1: 2016/12/22(木) 10:59:36.25 ID:CAP_USER9
1861f5e4e866984c246dd419d3b6a992

 浦和レッズは今年も最後まで優勝争いに加わりながら、またしてもシャーレを掲げることができず、ホームに詰めかけた6万人のサポーターの期待を裏切ってしまった。

 浦和と鹿島の間で争われたJリーグチャンピオンシップ。浦和はアウェー開催の第1戦に1-0で勝利しながらも、埼玉スタジアム2002で行なわれた第2戦では1-2の敗戦。1勝1敗ながら、アウェーゴール数の差で逆転優勝した鹿島が、7年ぶり8回目のタイトル奪還となった。

 浦和は、2試合トータル180分の120分あたりまではリアリストに徹することができていた。リーグ戦ではパス回しで相手を押し込みながら攻撃を組み立てていたが、チャンピオンシップでは中盤でボールを奪われてからの速攻を警戒し、早いタイミングでサイドに展開してGKとDFラインの間を狙ったクロスを多用。それが第1戦で興梠慎三が獲得したPKや、第2戦の先制ゴールにつながった。
 
 一方、鹿島は冷静だった。優勝するには1勝1敗に持ち込んで、なおかつアウェーゴール数で上回る必要がある。先制されても「2ゴール奪わなければ勝てないことに変わりない」と慌てず、しっかりとした守備から攻撃を続けていた。対照的に浦和は、前半40分に金崎夢生に同点ゴールを決められると、リアリストの仮面が外れてしまった。大一番での弱さを露呈したと言っていいだろう。

 浦和の選手交代については、間違った判断とは思わない。後半14分に攻撃的な高木俊幸から守備的な青木拓矢に交代したことで、DFラインを押し上げられなくなったと見る向きもある。

しかし、柏木陽介が相手の厳しいチェックにあい、前を向いてプレーできずにボールを奪われていたことを考えれば、中盤の守備を考慮しての青木投入は妥当だった。これは、リーグ戦で何度も行なわれてきた交代パターンであり、守備に混乱をもたらすものでもなかった。

 だが浦和には、状況に応じた共通意識が欠けていたように思う。前半40分までは鹿島に攻撃らしい攻撃をさせていなかったが、ミスから同点に追いつかれたことで意識に齟齬(そご)が生まれた。

同点にされた後の浦和は得点を奪いに出て、中盤がオープンになる展開を作ってしまった。最終的にはそこでボールを奪われて一気にゴール前まで持ち込まれると、槙野智章がたまらずファウル。PKを与えることになってしまった。

 後半を同点で終わらせれば優勝できると割り切り、リアリストに徹して守備を固めていれば違った結果になったかもしれない。

 たしかに、浦和が勝ち越しゴールを奪えれば、鹿島にトドメを刺せた。ただ、戦い方としては、まず守備を優先して時計の針を進め、焦れた相手が人数をかけて攻撃してくるスキをついて、少ない人数でゴールを狙うべきだった。そうした冷静な判断と意識の徹底が、チーム全体に欠落していた。

 また、1点を追うことになった終盤にはFWズラタンに加えて、槙野を前線にあげてロングボールを放り込み、空中戦からのチャンスを狙ったが、もうひと工夫がほしかった。

 例えば、川崎フロンターレはセカンドステージの横浜Fマリノス戦で、2-2の試合終盤に長身DFのエドゥアルドを最前線にあげたが、簡単にクロスを放り込まず、サイドから崩して勝ち越しゴールにつなげている。

風間監督はエドゥアルドを最前線に置いた狙いについて「相手のDFラインをゴール前に押し込むこと。あとは選手たちの判断に任せた」と明かした。こうした状況に応じた判断が、浦和にはできなかった。

 ここ数シーズン、何度となく大一番で栄冠を逃し、今回もチャンピオンシップで敗戦した浦和。「真の王者」になるためには、クラブ全体が敗戦をしっかり受け止めて、真摯に向き合うことが必要だ。

