1: 2017/04/16(日) 12:07:09.22 ID:CAP_USER9
1861f5e4e866984c246dd419d3b6a992

2006年夏、ドイツワールドカップでジーコに率いられた日本代表が惨敗を喫した後だった。筆者は「中田英寿の後継者」というスポーツ雑誌の特集企画で、真っ先に彼に会うことを選んだ。当時、彼は所属する名古屋グランパスでも準レギュラーで、高い評価を受けていなかったが、周囲を圧倒するセンスと熱量を持っていた。

―自分が変わる瞬間が来るとすれば?

そう水を向けると、彼はほとんど間を置かずに答えた。

「でかい大会でしょうね。人間には節目があると思うし、それで流れを引き寄せれば俺はもう止まらないんじゃないかな、と思う。突き進んでいく、というか。もちろん、人間ずっと突き進めるもんじゃないし、そんなの虫が良すぎるけど、だからこそ節目はあるんだと思う。まあ、世界のすごい選手は俺みたいにユースで落とされるということはないと思うけど」

振り返って、まったく変わらない、と思う一方、まだ自虐的でかわいげのあるところもあって、そういう部分はそぎ落とされていったのだろう。

彼はその言葉通りに生きてきた。

北京五輪には出たが、鼻をへし折られている。2部に落ちたオランダのクラブでMVPとなって飛躍する機会をつかむ。挫折と成功の繰り返しだった。その境目では、常に疑問視され、批判を受けた。2010年W杯では日本代表をベスト16に導く立役者となり、エースとしての地位を手にしている。

そして、彼のキャリアには再びブレーキがかかった。それだけのことだろう。

まだ、本田圭佑は終わっていない。

現状、本田はハリルJAPANに必要である

つづく

小宮良之  | スポーツライター4/16(日) 11:00
https://news.yahoo.co.jp/byline/komiyayoshiyuki/20170416-00069950/ 
--- Sponsored LINK ---

 
日本代表激闘録 2014FIFAワールドカップブラジルアジア地区最終予選 [DVD]

日本代表激闘録 2014FIFAワールドカップブラジルアジア地区最終予選 [DVD]

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1492312029

3: 2017/04/16(日) 12:07:57.03 ID:CAP_USER9
「本田叩き」

国内では、そんな風潮が渦巻いている。いつからそんな風が吹き始めたのか。今シーズン、本田が所属するACミランで出場機会を失ったことが大きいだろう。今年に入ってからの出場は1試合、それも5分に満たない。

「なぜ、試合に出てもいない本田を選ぶ? 出てる選手は他にいるのに。不公平だ!」

そんな声が一気に熱を帯びるようになった。世論は当初、代表監督のヴァイッド・ハリルホジッチへ怒っていたわけだが、その矛先はやがて「試合にも出ていないのに選ばれる本田」に向いた。

「実業家気取りも気にくわない」と批判には色が付いた。

本田はオーストリアのクラブを買収し、国内でもメディアを作り、アカデミーも運営するなど、様々なビジネスに手を出している。そうした行動も、格好の批判の的になった。「本業もできていないのに」。嫉妬心も混ざった反発を買ったのだ。

プレーも精彩を欠いている部分はある。かつて見せたようなボールキープ力は影を潜めている。決定機で空振りするなど、神懸かっていた得点力も失った。直接フリーキックも入る気配はない。

しかしながら、代表でのプレーレベルは批判されるほど落ちたのか?

「本田はゴールへの意欲を感じさせ、戦術的にも欠かせない選手だろう」

スペインの名門レアル・ソシエダで強化部長などを歴任したミケル・エチャリは言うが、プロフェッショナルの中立的意見は貴重である。

「昨年10月のオーストラリア戦、本田は1トップとして戦術的に完璧に働いていた。サウジアラビア戦は交代で出場し、長友佑都との連係で決勝点をアシスト。パス交換のタメはトップレベルだった。UAE、タイ戦と交代出場だが、即座に適応を見せている。UAE戦はカウンターとポゼッションをもたらしていた。タイ戦も、終盤に山口のヘディングパスをダイレクトで裏に入れ、リターンからゴールを狙うポジションをとるなど、ここだけ切り取ってもセンスは出色だ」

本田のプレーを、エチャリ以外にもスペイン人の目利き数人に見てもらった。低い評価を下した人は1人もいない。前代表監督のハビエル・アギーレも「代表から外す理由がない」と証言している。

直近のタイ戦、本田は左サイドで深みを作り、ポゼッションをもたらしていた。交代出場後、ボールが落ち着いたのは明らかだろう。タイの集中力が落ちたのもあったが、とどめになっていた。日本では数少ない左利きである本田は、左足で際どいシュートを放ち、左足クロスから惜しいシュートも演出。結局、それがゴールネットを揺らしていないのは、「試合勘が足りない」と結びつけられるのだろうが――。

