1: 2017/03/14(火) 13:00:20.35 ID:CAP_USER9
1861f5e4e866984c246dd419d3b6a992

■指揮官はレギュラーを掴めるクラブへの移籍を勧めたが。


「所属クラブで厳しい状況に置かれている選手たちには、先発を取れるように努力をしなさい、それが難しいならレギュラーになれるクラブに移籍しなさい、と何度も伝えている」
 
 日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、昨秋あたりから何度もそんなニュアンスの発言を繰り返している。そして、海外組全員と会ってきたというヨーロッパ視察を終えて再来日した3月2日にも、彼らの現状に大きな危機感を募らせていた。
 
 UEA戦(3月23日)とタイ戦(3月28日)の招集メンバーは3月16日に発表予定だが、その前に欧州組の現状を整理したい。
 
 2015年に発足したハリル・ジャパンは、ここ10年以上の歴代チームと同じく、招集メンバーの6割、レギュラーの7割がいわゆる欧州組だ。しかし、頼みの綱であるその中心選手たちの多くが、今シーズンはヨーロッパの所属クラブで軒並みレギュラー落ち。言うまでもなく、日常的に公式戦を戦っていなければ、コンディションと試合勘を保つのは難しい。日々のトレーニングだけでは限界がある。これがハリルホジッチ監督にとって、最大の悩みと言っていいだろう。
 
 前回の代表活動(昨年11月)の段階で、所属クラブで絶対的な地位を築いていたのは、フランクフルトでリベロの新境地を開いた長谷部誠、ヘルタ・ベルリンで左ウイングに定着した原口元気、昨夏に加入したマルセイユでさっそく信頼を掴んだ酒井宏樹、ケルンで2トップの一角を得た大迫勇也、ハンブルクで両SBに加えてボランチもこなしている酒井高徳という5人だけだった。
 
 だからこそ、指揮官は1月にヨーロッパの移籍市場が開く前の昨秋から、選手たちに移籍を勧める発言をしていたのだろう。しかし、実際に出場機会を理由に新天地を求めたのは清武弘嗣のみ。3月の再来日時にハリルホジッチ監督は、「本当のことを言えば、清武には欧州に残留してほしかった。ただ、試合に出場できるというのは大きい」とほぼ構想外の状態だったセビージャから、古巣セレッソ大阪に電撃復帰した清武の決断を支持した。

つづく

SOCCER DIGEST Web 3/14(火) 6:00配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170314-00023413-sdigestw-socc&p=4
--- Sponsored LINK ---
 
FIFA 17 - [PlayStation 4] - Imported

FIFA 17 - [PlayStation 4] - Imported

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1489464020

2: 2017/03/14(火) 13:00:47.79 ID:CAP_USER9
■岡崎と吉田が定位置を掴みつつあり、久保は新天地で躍動する。

 その冬の移籍市場が終わり、シーズン後半戦に臨んでいる欧州組の所属クラブにおける現状は以下の通り(ハリル・ジャパン招集歴のある選手のみ)。
 
主力:長谷部誠(フランクフルト)、大迫勇也(ケルン)、酒井宏樹(マルセイユ)、酒井高徳(ハンブルク)、久保裕也(ヘント)、小林祐希(ヘーレンフェーン)
 
レギュラークラス:原口元気(ヘルタ・ベルリン)、吉田麻也(サウサンプトン)、岡崎慎司(レスター)、浅野琢磨(シュツットガルト)、武藤嘉紀(マインツ)、乾貴士(エイバル)、南野拓実(ザルツブルク)、ハーフナー・マイク(ADO)
 
バックアッパー:香川真司(ドルトムント)、長友佑都(インテル)、宇佐美貴史(アウクスブルク)、柴崎岳(テネリフェ)
 
ほぼ構想外:本田圭佑(ミラン)、川島永嗣(メス)、内田篤人(シャルケ)
 
