1: 2017/04/09(日) 17:26:11.54 ID:CAP_USER9
「次代のスター」と呼ばれる選手は数多くいるが、フル代表に入って最初からうまくいくケースは少ない。女子サッカー界のレジェンド・澤穂希も、中学で代表入りした頃は「もらったボールをそのまま後ろに返すだけで、先輩から『前を向け』と叱られた」というし、宮間あやも試合終了間際のFKに時間をかけ過ぎて、そのまま笛を吹かれた経験がある。そうした失敗を糧にして彼女たちは成長し、のちの活躍につなげたわけだが、一方で、与えられたチャンスをいきなりつかむ選手も、皆無というわけではない。

 今から遡ること11年前の2006年5月7日、なでしこジャパンは今回と同じ、熊本でアメリカ女子代表を迎え撃った。当時、KKWINGと呼ばれていたスタジアム周辺は朝から濃霧が立ち込め、至近距離にある熊本空港は午前の数便が着陸できず、福岡空港にダイバート(目的地変更)するほど。試合開始時点でも、空は分厚い雲が立ち込めていたが、岩清水梓がどんよりした空気を吹き飛ばした。

 他の選手がコンディションを崩したため、急きょ決まった代表初先発だったが、この新鋭DFは、そんなハンディキャップを感じさせない動きで、アビー・ワンバックをはじめとするアメリカの攻撃陣と渡り合ったのである。最終スコア1対3で日本は敗れたのだが、明らかな誤審によるPKさえなければ、どうなったかわからない。セットプレーから先制ゴールを奪うなど、好守両面でワールドクラスの証明をした岩清水は、以後10年間、なでしこジャパンで活躍し続けた。

 当時の出場選手で、11年後の今回もなでしこジャパンに名を連ねているのは、宇津木瑠美(シアトル・レインFC)ただひとりだ。正確な左足を買われて、若い頃から代表に招集された彼女は、岩清水とは異なり、ポジション獲得に時間がかかった。日テレ・ベレーザからフランスへ移籍し、当地でプレーを続けながら、外国人選手に伍して戦える戦闘力を身につけた。2011年の女子ワールドカップ・ドイツ大会では、準々決勝のドイツ戦で逃げ切り要員として出たくらいだが、翌年のロンドン五輪はケガでメンバーを外れたが、これを前にしたトレーニングマッチで存在感が急上昇。2年前の女子W杯カナダ大会では主力として活躍した。順当なら、昨年のリオオリンピックで「澤穂希の後継者」を襲名していたはずだ。

 ところが、3月のアジア予選を前に所属チームでまたもやケガに見舞われる。本人のコメントでは、プレーできる状態にはあったようだが、佐々木則夫監督(当時)が半年後の本番を見据えた結果か、メンバーリストには宇津木の名前がなかった。宇津木のいないなでしこジャパンは、予選3位でリオ五輪本大会への出場権を失った。フィジカルの強いオーストラリアの選手に蹂躙され、結果が出ずに下を向く日本選手の姿を見ながら、プレーとメンタルの両面で日本人離れしている宇津木の不在を、どれだけ嘆いたことか。

宇津木と澤には共通する部分もある。日テレ・ベレーザ出身で、海外でのプレー経験も豊富。さらに身体の大きな相手との競り合いにも譲らず、ピッチ全体を俯瞰できる戦術眼まで、澤と同じだ。得点力という部分では澤に譲るが、宇津木には広い視野を活かせる、長いレンジのキックがある。筋力でヒケをとり、ショートパスに偏りがちだった日本に不足していた大きな展開力を、宇津木は加えられるのだ。

「なでしこジャパンのサッカーは細かい約束事が多く、よくサッカーを知っている人でないとわかってもらえない部分もある。初めてサッカーを見た人でも『わあ、すごいなぁ』と思ってもらえるような大きなプレーも必要だと思います」(宇津木)

