1: 2017/01/26(木) 16:06:10.81 ID:CAP_USER9
 1月中旬、寒波が襲った東京(うち1日は埼玉)で、なでしこジャパンの2017年度最初の合宿が行われた。高倉麻子監督が招集した28名の中に、猶本光(浦和レッズレディース)の名前もあった。

1861f5e4e866984c246dd419d3b6a992

 2004年のアテネオリンピックのアジア予選で、3万人を越える大観衆を国立競技場に集め、その眼前で北朝鮮を3-0で破った日本女子代表。公募で「なでしこジャパン」という愛称がつけられた彼女らは、ギリシャで行われた五輪本大会でもベスト8に進んだ。日本サッカー協会(以下JFA)は、沸き上がった「なでしこブーム」を一過性のものにしないため、男子同様、女子選手の育成にも力を入れ始めた。各地域の指導者から推薦された金の卵が一堂に集められる、ナショナルトレセン女子U-15もそのひとつだ。2007、2008年のナショナルトレセン女子U-15に参加した猶本は、ここで、その才能を発掘された。

 「アルキメデスの原理」のヒントを風呂場で得たアルキメデスは、歓喜のあまり「ヘウレーカ!(見つけた!)」と叫びながら、裸で街を駆け回ったと伝えられる。ナショナルトレセンを視察したJFAの強化担当者も、紀元前の天才学者もかくやという勢いで「見つけたよ!」と、私の肩を叩いてきた。「九州の子」という第一ヒントで、すぐに猶本の名前が頭に浮かんだ。その年の夏、クラブの練習取材で福岡J・アンクラスを訪れた際に、河島美絵監督(当時)からその存在を教えられていたからである。

 JFAと周囲の期待に応え、猶本は順調に成長していった。なでしこジャパンは、若い頃から、上の年代や男子と対戦してきた選手がほとんどだ。体力面では絶対叶わない相手と戦うことで強い負荷をかけられ、これを乗り越えるために工夫し続ける。猶本も、通っていた福岡女学院で、中学時代は高校生と競い、やがて同校と関係の深い福岡J・アンクラス(現・チャレンジリーグWEST、猶本在籍時には、なでしこリーグ1部に所属)でトップチームへ昇格。大人に交じってトレーニング、試合をこなしながら“自分よりも大きく速い相手”への対処法を身につけていった。

 その真価は、世界を相手にも発揮される。まず、2010年、トリニダード・トバゴで行われたFIFA U-17女子W杯で全試合に出場。決勝では韓国にPK戦で敗れたものの、銀メダルを獲得した。日本の女子代表全カテゴリーで、FIFA主催トーナメントの決勝に進出したのは、これが初めての快挙だった。

2011年、今度はなでしこジャパンがFIFA 女子W杯ドイツ大会で優勝した。チームでのトレーニングもあって、日本時間の深夜におこなわれた試合をリアルタイムで見ることはほとんどできなかった猶本だが、メディア、そして世間の盛り上がりを見ながら、「すごい!」と感動した。しかし、それは一瞬だった。

「はじめは『すごい!』と思いましたが、すぐ、その場にプレーヤーとして立ち会えなかったことが悔しくなりました。私くらいの年齢(当時17歳)の選手がフル代表でプレーするのは、世界では当たり前のことですから」

 翌2012年、首都圏への大学進学を機に、なでしこリーグ屈指の強豪チーム、浦和レッズレディースへ移籍。より高いレベルの環境に身を投じて「その場」を目指す。ロンドン五輪が終わった直後、日本でFIFA U-20女子W杯が開催された。猶本は「ヤングなでしこ」と名付けられた20歳以下の日本女子代表チームの主力として参戦。地元開催のプレッシャーに負けず、超攻撃的サッカーのタクトをふるい、銅メダル獲得に貢献した。

 このU-20女子W杯での活躍と、端正なルックスの相乗効果で、この辺りから猶本人気が沸騰。ポジションが同じボランチという連想から「澤穂希の後継者」と称されるようになった。しかし、平坦な高速道路はここまで。ここから先は、山あり谷ありだった。