 前回招集時からの大きな変化は、まずプレミアリーグで戦う2人の序列が上がっていること。岡崎は監督交代、吉田はライバルの怪我と退団によってチャンスが増え、レギュラーに定着しつつある。
 
 また、1月にスイスのヤングボーイズからベルギーのヘントに移籍した久保は、さっそく7試合・5得点と爆発中。波に乗っている。同じく今冬に鹿島アントラーズからスペイン2部のテネリフェに新天地を求めた柴崎は逆に、心身のコンディション不良で出遅れ、3月12日の試合でようやく初めてベンチ入りした段階。この3月に一昨年10月以来の代表復帰を果たす可能性は低い。
 
 そして最大の焦点は、香川、長友、そして本田の現状だ。
 
 まず香川は今シーズン、1013分間とそれなりのプレータイムを得ているが、ドルトムントの怪我人の多さに助けられている部分が大きく、立ち位置はレギュラークラスというよりもバックアッパー寄り。チャンピオンズ・リーグやバイエルン戦などのビッグマッチではベンチスタートが多く、スタメンはここまで公式戦通算でわずか10試合にとどまっている。
 
 アシストも記録した直近のヘルタ・ベルリン戦ではフル出場したが、この試合が実に9試合ぶりのスタメンだった。継続的にフルゲームをこなしていないため、万全の状態とはお世辞にも言えず、小さくない不安が付きまとう。
■長友と本田はかなり出番が限られている。

 次にインテルの長友だが、こちらは11月にステーファノ・ピオーリ新監督が招聘されて以降も、相変わらずバックアッパーという立場から抜け出せていない。
 
 2017年に入って以降にインテルが戦った公式戦12試合で、プレータイムを得たのはわずか93分間(先発1試合、途中出場1試合)で、10試合でベンチを温めるだけに終わっている。
 
 昨年11月のミラノ・ダービー後には、「いつも僕はこの立場から這い上がってきた。今回も諦めずに戦う」と語り、1月も愛するインテルへの残留を決めたが、今シーズンは浮上のきっかけを掴めずに終盤戦を迎えている。
 
 何よりも身体のキレ、そして運動量を持ち味とするタイプのSBだけに、出場機会の少なさは他の選手よりもダメージが大きい。ハリルホジッチ監督はその点をどう見るか……。
 
 この長友よりもさらに苦しい立場なのが、ミランの本田だ。今シーズンは若手スソに開幕から右ウイングのレギュラーの座を奪われ、ここまでのプレータイムはわずか95分間。2017年の出番は1月25日のコッパ・イタリア準々決勝(ユベントス戦)のアディショナルタイムのみと、ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の構想から事実上外されている。
 
 今年6月にミランと契約満了を迎えることもあり、1月には中国、サンダーランド、ワトフォード、サウサンプトン、フェネルバフチェ、アタランタ、ラツィオ、そしてハルと様々なクラブからの関心が取沙汰されるもすべて具体化せず。2月下旬にはMLSのシアトル・サウンダーズへの移籍が急浮上したが、こちらは現時点で何も決まっていない。
 
 目下、公式戦20試合連続のベンチスタート中&セリエA11試合連続(公式戦では7試合連続)の出番なしという有様で、3月10日のユベントス戦は股関節痛でベンチメンバーからも外れた。
 
 ハリルホジッチ監督は前述した再来日時に本田に関して、次のように語っている。
 
「この2か月間、彼はほとんど試合に出場していません。ゲームを見て判断する材料がない。本田にもできれば移籍をしたほうがいいと言ってきたが、彼はミランに残留することを決めた。トレーニングは必死に取り組んでいる。メンタルも大丈夫なのだが……」

■プレッシャーの大きいゲームで彼らに頼りたい気持ちは分かるが…。

 2016年のラストマッチとなった11月15日のサウジアラビア戦でハリルホジッチ監督は、長友をいつも通り先発出場させる一方、香川と本田にベンチスタートを命じている。いずれも途中出場したとはいえ、もはや指揮官の中で絶対的な存在とは言えなくなっている。
 
