1: 2017/08/30(水) 00:22:26.99 ID:CAP_USER9
日本代表FW本田圭佑(31=パチューカ)が28日、高地トレーニングを完了させ“下山”した。標高約2400メートルの高地パチューカから28日早朝に帰国し、運命のオーストラリア戦(31日、埼玉)に向けたさいたま市内での代表合宿に合流。走りのスペシャリスト、日本陸連の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(61)も本田の高地トレ効果に言及。27人の大量招集でベンチ外=スタンド観戦の危機だが、走れる本田として2大会連続でW杯切符を日本にもたらす。

 本田は軽いメニューの控え組で1人だけスパイクを履いて走り込んだ。高地トレーニングを完了させ合流。28日早朝、標高約40メートルの成田空港に降り立った。決戦の地は標高約7メートルの埼玉スタジアム。「相手どうこうではない。大事なのはシンプルに強気。チームのテーマがそれ。あんまり余計なことは言わない」。この場所で再びW杯切符をつかむ。

 7月に電撃移籍したメキシコの都市パチューカは標高約2400メートルの高地。富士山6合目と同じ高さにあり空気が薄い。本田は「このアルティチュード(標高)に慣れないと」と繰り返す。移籍後初の帰国。その差を「今日の感じだけでは分からない」と言ったが、日々の練習は、そのまま長距離ランナーのパフォーマンスを高める高地トレにもなっている。日本陸連の瀬古リーダーは、この環境に目を丸くし「標高2400メートル!? そりゃ、帰って来たらすごく走れるんじゃない」と太鼓判。陸上とサッカーは違うが、走るという根本は同じ。苦しい時間帯、勝負を分ける1歩、あと1ミリ足が伸びるかどうかが、W杯切符の行方を決める。

 今回は登録23人より4人も多い27人と異例の大量招集。本田は香川と並び、招集時の位置付けはベンチ外=スタンド観戦危機だが「11人の招集でも入るつもり。当然ながら(ピッチに)立つつもりで準備したい」と言い切った。

 一般に、高地トレーニング後1週間をメドに好記録が出やすいとされる。本田は25日に米国との国境近く標高約20メートルの都市ティファナでプレー。実質的な“下山”は前日24日。運命の一戦は、ちょうど1週間後に当たる。もともと走り回って運動量で貢献する「水を運ぶ人」ではないが、走れる本田なら、より一層ハリルジャパンの力になれる。4年前と同じようにW杯切符を運ぶ人になる。【八反誠】

サッカー_02

8/29(火) 7:54配信 日刊スポーツ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170829-01879345-nksports-socc 
--- Sponsored LINK ---
 

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504020146

3: 2017/08/30(水) 00:23:20.28 ID:mb7T7kt90
カラダが浮いちゃうかも

4: 2017/08/30(水) 00:24:22.99 ID:pqRAIuO70
どうでしょう~?

5: 2017/08/30(水) 00:26:11.92 ID:5l7Q15wX0
逆に重い空気の摩擦で疲労するんじゃ

8: 2017/08/30(水) 00:28:53.39 ID:AbBpYgiX0
そもそも2400mで全く走ってないから無理

スポンサードリンク





11: 2017/08/30(水) 00:29:30.11 ID:1cd6+6Dt0
いやまだ無理だろ
一年ぐらい高知にいないと

13: 2017/08/30(水) 00:31:06.01 ID:VYLn9WE+0
なんでメヒコ代表はスタミナお化けみたいなこと言われないの?

18: 2017/08/30(水) 00:44:19.48 ID:4Kq5qkT90
>>13
メキシコにいないから

16: 2017/08/30(水) 00:35:15.00 ID:zN0erbWi0
でも日本空気ジメジメしてるし

19: 2017/08/30(水) 00:45:24.43 ID:SnF4agi+0
マラソンランナーも大会前に高地で調整するもんな

22: 2017/08/30(水) 00:47:16.29 ID:uremnfY90
走れても遅いんだよな