1: 2017/02/13(月) 12:48:33.76 ID:CAP_USER9
20160504-00000237-sph-000-view

それは長い、いや、長すぎるお別れ期間だ。本田圭佑のミランでの日々は砂時計の砂のように刻々と少なくなっている。契約が切れるのは6月30日。あと4カ月半である。その後、本田は自由の身になり、自分で自分の未来を決められるようになる。

それにしても本田とミランの関係は、なぜこんなにもバラバラになってしまったのだろう。
日本の、そして世界の本田ファンは皆、一様にそう思っているはずだ。その答えはたったひとつだ。 ヴィンチェンツォ・モンテッラは本田のプレーが好きではないのだ。だから本田に興味がない。

モンテッラは素速くダッシュし、即座にトップスピードに乗れ、創造性があり、活発で、ダイナミックな選手を好む。
たとえていうならスソやジャック・ボナヴェントゥーラのような選手だ。それに比べて本田は真逆だ。秩序を重んじ、理論だっていて、足が遅い。

確かに本田は今シーズンのミランの他の選手にないような”足”を持っている。彼は30メートル先にも正確なパスを出すことができる。
しかし、モンテッラはこのテクニックをあまり重視しない。彼がほしいのはよく走り、スピードがあり、疲れを知らない選手だ。
車でいうなら、スピードの出るスパイダータイプ。快適で安全なSUVのホンダ車ではないのだ。

しかし、それでも監督と本田の関係は悪くはない。モンテッラは本田を真のプロフェッショナルとして評価している。 モンテッラが記者会見などで何度もそう言っているのを、嫌味と取る者もいるかもしれないが、それは掛け値なしに彼の本心だ。

ただし――評価しているのは本当にそれだけなのだ。
冬のメルカートでは彼とポジションの重なるジェラール・デウロフェウとルーカス・オカンポスを獲得している。本田は常に構想外なのだ。

ミランと本田の決別は決定的だ。にもかかわらず1月のメルカートではサプライズなどなく、両者は移籍を6月の契約満了時まで先送りすることで合意した。
本田の勤務態度は申し分ない。秩序を守り、問題は起こさず、練習場には一番最初に来て、一番最後に帰っていく。モンテッラだけでなく、ミランはこの点を非常に高く評価している。

それに本当のところ、この冬に本気で本田をほしがったチームはほとんどなかった。そしてなによりサッカーのテクニカル面でない部分で、
本田は一朝一夕には簡単にチームを変えられる身ではない。サッカースクール、スポンサー、CM契約”も”、彼に付随している。

本田はいわば歩く総合商社だ。ただサッカーボールを蹴るだけの存在ではないのである。

続く

webスポルティーバ 2/13(月) 12:07配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170213-00010002-sportiva-socc
--- Sponsored LINK ---

 
日本代表激闘録 2014FIFAワールドカップブラジルアジア地区最終予選 [DVD]

日本代表激闘録 2014FIFAワールドカップブラジルアジア地区最終予選 [DVD]

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1486957713

2: 2017/02/13(月) 12:48:48.81 ID:CAP_USER9
こうしてミランとの話し合いの末、本田は6月までミランに残ることを決めた。
残りの日々を使って、本田はゆっくりと周囲を見回し、いろいろな意味で自分に最適な移籍先を探すだろう。すべて彼の裁量で決められるから、それほど難しいことはないはずだ。

まだ年齢もそれほど高くはないから(6月13日で31歳になる)、彼の実力を発揮できるリーグは世界中に数多くあるだろう。

しかし、イングランドとドイツだけはやめておいたほうがいい。プレミアとブンデスリーガの地獄のようなリズムは彼には合っていない。
それから中国もおすすめしない。金はあるが中身はひどいし、また言葉の問題が出てくるだろう。

だから私が本田におすすめしたいのはこの3つ。リーガエスパニョーラ(難しいが)、アラブ(可能だが本田は行きたいとは思っていないだろう)、
そしてMLS。この最後のアメリカが最も可能性が高いのではないだろうか。

本田は2年前にアメリカに渡ったアンドレア・ピルロの例を注目している。ピルロもまたスピードはないが、テクニカルな足を持つ選手だ。
マエストロ・ピルロは今、新天地で心からサッカーを楽しんでいる。それにアメリカなら本田のスクール事業もスポンサーも持っていくことができる。アメリカにはポテンシャルの高い巨大なマーケットがある。

さて、そうなると今度はアメリカのどこに? ということになる。今、可能性が高いチームは3つ。シカゴ・ファイヤー、ロサンゼルス・ギャラクシー(かつてのベッカムのチーム)、
そしてあとひとつはカリフォルニアに新しくできたチーム、ロサンゼルス・フットボールクラブ(2018年よりMLSに参加予定)だ。

ロサンゼルスにはもうひとりのイタリアのレジェンド、アレッサンドロ・デルピエロも住んでいて、今は引退後の第二の人生を謳歌している。
本田はカリフォルニアの青い空の下でサッカー人生を終えるのではないだろうか。

パオロ・フォルコリン●文 text by Paolo Forcolin 
利根川晶子●翻訳 translation by Tonegawa Akiko

ロサンゼルス・ギャラクシー公式HP
http://www.lagalaxy.com/ 
3: 2017/02/13(月) 12:50:18.33 ID:/waiegOq0
 
ビジネススキームがスパイクの2cm先を行くようでカッコイイ!

4: 2017/02/13(月) 12:52:59.83 ID:4iCl6W/d0
「歩く総合商社」

6: 2017/02/13(月) 12:54:19.40 ID:K79w085F0
それでもW杯までは欧州に残ってプレーして欲しいわ。
アメリカ行くなら本人の口から代表引退を聞きたい。

9: 2017/02/13(月) 13:03:11.38 ID:Sf2A2S8h0
現役のうちに手広げすぎたな
もう引退してビジネスやれよ

14: 2017/02/13(月) 13:17:42.20 ID:R7R19c3W0
監督のタイプではないというだけで書かれているような長所があるなら、
どんどん他のチームから声を掛けられてもいいだろうに

16: 2017/02/13(月) 13:26:24.24 ID:6HpnudAO0
間逆な要素が足が遅い以外無いんだが

17: 2017/02/13(月) 13:27:24.23 ID:rzq+H4jz0
なぜボランチできるのにやらないのか

20: 2017/02/13(月) 13:35:30.89 ID:Qd5OamX90
MLSの市場が開いている期間は
2月18日~5月12日
7月8日~8月6日

3月開幕の春秋制だから移籍するなら冬の市場で移籍するだろう
本人がミランで契約を全うすると言っているから今の時点でMLS移籍は本気で考えていない

24: 2017/02/13(月) 13:55:03.81 ID:h6DurAn20
しかし、イングランドとドイツだけはやめておいたほうがいい。プレミアとブンデスリーガの地獄のようなリズムは彼には合っていない

ハッキリいうなw


サッカーユニフォーム 2017モデル ACミラン ホーム 本田圭佑 HONDA 背番号10 レプリカサッカーユニフォーム 子供用 L

サッカーユニフォーム 2017モデル ACミラン ホーム 本田圭佑 HONDA 背番号10 レプリカサッカーユニフォーム 子供用 L