 2013年はケガに見舞われ、浦和での公式戦出場は僅か7試合に留まった。左腕にキャプテンマークを巻いて臨んだ、秋の国際大会、AFC U-19女子選手権でも、まさかの4位に沈んでしまう。自身2度目の出場を目指したU-20女子W杯の出場権を逃し「強い責任感の持ち主だからショックは大きく、代表から戻ってきても完全に自信を失っていた。だから、しばらく休ませたほうがいいと思って、ウチでも無理に使わなかった」(吉田靖・浦和レッズレディース前監督)。

--- Sponsored LINK ---
 
サッカーユニフォーム 2017モデル ACミラン ホーム 本田圭佑 HONDA 背番号10 レプリカサッカーユニフォーム 子供用 L

サッカーユニフォーム 2017モデル ACミラン ホーム 本田圭佑 HONDA 背番号10 レプリカサッカーユニフォーム 子供用 L

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485414370

2: 2017/01/26(木) 16:06:37.95 ID:CAP_USER9
 こうした周囲のケアも功を奏したか、翌2014年、猶本は完全に蘇った。なでしこリーグの開幕戦で浦和は、INAC神戸レオネッサと対戦。澤穂希らを擁してリーグ戦3連覇中のチームを、激しい点の取り合いから降した。決勝点は、試合終了間際に猶本が放った、強烈なミドルシュートだった。この勝利で勢いに乗った浦和は、同年のエキサイティングシリーズで優勝。5年ぶりのリーグ制覇を果たし、自身も初の年間ベストイレブンに選出された。

 なでしこジャパンでチャンスを与えられるようになったのもこの年だ。5月8日、ニュージーランドとの親善試合で、初めてAマッチに出場。続く女子W杯カナダ大会の出場権を賭けた、アジアカップ(ベトナム開催)にも参加した。女子W杯出場権を手に入れたグループリーグ最終戦(ヨルダン戦)では、初の先発も経験している。秋には親善試合のガーナ戦、続くアジア大会のチャイニーズ・タイペイ、香港、ベトナム戦でキャップ数を増やしていった。それでもアピールが十分だったとは言い難い。

 外から見ている限り、猶本は、天才というよりは秀才。物事の本質を突き詰めながら、一歩ずつ前進していくタイプで、ポンと飛び込んですぐに結果を出せるほうではない。実際、アンクラスのトップに加わった時も、浦和に移籍した時も、環境に馴染むまで時間を要している。北京五輪の前から10年近くの歳月をかけて完成の域に達していたチームへ、1年ちょっとで割って入れというのは、酷な話だった。

 猶本がプレーするボランチは、自力でどうこうできる部分が少ないポジションだ。持ち味であるピッチを広く使ったゲームメイクも、ダイナミックな攻撃参加も、周囲との連携が大前提になる。不幸なことに、これまで猶本がプレーしてきた年代別代表と佐々木則夫監督のフル代表に、約束事の共通項は少なかった。猶本以外の“2012ヤンなで”同期の多くも同じ問題に悩まされ、例外は、リオ五輪予選で間に合ったFWの横山久美(AC長野パルセイロ・レディース)くらいだ。

 大方の予想通り、2015年のFIFA 女子W杯カナダ大会のメンバーリストにその名前はなかった。雪辱を期した昨年も、リオ五輪予選を前にした選考合宿に参加したが、予選を戦うメンバーからは漏れている。大阪で五輪予選が行われている同時期に、猶本はラ・マンガ国際トーナメントに派遣されるU-23日本女子代表の一員として、スペインへ向かった。

 リオ五輪予選に臨んだなでしこジャパンは、オーストラリア、中国の後塵を拝し、2勝1分け2敗の3位。本大会出場を逃した。その責任をとる形で佐々木監督が退任。後任に推されたのは、ラ・マンガ国際に臨んだ猶本らU-23日本女子代表を率いた、高倉監督だった。

 なでしこジャパンが予選で苦戦を続ける中、U-23女子代表は、同年代のノルウェー、スウェーデン、さらにドイツ(20歳以下の選手で構成されていたが)を相手に3連勝を収めていた。高倉監督は、この大会で見せた猶本のパフォーマンスと、そのパーソナリティを、直接、把握している。昨年6月のアメリカ遠征、7月のスウェーデン遠征では声がかからなかったが、これは負傷を抱えてプレーしていた猶本のコンディションもあってのこと。このタイミングでの招集は単なるテストではなく、よりポジティブな意味合い、つまり、これからのなでしこジャパンを背負って立つひとりと期待しての選出だろう。

