no title

オーストラリアに勝っておいてよかった――サウジアラビア戦を見た後の率直な感想だ。勝利が不可欠な試合でなくて助かった。

 6勝2分2敗(勝ち点20)で、日本はこのグループを首位で通過したが、2位サウジアラビア(19)、3位オーストラリア(19)との勝ち点差はわずか1。大接戦をきわどく制した格好だ。4位に終わったUAE(13)も実力的には3チームと紙一重。5位のイラクにも、日本はホーム戦、アウェー戦ともに接戦を強いられた。

 今回は、2006年ドイツW杯以降に行なわれた過去3回の予選より、苦戦したと言える。首位通過とはいえ、喜びより心配の方が勝る終わり方だった。

 強いチームには見えない。W杯本番で番狂わせを起こし、ダークホースとして快進撃を続ける姿を、ハリルジャパンにイメージすることはできないのだ。

 なによりサッカーそのものがよくない。バタついていて落ち着きがない。従来のサッカーとの違いは、これまでにも述べてきたので、詳しい言及は避けるが、ハリルが唱える「縦に速いサッカー」に、可能性を抱くことができないのだ。

 メンバー構成の悪さも輪を掛ける。中心選手不在。ハリルホジッチのサッカーは、それ以前とかなり違うので、そのサッカーを理解し、リードする人物が不可欠になる。その特異なサッカーを実践しようとすれば、ピッチで監督に代わって音頭を取る監督的な選手が必要になる。リズム、テンポ、行くべきか、自重すべきか、を決定する選手だ。

 ポジション的には、この日、長谷部誠に代わり4-3-3のアンカーの位置に入った山口蛍がその役になる。だが、彼には長谷部のようなキャプテンシーが欠けている。技術もそれなりに高く、ボールを奪う力もあるが、中心選手に不可欠なメッセージ性の高いプレーができない。存在感、スケール感に乏しいのだ。

 もっとも、長谷部が出場していれば解決した問題でもない。何を隠そう、8月31日のオーストラリア戦で、プレーそのものが最も不安定だった選手が長谷部だった。ノーミスで通すことが求められるポジションで、ミスを繰り返した。

 問題ありだった選手が、チームを離れたそのわずか5日後、今度は、復帰が待たれる選手に一変した。笑えない話とはこのことだ。

 長谷部、山口が、それぞれオーストラリア戦、サウジアラビア戦で任されたアンカーは、いわばチームの心臓部だ。そこが頼りなければ、ゲーム運びに味が出ない。落ち着きも生まれない。好チームの定義から外れることになる。

 ハリルホジッチは自らが提唱したサッカーが、就任して2年数か月の間にチームに浸透したと思っているのだろうか。このサッカーでいけると確信を得ているのだろうか。筆者はノーだと思う。

つづく

9/6(水) 17:17配信 スポルティーバ
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170906-00010005-sportiva-socc&p=1
--- Sponsored LINK ---
 



引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1504940289

2: 2017/09/09(土) 15:58:20.20 ID:CAP_USER9
「今日はサウジアラビアを讃えたい」と、ハリルホジッチは試合後、祝福の言葉を送ったそうだが、客観的に見て、サウジアラビアはさして強い相手ではなかった。負けてはいけない相手に負けた。攻撃は展開力に乏しく貧弱。短いパスを同じリズムで繋ぐのみ。サイドも有効に使えず、攻撃は真ん中に偏った。後半18分、日本の失点シーンはまさにその結果だった。

 特段鋭くないサウジアラビアの真ん中を突く攻撃に、日本はズルズルと後退。最後は完璧に崩され、交代で入ったフハド・アルムワラドに、強いシュートを突き刺された。あってはならない話だ。日本が今まで以上に弱く見える、レベルダウンを象徴するような情けない失点だった。

 この試合の注目はスタメンだった。本番まで残り9カ月とはいえ、例えば4年前は、W杯イヤーに入ってから、現地に出発するまで、わずか2試合しか戦っていない。「国際Aマッチデーが、それしかなかった」とは、当時、専務理事だった原博実氏の弁だが、それに従えばハリルジャパンの残る試合数も、せいぜい7、8試合しかないことになる。今回のサウジアラビアとの真剣勝負(しかもアウェー戦)は、そうした意味でとても貴重だったのだ。まさにムダにできない試合に、ハリルホジッチは本田圭佑を先発で起用した。

