サッカー_02

余春秋三十有二始見二毛(32歳で初めて自分の白髪を見つけた)――晋の詩人はこう詠んだ。来年のW杯ロシア大会で32歳になるこの男は何を見る。

 8月31日、勝てば本戦出場が決まる大一番の豪州戦。チームが2-0で勝利する間、本田圭佑はひたすらベンチを温め続けた。

「そもそも23人のメンバーに本田が入った時点で、不自然でした」

 とスポーツ紙サッカー担当記者が語る。

「通常は各ポジション2人選ばれますが、本田のポジションである右FWは3人で、明らかに本田が3人目。“本田を落とすとチームが動揺する”という配慮が働いたと思われます」

 右FWは浅野拓磨(22)が先発し、先制ゴールを決めた。後半途中でベンチに退いたが、代わりにピッチに立ったのは本田ではなく久保裕也(23)だった。

「本田は、この2人にかなわないことを自覚していて、かねてから“FWでなくMFで使ってほしい”と監督に何度か直談判しています」

 と先の記者が明かす。なるほど、古巣ミランや移籍したメキシコ・パチューカで彼はMFを務めている。

「でも、本田をMFで使う気はハリル監督にはさらさらない。というのも、彼の守備力を全く評価していないのです。“そんなにMFをやりたいなら、まず所属チームで結果を出してみろ”と思っているでしょう。

一方で彼はハリルジャパンで9ゴールと岡崎慎司と並んで最も得点を挙げている、つまり監督にとって“点を獲る選手”、だからFWとなる。まあ、今となってはそれも昔の話なのですが……」

 9月5日、消化試合となったサウジアラビア戦。本田は右FWで先発出場したが、いいところなく、チームも0-1で敗れた。

「起用には“本田に引導を渡す”という含みがありました。本田もそれを承知していて、試合後、記者に対して代表落ちを覚悟したかのような発言をしています」

 1998年W杯フランス大会ではカズが代表落ちし、10年南ア大会では中村俊輔の出番はほとんどなかった。本番を前に“チームの顔”が入れ替わる……ロシアでもそんな歴史が繰り返されるのだろうか。

「週刊新潮」2017年9月21日菊咲月増大号 掲載

9/20(水) 5:59配信 新潮
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170920-00530369-shincho-socc 
--- Sponsored LINK ---
 




引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1505858942

2: 2017/09/20(水) 07:10:42.89 ID:o7SXnBwd0
むしろよくもったな

4: 2017/09/20(水) 07:11:47.02 ID:rTmEJ0/t0
本田を落とすとチームが動揺する

ここでいうチームとは電通とスポンサーにいるチーム本田の事

5: 2017/09/20(水) 07:14:14.70 ID:NpCATSX90
本田はFWだとかMFだとか、一選手で収まる人間じゃないということだな
スポンサードリンク





11: 2017/09/20(水) 07:17:15.85 ID:u2tMMQqa0
結局本田は選手として中村を超えられたの?

16: 2017/09/20(水) 07:21:59.52 ID:vXxFWwOB0
>>11
ワールドカップだけに限定すれば

25: 2017/09/20(水) 07:26:04.69 ID:Y85J1sNh0
他の選手と明らかにレベルが違ったよね

34: 2017/09/20(水) 07:36:28.25 ID:ip9pdNG00
乾原口  大迫岡崎  久保浅野
ここに武藤とかも割って入る出来だろうし、
代表に呼ばれてない選手でも森岡や中島が連日MOM級の活躍繰り返してるからな。
まったく誰一人安泰ではない。

むしろ交代が少ないMF3枚の方が競争が激烈だと思うけど、
香川柴崎清武長谷部山口井手口小林に割って入れるというのは難しいと思うわ。
アンカーの人材不足は深刻だけど。