 年明けの合宿時から「今は笑っていられるけれど、勝てない時が来た時にどうすればいいかが問題」と、若手がぶつかる壁を予見していた。昨年来のケガと付き合いながら参加したアルガルベカップでも、安定感があった。今回も、所属するアメリカの女子リーグ開幕前という不安要素はあるが、ひとたびピッチに立てば、助っ人らしい活躍を見せてくれるはずだ。

 さて、先月初旬のアルガルベ杯では、横山久美(AC長野パルセイロ・レディース)がエースの座を確たるものとし、初召集された長谷川唯(日テレ・ベレーザ)のブレイクもあったが、チームとしては2勝2敗。内容も手放しで褒められるものではなかった。それもあって「アルガルベ杯から5試合目という感じ」(高倉麻子監督)のコスタリカ戦は、約三分の一の選手が出し入れされた。今夜のゲームの2日後にも、一般非公開でコスタリカとの再戦が組まれており、高倉監督の中では2試合がセットで考えられているはず。初戦のメンバーがどういった構成になるのかは、フタを開けてみるまでわからないが、観戦に来たファンを失望させるほどテストを優先させるとは考えづらい。
--- Sponsored LINK ---
 
(プーマ)PUMA サッカー ボルシア・ドルトムント レインジャケット 749855 [メンズ] 02 ブラック/サイバーイエロー S

(プーマ)PUMA サッカー ボルシア・ドルトムント レインジャケット 749855 [メンズ] 02 ブラック/サイバーイエロー S

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1491726371

2: 2017/04/09(日) 17:26:37.92 ID:CAP_USER9
 まずはニューフェイス組の顔ぶれを見ていこう。U-20女子W杯・パプアニューギニア大会に参加した隅田凛(日テレ)と、市瀬菜々(マイナビベガルタ仙台レディース)が、フル代表では初選出となった。このふたりは、なでしこリーグ1部の上位クラブでレギュラーとしてプレーしており、格負けはない。

 隅田は、U-20の本大会でボランチとしてレギュラーを張った。一足先にスポットライトを浴びた長谷川同様のハードワークを、所属する日テレ・森栄次監督も高く評価。中里優と片方がボランチ、もう片方がサイドハーフと、対の関係で使っている。高倉監督の構想では阪口夢穂(日テレ)との連携を計算したボランチ枠らしいが、中里との同時起用なら、交代枠を使うことなく、戦況に応じて布陣を変えられる。

U-20では「いじられキャラ」として、オフの時間帯に明るいムードを生みだした市瀬。現在、センターバックでプレーしているが、常盤木学園時代はボランチを務め、冷静に試合をコントロールしていた。高倉監督のチームでキャプテンを務める熊谷紗希(リヨン)は同校の先輩であり、ボランチ→センターバックという経歴も同じ。このふたりが並んでプレーする姿も、見てみたい。

 隅田、市瀬と一緒にU-20に参加し、シンデレラガールになったのが上野真実(愛媛FC)だ。前年度のアジア予選でエースを務めた小林里歌子(日テレ)の故障離脱に伴い、大会直前にメンバー入りすると5ゴールを量産。最終的には、今回、一緒に選ばれている籾木結花(日テレ)らとの大会得点王争いを制して、ゴールデンブーツを手にした。高校時代は鹿児島の神村学園でプレー。フォワードだけでなく、トップ下やサイドハーフなどでも起用された。吉永輝彦監督(当時)が課題に挙げていた精神面も年々、成長していった。卒業後、愛媛FCでアスリートとしての身体が作られ、持て余していた長身を武器に変えると、点取り屋としての才能が開花した。生まれは熊本。故郷に錦を飾りたい。

 愛媛FCで上野の2年先輩にあたる大矢歩も招集された。得点力が高いアタッカーだが、高倉監督は「外国人選手のように『個』で突破していける」部分を評価しているという。初選出、しかもなでしこリーグ2部からということで、ベテラン勢も彼女たちをどう活かせばいいのか戸惑う部分も少なくないはずだが、近いポジションでのセット選出は、こうした不利を幾分かでも埋めてくれる。

