイへ!

26: 2016/12/20(火) 22:31:04.97 ID:PAnAsBPg0
日本代表監督でいいだろう、なあ。

31: 2016/12/20(火) 22:36:18.87 ID:D2E3bC8n0
>>26
戦術担当コーチがいいだろ
金崎とバトったのをハリルが話を大きくしただけで心労ダウン、だからな

27: 2016/12/20(火) 22:32:11.33 ID:FLwejOam0
ただ引き分けただけでいつまでホルってんだよ

28: 2016/12/20(火) 22:34:20.62 ID:rJwdp9tb0
小倉だって鹿島くらいの戦力あれば優勝争いしてただろうな

32: 2016/12/20(火) 22:37:24.77 ID:29v0sbQ50
>>28
おいおいw

29: 2016/12/20(火) 22:35:12.94 ID:4PaUaCws0
大事なことなので

33: 2016/12/20(火) 22:37:59.15 ID:fVnfGVIE0
データがボールホールドのみってアホかよ。もっと色んなデータでサイドを語れよ
高校サッカー部の作文かよ

38: 2016/12/20(火) 22:41:43.65 ID:fm7ryBvM0
下手に持ち上げるの止めろよ

41: 2016/12/20(火) 22:51:04.55 ID:aZnsS63e0
こんな名将に何で金夢生は牙を剥いたんだ?
すげー監督だよ石井は


サッカーユニフォーム 2017モデル ACミラン ホーム 本田圭佑 HONDA 背番号10 レプリカサッカーユニフォーム 子供用 L

サッカーユニフォーム 2017モデル ACミラン ホーム 本田圭佑 HONDA 背番号10 レプリカサッカーユニフォーム 子供用 L