つづく

webスポルティーバ 12/19(月) 11:54
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161219-00010002-sportiva-socc&p=1
--- Sponsored LINK ---
 
(プーマ)PUMA サッカー ボルシア・ドルトムント レインジャケット 749855 [メンズ] 02 ブラック/サイバーイエロー S

(プーマ)PUMA サッカー ボルシア・ドルトムント レインジャケット 749855 [メンズ] 02 ブラック/サイバーイエロー S

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1482371976

2: 2016/12/22(木) 10:59:48.95 ID:CAP_USER9
 試合後、勝者の鹿島を讃えながらも、大会規定への不満をこぼしたペトロビッチ監督の言い分も少しは理解できる。今シーズンのリーグ戦で年間1位の浦和が積み上げた勝ち点は74。対する年間3位の鹿島は59。その差は15もあったが、チャンピオンシップの規定では、そのアドバンテージがそれほど考慮されていなかったからだ。

 だが、それは最初からわかっていたこと。あえて敗戦後に持ち出したのは、監督が結果に対して責任を負う職業だという側面を考慮しなければならない。

ペトロビッチ監督は、サンフレッチェ広島を率いていた時代を含めた10年間で、1度しかタイトルを獲れていないことへの批判を十分に理解している。今後も継続して指揮をとっていくために、チームマネジメントの一環として、別のところに非を見出している部分もあるのだと思う。

 しかし結局のところ、昨年は年間1位の広島がチャンピオンシップを制覇できたのに対し、今年の浦和が負けたことへの言い訳に過ぎず、大きなプレッシャーにまた押し潰されたことから逃げているようにしか映らない。

 勝ち点についても、今シーズンの浦和はファースト、セカンドの34試合で23勝5分6敗、年間勝ち点74と素晴らしい結果だが、厳しいことを言えば、あくまでもプレッシャーのかからない状況下での勝ち点だ。もし、1シーズン制で年間を通して優勝が決まるシステムだったら、同じように勝ち点を伸ばせたかどうかは不確定要素が多い。
 
 観客動員数やグッズ販売などの収益で他クラブを圧倒する浦和は、ビッグクラブと呼ばれるが、リーグ優勝は10年前の1度しかない。翌2007年にACLを制しているものの、当時はワシントンやポンテという強力な外国人選手に頼ったもので、そこには「浦和イズム」と呼べるものはなかった。

「万年中位」のクラブだった浦和を、毎シーズン優勝争いに加われるようにしたのは、以前優勝した時のように強力なスター選手を置かずに、チーム全体の組織力を着実に高めてきたペトロビッチ監督の功績だ。これは大いに評価すべきことだ。

 それだけに、現状のスタイルを貫きながら、「勝者のメンタリティ」が脈々と受け継がれる「常勝クラブ」へ変貌するには、選手や監督だけではなく、クラブのスタッフや関係者すべてが、「優勝」というものに、これまで以上に貪欲になる必要がある。

 そして、大一番で負けるたびに口にしてきた、「楽しんでサッカーをする」「自分たちのサッカーをする」という逃げ道を封印し、どんなに苦しくともプレッシャーを真正面から受けとめ、勝利を求めることだ。それができなければ、「大一番に弱い」という汚名をすすぐことも、名実ともにビッグクラブになることも叶わないだろう。

2年ぶりに1シーズン制となる来季、浦和レッズというクラブとチームが、どう変貌を遂げるのか。今から大いに楽しみにしている。

3: 2016/12/22(木) 11:03:51.53 ID:YqYr+Ziw0
負けないよ

4: 2016/12/22(木) 11:04:45.44 ID:GSQvkzo50
こーゆー試合で誰よりも監督がテンパってるしな
リーグ最終節でも川崎の経過を知ってる選手と知らされてない選手いたみたいだし
選手以外も鹿島と比べて何枚も落ちるわ

5: 2016/12/22(木) 11:06:04.57 ID:RfKlf+I70
勝ち点15のアドバンテージがさほど無かったってアウェーの一戦目を勝ったのがこれ以上無いアドバンテージでしょ。

7: 2016/12/22(木) 11:08:40.51 ID:VXv2rjmS0
>>5
負けてたら?