 初召集組以外で注目を集めるのは、フル代表に返り咲いた猶本光(浦和レッズレディース)だろうが、まずは確実に代表へ定着するため、一歩ずつ足下を固めていく段階と思える。このコスタリカ戦で、最大の注目ポイントはディフェンス陣の再編成がなるか、だ。前述したアルガルベ杯では、大会直前に有吉佐織が大ケガに見舞われた影響もあったか、守備の不安定さが目についた。高倉監督は、多彩な得点パターン構築とともに「(アルガルベ杯では)約束事を決めて臨んだが、足りない部分があると感じた。スライド、アプローチを含めてうまくいかなかった。ディフェンスの強度を上げていきたい」と語っている。

ただでさえ多くないサイドバックの候補が、有吉以後も、呪われたようにアクシデントに見舞われている。アルガルベ杯に参加した北川ひかるや、当初、今回のメンバーに入っていた鮫島彩(INAC神戸レオネッサ)、チャレンジリーグのバニーズ京都SCから抜擢された石井咲希もアウト。石井に代わって呼ばれた京川舞(I神戸)まで、合宿中のケガで招集3日後には姿を消した。こうした状況下では、サイドバックに高木ひかり(ノジマステラ神奈川相模原)と佐々木繭(マイナビ)が入り、熊谷と中村楓(アルビレックス新潟レディース)という最終ラインが考えられる。このユニットは、アルガルベ杯での約束事が共有され、ノルウェー戦で完封という結果も残している。

 佐々木と高木のふたりは、高倉監督が初年度から毎回のように声をかけてきた選手だ。佐々木は、武蔵丘短期大学シエンシアから、マイナビに加入して4年目。高倉監督がキーワードに挙げる「走力」という部分に長け、攻撃参加のタイミングも勘所がいい。スペイン戦では運動量を買われたか、ボランチ起用もされていたが、このチームではサイドのほうがより適性を活かせそうだ。もちろん、一列前でのプレーも可能。
 高木は2012年のヤングなでしこで、横山や猶本と一緒にプレー。超攻撃的なチームをディフェンス面でも支えた。その後、早稲田大学に進路をとったが、身を律して代表への意欲も衰えることなく、4年時のインカレMVPを手土産にノジマへ入団した。本質的にはセンターバックが合うように思えるが、サイドバックもこなせる。中央、サイド両方をこなせるのは、新潟の中村も同じ。こちらもスピードがあり、カバーリングもうまい。

 コスタリカ戦でゴールを守るのが誰かという点も興味を引く。代表実績では、山根恵里奈(ジェフユナイテッド市原・千葉レディース)がリードし、セカンドに山下杏也加(日テレ)という順番だが、このノルウェー戦で出場していたのは3番手の池田咲紀子(浦和)だった。ビルドアップを含めた、総合力に優れたGKである。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170409-00000019-sasahi-socc&p=4

7: 2017/04/09(日) 17:33:30.20 ID:O+N9j3sr0
実質鮫島ちゃん

8: 2017/04/09(日) 17:34:06.08 ID:oJRTn5Kj0
ドリブルが上手い

13: 2017/04/09(日) 17:38:05.95 ID:sHpj7pcB0
重戦車ポムFW計画最終兵器なでしこジャパン投入待ったなし

15: 2017/04/09(日) 17:40:32.02 ID:1TvFm0B/0
要約すると
市瀬は明日菜っぽいキャラってことか

16: 2017/04/09(日) 17:45:59.91 ID:X6xy5O0G0

25: 2017/04/09(日) 18:01:13.73 ID:hUaB6wkE0
あの可愛かった右サイドバックは全然出てこないな
成長しなかったか


(プーマ)PUMA サッカー ボルシア・ドルトムント レインジャケット 749855 [メンズ] 02 ブラック/サイバーイエロー S

(プーマ)PUMA サッカー ボルシア・ドルトムント レインジャケット 749855 [メンズ] 02 ブラック/サイバーイエロー S