 さらに、2014~15年当時とは状況も変化した。大きく入れ替わったメンバーには、年代別代表で共に戦った横山久美(AC長野パルセイロレディース)、田中美南、中里優(いずれも日テレ・ベレーザ)、京川舞(INAC神戸レオネッサ)、高木ひかり(ノジマステラ神奈川相模原)、さらに浦和の同僚・池田咲紀子ら、顔なじみも多い。コンビネーションで不安を感じる点は少なく、追い風が吹いていると言えよう。合宿に参加した本人も時節到来を感じているのか「年齢的にも代表に定着していかなければいけない」と意欲的なコメントを残している。

 2年後の女子W杯フランス大会、そしてその先にある2020年東京五輪に向けて、ようやく真のスタートラインに立った猶本光。高倉監督率いる新生・なでしこジャパンと共に、どんな活躍を見せてくれるか。要注目だ。(文・西森彰)

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170126-00000153-sasahi-socc&p=3

3: 2017/01/26(木) 16:07:21.49 ID:5mBeCfsA0
線が細い

5: 2017/01/26(木) 16:09:52.55 ID:jFdz46fB0
澤に目の敵にされて結局澤が引退するまでそれを克服できなかったんだな

6: 2017/01/26(木) 16:10:28.43 ID:yprle7nA0
やっぱ男子と違って女子サッカーはつまんないんだし可愛い子を揃えるのが1番視聴率取れる

猶本、田中陽子をスタメン固定にしろ

9: 2017/01/26(木) 16:11:30.83 ID:pGkycqh/0
>>6
どこで知識が止まってるんだよ
2人だけでなく今なら大勢居るわ

11: 2017/01/26(木) 16:12:04.79 ID:Giev6KVn0
可愛いしうまい
どんどん使うべき

13: 2017/01/26(木) 16:12:33.85 ID:er8D7oDd0
才は普通
色はたっぷり

16: 2017/01/26(木) 16:14:05.95 ID:seD1hBMX0
足腰弱くてキック力がなさ過ぎ
コイツが代表入ったら予選もヤバイレベル
最低でも川村ぐらいにならないと

18: 2017/01/26(木) 16:16:37.45 ID:1avdh6Mr0
コイツはダメだよ。

アジアカップに出たとき格下相手にまったく戦力になってなかった。

フィジカルが弱いんですぐ当たりの強い選手に倒される。 絶好のチャンスを逃すんだよ。

19: 2017/01/26(木) 16:18:49.55 ID:DSN2BJ240
もう過去の思い出はいいから未来を作ってくれや

21: 2017/01/26(木) 16:23:20.15 ID:cfMPLNvUO
やんぐなでしこがなつい
てか猶本ってかなり評価悪かった気がするんだが
なでしこにも呼ばれてないし

25: 2017/01/26(木) 16:28:57.41 ID:zUAP1GRN0
可愛いまんま成長した

33: 2017/01/26(木) 17:07:22.46 ID:+vmpZZq80
才色兼備だと浦和の北川だと思うわ

34: 2017/01/26(木) 17:29:36.00 ID:oq2WsSM20
ガラの悪いおばさん達にいじめられまくってるもんなぁ
だから猶本よけいに応援したくなるわ

35: 2017/01/26(木) 18:01:19.70 ID:qfCGgUhO0
ルックスは良いがまー使えないわな。阪口宇津木熊谷の3人が最強であり、この中から二人はボランチで使わないと無理だからな世界と戦うには。

38: 2017/01/26(木) 18:10:07.33 ID:A/TwTALf0
ヤングなでしこの夏は興奮したなあ
怪我で出れなかったポムが変態ロリコンカメラマンに抜かれた時の
実況の勢いは笑った
旭日旗禁止にされた大会でもあったな


日本代表激闘録 2014FIFAワールドカップブラジルアジア地区最終予選 [DVD]

日本代表激闘録 2014FIFAワールドカップブラジルアジア地区最終予選 [DVD]