6: 2016/12/22(木) 11:06:18.94 ID:fffx6XPo0
最大の癌は監督だよ
大一番でこうも毎回テンパッてキチガイ采配連発して自爆するとはね
ルヴァン獲って一皮むけたかと思ったらCSラスト15分であれだもんな

毎年これだけの勝ち点取ってるミシャ切るなんてありえないって言う奴もいるけど、監督変えない限り来年も優勝争いして2位フィニッシュだろ
ミシャじゃ間違いなく優勝争いは出来るけど間違いなく優勝は無理

8: 2016/12/22(木) 11:09:39.07 ID:0nJKIpqF0
槙野さえいなければなw

10: 2016/12/22(木) 11:10:56.44 ID:9Gk/lZdS0
もう何年もやってるのに選手の意志を統一できないって監督がもうダメなんじゃね?普通に考えて

11: 2016/12/22(木) 11:15:43.14 ID:e1O87tY+0
槙野が中国に行ってくれれば、その移籍金で補強できるのに。

13: 2016/12/22(木) 11:19:11.06 ID:bXV94tWT0
監督が馬鹿だからってキレた野球選手いたよな(爆)

14: 2016/12/22(木) 11:19:29.01 ID:I6bFWG080
槙野は無駄な攻撃参加控えたほうがいい。

18: 2016/12/22(木) 11:23:08.90 ID:Icfm+07R0
今日のお前が言うなスレか

20: 2016/12/22(木) 11:25:54.40 ID:fPjQov6g0
外人補強しょっぱすぎんよ

22: 2016/12/22(木) 11:26:33.31 ID:CxyNoN6j0
全くもって福田の言う通りなんだよな

25: 2016/12/22(木) 11:30:00.51 ID:I5dM2gBpO
なにこのぐうの音も出ない正論

26: 2016/12/22(木) 11:30:28.80 ID:Cdy6UnqV0
突き詰めれば、槙野を去年クビにしなかったせい

28: 2016/12/22(木) 11:31:32.93 ID:2UUOx69+0
福田やめて

30: 2016/12/22(木) 11:31:39.41 ID:lRPwga+d0
浦和が鹿島のようなやり方で優勝したら
サッカーが面白くないとかでどっちみち批判するんでしょ

33: 2016/12/22(木) 11:32:38.04 ID:ZDiPWg2o0
いいサッカーが出来たって満足するような監督が原因だろ。

34: 2016/12/22(木) 11:33:10.98 ID:09RDNakQ0
選手が軽い
その一言

35: 2016/12/22(木) 11:33:36.82 ID:5sMd3s610
槙野が悪い

37: 2016/12/22(木) 11:34:15.05 ID:XtcrkRZQ0
「負けないよ!」の名言を残した浦和のレジェンドに失礼なことを言うな。

45: 2016/12/22(木) 11:38:31.54 ID:OZzE8S+M0
実に正論だねえ
勝つか引き分けか負けても2点以上取られなければ優勝
こういう条件で第2戦に入ったわけだしそれは当然認識していたわけでね
そこで2点取られて負けたわけだから言い訳のしようがない
鹿島に同点にされたときに浦和は明らかに動揺していたよね
鹿島が1点を取るという展開も当然想定していなければならないのになぜ動揺するのか
なぜ終盤にパワープレーをするしないでベンチが混乱していたのか
準備が足りないのです

48: 2016/12/22(木) 11:39:24.24 ID:Hq2dgmCZ0
実は優勝一回しか無いのなw


サッカーユニフォーム 2017モデル ACミラン ホーム 本田圭佑 HONDA 背番号10 レプリカサッカーユニフォーム 子供用 L

サッカーユニフォーム 2017モデル ACミラン ホーム 本田圭佑 HONDA 背番号10 レプリカサッカーユニフォーム 子供用 L