 そのうえで前述した通り、3人とも所属クラブでの立場に大きな変化はないのだ。大きな決断が下されても不思議はないだろう。
 
 香川、長友、本田はここ数年、絶対的な主力として日本代表に君臨し、怪我さえない限りほぼ常にスタメンに名を連ねてきた。経験値で言えば長谷部、岡崎、川島と並びチーム屈指であり、今回の3月シリーズで言えばアウェーのUAE戦などプレッシャーの大きい試合で頼りにしたくなるのは当然だろう。

 しかし、所属クラブで継続的なプレータイムを得られていない以上、コンディションと試合勘の不安は拭えない。とくに長友と本田に関しては招集を見送るという選択肢が最もロジカルと言えるし、呼ぶにしても香川はしっかり状態を見極めるべきだろう。幸い、左SBは酒井高、右ウイングは久保と浅野と小林悠、そしてトップ下は清武とそれなりのタレントが揃っている。
 
 はたして、ハリルホジッチ監督の選択やいかに――。3月16日予定の招集メンバー発表に注目が集まる。
11: 2017/03/14(火) 13:06:58.50 ID:0deHOxjF0
>>1
香川は復調してるし、戦ってるレベル的にも年齢的にも代表の中心になって貰わないとと困る。
長友は層が薄いポジションだから、サブ前提なら有り。

本田は戦力として必要性ゼロだし、ベンチだと空気を悪くするタイプだから全く呼ぶ必要無い

6: 2017/03/14(火) 13:01:44.74 ID:vfkPCsvTO
???「欧州組は別格、試合は見た事ないけど」

7: 2017/03/14(火) 13:03:54.31 ID:L7d16I0v0
久保の勢いはかつての本田を彷彿させるな
さっさと本田からポジション奪ってくれ

10: 2017/03/14(火) 13:05:02.65 ID:rTWudVPp0
ハリルの意志で呼んでくれ

13: 2017/03/14(火) 13:11:08.81 ID:5jlAhsZd0
岡崎ハーフナーをもうレギュラーと呼ぶのは時期尚早な気がするし
柴崎のバックアッパーとか、いたぶるのはやめろよ
長友もベンチ枠が多いから座ってるだけで実質構想外だし
怪我の内田をわざわざ入れる必要もなうだろう

16: 2017/03/14(火) 13:11:30.92 ID:t1NvPUvG0
香川は今週の試合ドイツやイギリスのメディアからも絶賛されてたろ

21: 2017/03/14(火) 13:20:22.52 ID:h8o5oF+O0
試合出てない奴は招集しないって言ってたよな

有言実行で頼むよ

35: 2017/03/14(火) 13:39:08.92 ID:Q7zxLm8Y0
香川は世界的に絶賛される試合が度々あるからな
最近だと久保がニュースになったくらい
他の代表は何もないままなんだよな

37: 2017/03/14(火) 13:42:29.65 ID:l4vqic/r0
ほんと、どいつもこいつも
予選突破より誰を招集するかの方が大事なんだよなぁ

38: 2017/03/14(火) 13:48:02.65 ID:ymT4WeCg0
>レギュラークラス:原口元気(ヘルタ・ベルリン)、吉田麻也(サウサンプトン)、岡崎慎司(レスター)、
>浅野琢磨(シュツットガルト)、武藤嘉紀(マインツ)、乾貴士(エイバル)、南野拓実(ザルツブルク)、ハーフナー・マイク(ADO)
原口と武藤が同じ扱いなのは変だな

39: 2017/03/14(火) 13:50:35.25 ID:xPn/8itY0
国内組ガンバや 予選突破してくれや


日本代表激闘録 2014FIFAワールドカップブラジルアジア地区最終予選 [DVD]

日本代表激闘録 2014FIFAワールドカップブラジルアジア地区最終予選 [DVD]