「45分限定で使った。トップコンディションでないことは分かっていた」と、述べたらしいが、では、なぜ使ったのか。本田を特別扱いしていることを証明する台詞である。トップコンディションの本田を見たのはいつ以来か。こちらの記憶が曖昧なほど昔だというのに、ハリルホジッチは本田は復活するものと信じている。

 残り試合を考えると、この45分が実にもったいなく見える。他の選手に出場機会を与えた方が得策。これが常識的な判断だ。見切りをつけるべき時は迫っている。

 本田の方は代わりがいる。本田が去っても、商業的にはいざ知らず、サッカー的には痛手はない。だが、長谷部の場合は現状、山口蛍しか代わりがいない。

 サッカーの中身にも直結する問題だ。本田より深刻なのは長谷部のポジション。長谷部では危ない。山口蛍では心許ない。バルサで言うところの「4番」のポジションを誰に任せるのか。ハリルホジッチの縦に速い抑揚のないサッカーそのものの問題を別にすれば、最大の改善ポイントはここだと思う。

杉山茂樹●文 text by Sugiyama Shigeki

4: 2017/09/09(土) 16:00:29.38 ID:hnERMovC0
結局オーストラリアがまだ新しいスタイルに慣れてなかったってだけ?

5: 2017/09/09(土) 16:01:26.86 ID:r9rP8LtA0
安定の杉山
スポンサードリンク




9: 2017/09/09(土) 16:02:18.12 ID:WMSwYim60
加藤恒平とはなんだったのか

13: 2017/09/09(土) 16:03:35.99 ID:0PGixk860
そういえば、
清武って何やっとんの?

72: 2017/09/09(土) 16:40:02.60 ID:XNmtqbKE0
>>13
怪我中

15: 2017/09/09(土) 16:04:07.63 ID:Y2sTIkRf0
今野どこいった

28: 2017/09/09(土) 16:10:23.19 ID:An1kui+GO
>>15
ハリルがコンディションが良くないって言ってた

19: 2017/09/09(土) 16:05:50.83 ID:CWtsVOpFO
前は本田ボランチできたのに

20: 2017/09/09(土) 16:06:30.64 ID:sDNAJ6hR0
でもアンカーが糞なのはわかってることだろ

22: 2017/09/09(土) 16:07:43.07 ID:opCUsaRW0
井手口がいるからモーマンタイ

37: 2017/09/09(土) 16:15:57.01 ID:+H5MLR/g0
長谷部と今野と阿部以外通用せんわ

青山ってなんで呼ばれなくなった?

43: 2017/09/09(土) 16:19:03.18 ID:43agTcMZ0
ハリル駄目だ
健太空くからお願いしろよ

50: 2017/09/09(土) 16:25:00.94 ID:y2nInmDT0
ボランチ関係ないわ。あんな酷暑でピッチの芝を深くされたコンディションでの負けは関係ないわ。その状況に対応できない事は大問題なんだが、適応力が低いのは日本代表の真骨頂だし本番であんなコンディションになるわけないし。
まあ、そのうち適応力も上がってくるだろう。10年後くらいには。ただボランチ関係ないわ。パンキさえいなければ消耗する人数も減るしな。

51: 2017/09/09(土) 16:25:08.36 ID:74R0JGibO
ごり押し排除して

乾か原口 大迫か武藤 久保か浅野
原口か清武、柴崎 井手口
長谷部か山口、今野
長友 昌子 吉田 ゴリ
川島
控えにダブル小林、南野、岡崎
で大丈夫

52: 2017/09/09(土) 16:25:30.30 ID:DZLWpHzx0
今野か森重でいいだろ

57: 2017/09/09(土) 16:31:10.56 ID:uYY9N7wF0
>>52
うむ今野がおる

60: 2017/09/09(土) 16:32:10.76 ID:3ADSVQym0
ハナホジッチは普通にただのアホなだけ

64: 2017/09/09(土) 16:33:57.25 ID:a2lkWxzK0
今野でいいよ。コンディション整える時間あげればまだまだやれるだろ

69: 2017/09/09(土) 16:38:49.40 ID:9DGDmEj60
れおしるばさん帰化してくれ

74: 2017/09/09(土) 16:41:45.73 ID:b4qIzffI0
長谷部34歳のバックアップが、今野34歳とかw
世界一の高齢化社会日本代表っぽい選考だなw