しかし久保裕也も、原口元気も、タイ戦で90分間を戦う力はなかった。後半の半ば、明らかに動きは落ちていた。"スペア"が必要なのは間違いない。

その点、実績を残してきた本田は最高の手持ちカードになっている。

ハリルJAPANのサイドFWは、「ストライカー色が強く、走力に長ける」という二点が起用条件になっている。求められるのは崩し役ではない。ボールを呼び込み、ゴールに迫れるか。同時に、守備の最前線として機能する必要がある。強度の強い守備で後方も支援しながら、さらにカウンターも牽引する。凄まじい消耗を余儀なくされる。90分は持たないだろう。

「本田は私のチームの最多得点者である」

ハリルホジッチは言うが、その有用性を確信している。代表監督にとって、「選んだときのプレー」が選考基準。本田は麾下選手としてその条件を満たしてきたのだろう。


本田のエゴイズム

一方、本田は渦巻く批判に左右されることはない。ずっと前から、本田は本田でしかなかった。彼は自分のことしか信じない。ACミランへの移籍を決断する際、「リトル本田に問いかけた」という表現をし、面白おかしく扱われたが、自身は真剣だった。なぜなら、そうやってサッカー選手としての自分を正当化して生きてきたからだ。

ガンバ大阪ジュニアユース時代、本田は「ボールを持ったら勝負。ギャラリーを楽しませたる」と目論む少年だった。「俺、やれてるわ」と腹の底から湧き上がる自信があったという。ところが、ユースにも昇格できなかった。

「おまえら、どんな恥ずかしい思いをさせてくれるんや」

それは怒りの感情に近かった。その日から、彼は自らを強靱に鍛えてきた。他人の評価を許さないほどに。

強烈なエゴイズムが生まれた。

―サッカー人生において、我を貫いた中田英寿についてどう思う?

そう訊ねたとき、彼は笑みを浮かべて答えている。

「エゴイストで、日本では珍しい選手だった。プロは自分がどれだけやるかで評価される。だからエゴは出すべきで、もちろん失敗したら自分に返ってきますけど、そんなこと恐れていたら始まらない。中田という選手はそうやってきたからこそ、あそこまで辿り着けたんじゃないかと。これから先、ああいった選手を見習って、追いつき追いこせでいかなければならないと思う。彼のような選手が何人も出てきて始めて、世界と渡り合えるから」

本田は何も変わっていない。自らの信念で己の肉体を旋回させる。果てるまで、本田なのだろう。

4月15日、ミラノダービーもベンチ入りしたものの、欠場している。

今、彼は一つの節目にいる

6: 2017/04/16(日) 12:08:17.83 ID:xErkQHYo0
政治家として期待してる

8: 2017/04/16(日) 12:09:49.02 ID:9F46Fb0+0
始まってない

22: 2017/04/16(日) 12:13:54.24 ID:OXj9Pypy0
欠場してねえぞ!
サパタが同点ゴール決めた時抱き合って喜んでたろ!
あれが仕事なんだよ

 1861f5e4e866984c246dd419d3b6a992

36: 2017/04/16(日) 12:22:09.20 ID:dhmc114a0
日本サッカー史上五本の指に入る偉大な選手だったことは疑いようもない事実である。

101: 2017/04/16(日) 13:38:38.90 ID:Xdls+G+E0
始まってないものは終わりようがないが・・・。

105: 2017/04/16(日) 13:44:51.16 ID:fhGmWTa10
中田英寿は失敗例だよな
ペルージャとボローニャで合計2年間しか活躍してない
まあパルマ時代もそれなりだったが

113: 2017/04/16(日) 13:53:28.18 ID:odRTrqIB0
本田も茸みたいに引導を渡される側になったってことだろ

126: 2017/04/16(日) 14:21:01.09 ID:DOQovrCO0
まあ昔みたいに本田が「必須」のシステムじゃなかくなったからな
右に動かしたアギーレに感謝しよう
ハリルも発言で伏線張ってるし

127: 2017/04/16(日) 14:21:30.06 ID:puCDkc36O
バセドーやっちゃったのがなー
本当は激しい運動なんてご法度ってか、本来できないはずなのよ
友達の弟がなったけど、いつも動悸がしてて手先とか震えちゃって精神的にも不安定になるし
それでも代表で試合に出れば得点に絡んでまだまだ存在感あるんだからスゲーとしか


(プーマ)PUMA サッカー ボルシア・ドルトムント レインジャケット 749855 [メンズ] 02 ブラック/サイバーイエロー S

(プーマ)PUMA サッカー ボルシア・ドルトムント レインジャケット 749855 [メンズ] 02 ブラック/サイバーイエロー S